FC2ブログ

アニメ: 2015秋アニメ感想(1)

 今週のアニメ感想です。でも実質、殆んど一作品分だけですけど。

落第騎士の英雄譚 第1話「落第騎士 I」
 いきなりヒロインが主人公に一生服従の下僕になるアニメwww
 これ、私が主人公だったら間違いなく18歳未満お断り作品になりますよ。しかも、
ittoshura_1_1.pngittoshura_1_2.png
ittoshura_1_3.png
本人もそういう方向の才能ありそうだし(笑)。
 ああいう人物が主人公で残念……いや、良かったですねステラさん。

ご注文はうさぎですか?? 第1羽「笑顔とフラッシュがやかましいこれが私の自称姉です」
 まさかこの作品で筋肉ムキムキな野郎(画像自粛)を見ることになるとわ……(笑)。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1話「東京の魔女」
 またこんな誰得の作品を……。
 まあ、私としては今期一番の注目作ですけど(笑)!

 この絵とか雰囲気とか、あといきなり5年後に飛ぶ導入とか、好きです。こんな風に始まったけど実は後にこんなことになるんですよ、的な表現が。
 あと、どうやらこの神化という年号は、現実での昭和と結構同期している時期のようですね。もしかしてサブタイトルの「東京の魔女」というのは、東洋の魔女と引っ掛けている? とすると第3話「鉄骨のひと」は恍惚?
 でも、第2話「『黒い霧』の中で」はなんだろう。まあ、きっと誰かが調べてくれるでしょう。
 どうでもいいですけど、さっき(18時頃?)見たときは、Wikipediaの本作のページ、主人公の名前が間違ってましたね。爾郎じゃなく爾朗が正しいようです。

 いつものごとく全く予備知識なしで見始めたのですが、この
revolutio_1_1.png
ヒロイン輝子は、巻き込まれ型の一般人かと思ったらなんか、
revolutio_1_2.pngrevolutio_1_3.png
いきなりこんなことができる上に、
revolutio_1_4.png
魔法少女のフォーマットに則って変身とか。
revolutio_1_5.png
 これが変身後の姿。魔女っ子だったんですね。でもまあ、巻き込まれたというのは間違ってはいないようですけど。

 ところで順番は前後しますが、導入部ではこの神化41年のことと、あと同46年のことも描かれています。そこでは、
revolutio_1_6.png

revolutio_1_7.png
輝子を巻き込んだ筈の爾朗はどうやら自身はその組織「超人課」に属しておらず、輝子は彼を慕い、その姿を追っているようです。
 電車の中で出会ったとき輝子は爾朗に、「私、二十歳になりました!」と叫んでいます。5年の間に一体何があったのか。二十歳になったらどうなっていた筈なのか。

 今回、爾朗達のいる組織の役目が、彼自身の口から紹介されています。

revolutio_1_8.png
「あの……あなた達は?」

revolutio_1_9.pngrevolutio_1_10.png
「超人は人々の平和を護る。じゃあその超人は、誰が護るんだ?」
「え?」
「人間達の中で、超人はその正体を隠して生きている。
俺達はそんな超人を護る。
revolutio_1_11.png
……君がバイトや下宿先を、次々と変えたりしないで済むように」
revolutio_1_12.png
「…………」

 全く予想もしていなかったようですが、輝子自身も彼等の言う「超人」に分類されており、「護る」対象だったわけです。というか、自身がそんな立場であることを想定することすらあり得なかったでしょう。
 私が本作を興味深いと思ったのは、この辺りです。というかこの後に明らかになるのですが、爾朗が語った「超人課」の役割は綺麗事のようでいて、実際には汚れ仕事も担っているわけなのに、実は爾朗自身はやはり綺麗事の中で生きている。
 5年後の彼が明らかにしたように、彼は、人類に害をなす「超人」を規則通りには処分していなかった。

 ともあれ、輝子は爾朗の所属している超人課に招かれることとなりました。
revolutio_1_13.pngrevolutio_1_14.png
 この出会いが、どのようにしてあの5年後の世界につながるのか。
 とても興味があります。

 それにしても、巨大な怪獣、巨大なヒーロー、紙テープ、その他諸々、ネタが沢山詰め込まれていて、これから他にどんなものが出てくるのか。その辺りも興味ありますね(笑)。まあ、わからなくて見逃しちゃうのも多いでしょうけど。
 そう考えると、爾朗という名前もなんだかジローっぽいですし。まあこの作品のことも、なんかジローという主人公いたなぁと思って検索したら出てきた、というくらいもう忘れていますが、きっこという人物もどこかの作品にいたのかな。もしくは、同じ作品の光明寺ミツ子も何だか似ているわけですが。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

落第騎士
ヒロインの声優が「下ネタという~」の雪原の蒼の声優なのがなんとも。
確かこの作品、単独ヒロインでハーレム物でないとか。
最近の作品では珍しいですね。

コンクリートレボルティオ
「黒い霧」というのは「黒い霧事件」の事だと思う。
プロ野球に関するスキャンダル事件だと思ったが。

Re: No title

> ヒロインの声優が「下ネタという~」の雪原の蒼の声優なのがなんとも。
この間反省したばかりなのに、やっぱりスタッフ(というかこの場合はキャスト)見てませんね私は。

> 確かこの作品、単独ヒロインでハーレム物でないとか。
なるほど、そういえばあまりそういう姿が見えません。そうか、一人なんですか。
わたし的にポイント高いかも(笑)。

> 「黒い霧」というのは「黒い霧事件」の事だと思う。
> プロ野球に関するスキャンダル事件だと思ったが。
ああ、なるほど。
いや、これも他ののように語呂合わせかと思って検索もしてなかったんですが、そのままのがありますね。
で、見てみたら、「黒い霧事件」は複数あって。
第2話のあらすじには永田町とか国会議事堂とかいう言葉が出てくるので、政界の事件かも知れませんね。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中