FC2ブログ

独り言: わいせつーってなんだーっけなんだーっけ

 このタイトルも元ネタを直接知らない人が増えてるんでしょうね(笑)。

 いやー、書きかけて途中でめんどくさくなって三日もほったらかしてしまいましたよこのエントリ。

 何かというと、先日も触れた春画の件でこんな記事を見たのですが、何だか違和感があったのでちょっとコメント、あるいは与太話です。わいせつがどうとかこうとかということについて、そもそもというところに立ち返って。

 捜査幹部は「春画を描き写しただけのイラストでも、文化的価値がないと判断すれば、わいせつ物と判断する可能性もある。著名な画家の作品かなど総合的に考慮する」と話している。

 雑誌に春画を載せた「週刊誌4誌に口頭指導した」件です。まあ、警視庁としては「指導の有無を分けたのは「同じ誌上でヌード写真などを扱っているかどうか」だった」などと意味不明の供述をしているようですが。
 いやどう考えてもそれ、わいせつだから取り締まりたいけど世間の空気が芸術ってことになっちゃってるから捻り出したいいわけとしか。苦しすぎる(笑)。
 まあそれはおいて本題に戻るとして、「著名な画家の作品かなど」ってなんだぁ?ってことですね。

 そもそも何故「わいせつ」は規制されるのか。取り締まる理由は何か。
 基本的には公序良俗ってことでしょう。最高裁的には
  • 徒らに性欲を興奮又は刺戟せしめ、
  • 且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、
  • 善良な性的道義観念に反するもの
だそうですけど、じゃあなぜそういうものが規制されるべきかというと、受け手側としては「眉を潜めるような」ってとこでしょうか。
 でもそれ、「著名な画家の作品かなど」って何か関係あるんですかね。

 結局のところ、ゲージツ作品だって鬱陶しいときは鬱陶しいわけで、エロいものだって賢者タイム(笑)には別にエロくないわけで、逆に芸術的なものだってエロいときはエロい。つまり要は受け手次第ということです。
 前にも何度か言いましたが、同好の士が集まって見たいものを見るのに一体何の問題があるのか。

 つまり、「それがどういうものか」ではなく、「どのような状況で」提供されているかが基準になるべきじゃないんでしょうか。言い換えると、見たいと思っていない状況で目に入るような場合、それがどんなものであろうと、仮に「著名な画家の作品」であったとしても、不快にさせることはある。
 あとは、受け手側がまだ準備を整えていないという意味で児童だったりする場合とか。こういう場合は通常わいせつではなく「不健全」という術語になるようですが、実質あまり変りませんよね。
 だから、規制されるべきものがあるとするならばそれは「公然わいせつ」の場合であり、それも「公然」は単に人数とかで決めるのではなく、そういう場であるかどうかで決められるべきなのではないでしょうか。

 次に送り手側ですが……まずその前に、仮に風紀に悪影響を及ぼす恐れがあるからと言って、ある人が何を妄想しようが、増して何を嗜好しようがそれは自由でなければいけない筈です。思想や良心、宗教の自由と同じ理屈です。特に男性の持つ嗜好に関しては、以前紹介した『性の進化論』によれば、変りようがないらしいですし。
 そういう風に考えると、つまり個人の範疇に収まらないものを考えるべきだとするとこれは、それがわいせつかどうかという文脈というよりもやはりやり方の問題であり、風営法とかそっちの出番じゃないですかね。

 それとも、そういうモノが人から人へ渡る時点で問題であると考えるのでしょうか。でもそうすると、何か起こしそうというのを取り締まることになるし、強力効果論がどうこうという話にもなりそう。
 つまり、それは本当に風紀を乱すのか?ということです。

 他にも例えば、それが実写作品で「被害者」が存在するのなら、救済するための仕組みは別にありますよね。
 同様に、割れ窓効果があるぞみたいなことだと、公然わいせつならそれもあるかも知れませんが、私的な、あるいは仲間内だとそんなことあるのか?という点が……。
 そして、違法化は往々にして不正、闇を招くわけですが……。
 ポルノが性犯罪を増やすのかというと、むしろ否定する研究しか見たことないんですけど……。勿論、「そうに決まっている」と言う人は沢山いますけどね。ここで、以前も触れた『「学力」の経済学』という本(タイトルがあまりにも胡散臭いですが(笑))を思い出しました。

 こうつらつらと考えると、一つだけの穴を除けば、公然(繰り返しますがそれは人数ではない)なわいせつ以外は特に取り締まる理由が思いつかないんですよね、現代の法整備の度合いを考えると。
 ではその「穴」とは何かというと、青少年に対する教育です。それが全く足りていない、というかむしろ、切り離すことで教育しない以上の悪いことが起きている。
 それはまるで、ネズミのために地球はかいばくだんが使用されてしまった世界のようです。偉い人たちは少子化を経済のせいにしたがりますが、本当にそうなのでしょうか?

 まあ、宣言した通り与太話になってしまいました。そもそもテーマが「わいせつ」(のこと)だしそうなるのも仕方ないとも言えますが、しかし。
 実はこれは、大真面目に考えるべきことなのかも知れません。
 誰かさんみたいな、わいせつは取り締まるべき、でも自分のは違うから、なんて逃げを打つのではなくてね。

コメント

非公開コメント

No title

まあ10代に「Hなのはいけないと思います」という教育しておいて20代、30代に子供を増やせと言うのは本末転倒と言う奴だとは思います。
「Hな事と子供を増やす事は別だ」と思っているのかもしれませんがね。

話は変わりますが、美少女文庫を始めとするエロラノベで妊娠エンドが最近多いのは一種の少子化対策なのでしょうか。
なんて思うのは僕だけでしょうかね。


Re: No title

> 「Hな事と子供を増やす事は別だ」と思っているのかもしれませんがね。
ちょっと視点を変えた話をすると、中高年男性のEDの原因の一つに子作りがあるようですね。奥さんの体のリズムに合わせることが最優先なので、旦那の方のメンタルが狂ってしまう、というパターン。
そういう点について殆んど考慮されないというのも、似たような話と言えるかも知れません。
そう都合良く欲情したり抑制したりできると思ってるのか、聖者ですか、みたいな。

> エロラノベで妊娠エンドが最近多いのは一種の少子化対策なのでしょうか。
さあ、それはよくわかりませんね。
(作中での)少子化対策というネタが最早定番になっているというのはありますが(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中