FC2ブログ

おカネ: インフレ目標2%とか言うけれど

 どの記事かはさして重要な問題ではないので明示はしませんが(探すのが面倒だというのもありますが)、先日日経新聞のコラムを読んでいたら例によって、インフレ目標の話が書いてありました。日銀は2%のインフレを目指しているが難しそうだという話ですが、その中で、インフレ期待により消費が促されるはずなのでインフレが達成されないと云々、という流れです。

 インフレに目標を設定して、実際にそれが信じられた場合実際に人々が消費を増やして実現される、そして促された消費で景気が回復する、だからマイルドなインフレを起こそうという話はもう、まるで公理のようにメディアでは書かれています。
 しかし、それは実際に起り得ることなのか? 説明にあるような流れは確かにあり得ないことではありませんが、そこにはかなり厳しい条件があって想定通りには中々行きそうにないように見えるのですが。
 それも、好景気の結果発生するスパイラルを、まず「結果」から起こそうと言うのだから尚更です。

 ではその、見える条件というのはどんなものか。元々好景気とインフレのサイクルというのはこんな感じなのではないでしょうか。

(0) 景気が良くなる
(1) 需要が増える
(2) 物やサービスの値段が上がる (インフレ)
(3) 企業等が儲かる
(4) 賃金が上がる
(5) 消費が増える
(6) (2) に戻る

 まあ、これは必ずしも番号通りではなく、インフレ目標の考え方では (2) から (5) が導かれると考えるわけですが。
 それでは、ちょっとコメントを付けて書き直してみましょうか。

(0) 景気が良くなる
 なんかわからないけど、景気が良くなる。これには明確な理由があることもあるし、単に気分によることもある。

(1) 需要が増える
 増えると言っても、万遍なく増えるとは限らない。特にインフレからスタートした場合、欲しいものの代りに別のものをやめるかも知れない。

(2) 物やサービスの値段が上がる (インフレ)
 供給能力が高かったりすると、あまり期待できないかも知れない。
 また、必需品以外は、需要はあっても値段が上がるのならやめてしまうかも知れない。すると、むしろ価格競争によるデフレ圧力になる可能性もある。
 現代では、需要があっても消費が増えず、自分でなんとかできてしまうような分野も出てきた。

(3) 企業等が儲かる
 インフレで実際に企業等の販売した側が儲かるか。例えば、同じインフレでも単に為替相場の変動により輸入した資源等の値段が上がってコストが上がっただけでは、それを十分に値段に反映できなければむしろ儲けは減ることもある。
 まして、消費税率増による値段(税込)の上昇など、企業の収益には関係ない。……とも言えないけどまあそこはそれ。

(4) 賃金が上がる
 儲かったからと言って本当に給料が増えるのか。実際、企業の内部留保の増加は、景気が回復したと言われる昨年辺りもどんどん勢いを増しているらしい。

(5) 消費が増える
 (2) により、つまりインフレ期待により消費を急ぐ心理が発生すると言うけれども、本当にそうか。現代は、必需品以外の消費も多く、つまり、値段が上がりそうならそもそもやめちゃうということもありそうだ。
 また、(4) がなければ (2) があってもそもそも「ない袖は振れない」。昔のように貯蓄率が高ければ、そちらに回す分をちょっと減らすなどというバッファもあったが、現代では期待できない。まして貯蓄を取り崩すようなことは考えがたい。
 更に加えて、(4) があったとしても長期の好景気を信じられる時代でもないし、年金不審等による老後の不安もある。すると、仮に (4) があったとしても貯蓄にまわってしまう可能性もある。預金の場合は投資に回る可能性もあるが、資金需要がなければ国債になるかもしれない。そして、企業は仮に投資をしようと思ったとしても内部留保が潤沢にあるかもしれない。

(6) (2) に戻る

 とまあ、思いつくだけでもこんな条件があり、かなり綱渡りです。それも前述のように、消費者の所に元手がない状況でインフレからスタートした場合はより条件が厳しくなります。
 メディアはこの辺り、わからなくて説明できないのかそれとも理由があって説明しないのか。インフレで景気がよくなるという点については、話題に上ってもまるで逃げているかのようにお座なりの説明しかしません。

 ちょっと話は変りますが、先日、政治の話で日本社会の問題点について触れました。
 その冒頭に書いたことに表れているとも言えますが、日本が抱えている諸問題の多くは、(マス)メディアに原因があると私は考えています。今回のテーマも、その一部と言えます。
 その内、そういうことについてもちょっとまとめてみたいと考えています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中