FC2ブログ

せいじ: 憲法を形骸化させるもの

 安保関連の法案の動きがある中で書こうと思っていたことなのですが、たまたま起きてしまった豪雨による水害で自衛隊が活躍している中ではなんだか災害を利用しているようなので、ちょっと間を置きました。
 まあ、実際には自衛隊の話はほとんどおまけなんですけど。
 あと、問題の法案(当時)の賛否については、個人的には保留しています。何故なら、それなりに説得力のある賛成論もあるのに、マスメディアは殆んど最初から前提を決めてしまっているからです。この偏りは不自然で、むしろ反対することに危険を感じます。

 このブログでは何度か触れていることですが、憲法の、特に第九条を護憲的に字義通りに解釈するならば、明らかに現在の姿の自衛隊の存在は違憲です。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 まず、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」することを謳っており、それを達するための手段として、「武力の行使は、……永久にこれを放棄する」としています。そして今度はそれを目的と定め、それを達するために、戦力を保持しないし、交戦権は認めないとしているわけです。
 ここには、自衛のためならばどうこう、という留保は全く、一切、ありません。極めてオーバーキルではありますが、一応、その手段で目的は達成されるでしょう。

 つまり、現在の姿の自衛隊の存在、つまり実際に自衛するための戦力を持っている存在は違憲であり、自衛のためならばいいのではないかというのは「解釈」でよしとしているわけです。憲法学者でも、自衛隊を合憲とするのにはかなり無理があると言っている人がいましたし。多数派か少数派かは知りませんが。
 既に「解釈」で捩曲げられている憲法を、解釈変更で壊すことは許せないというのは、どうにも筋が通らない。一体どこまでの解釈が問題なしとされるのか?
 私が知る範囲で筋の通る主張をしているのは、共産党くらいじゃないですかね。だから、それ以外の護憲派はそもそも評価自体するに値しない。まあ、あまりきちんと調べていないのでもっといるかも知れないし逆にいないかも知れない。

 ちなみに、国連憲章を持ち出す人もいますね。

第51条

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。

 しかし、「自衛の固有の権利を害するものではない」とはしていますが、その権利を行使するためにどのような手段を取るかについては触れていません。当たり前ですね。そういうことはその加盟国国民が決めることであって国連が口を出すことではない。
 つまり、日本国は憲法により、何をされようとも「交戦」はしないと決めているのです。

戦いを交えること。互いに武力をもって戦闘行為をすること。「隣国と―する」

三省堂「大辞林」より

 他の手段でなんとか対抗するか、皆殺しはされまいと信じ心だけ自衛するか、されるがままとするか、自決するか、そもそも無抵抗を宣言すればそういうことは起きないと日本らしく言霊信仰するか、まあ色々あるでしょうがとにかく武力による戦闘行為だけはしない。それが憲法で定めた日本国の「自衛権の行使」のやり方であるわけです。

 結構多くの人が同じように感じるのではないかと思うのですが、こういった「自衛権の行使」のやり方が現実的であるとは私には思えないし、とすると、「憲法は一文字たりとも変更すべきでない」「解釈で歪めるべきでない」と主張する人が、結局は憲法を形骸化させているわけです。
 こう書いてあるけど解釈でこう判断すると定めればいいという主張もあるようですが、下位にある法律により、補足ならばともかく断言しているものを引っくり返すのはどうなのかと。
 まあ、この点については後でもう一度触れます。

 さて。
 ではどうすべきかということについては、これまでの文脈から明らかな通り、状況に応じて改憲すべきという立場なんですが、とすると当然、歯止めはどうするのかという問題に突き当たります。
 ここでいきなり話が変りますが、先日『「学力」の経済学』という本を読みました。
 どうしてこの内容で経済学なんだおかしいだろ、という突っ込みを入れたくてたまらないんですが、要するに、どうして教育についてはちゃんとした研究もなしにふわっとした感覚だけで決めるのか、という指摘をしています。

 また、たまたまこういう記事も目にしました。
「現役世代だけが支える社会保障制度は、見直すべきだ」:日経ビジネスオンライン
 ほぼ冒頭と言える個所にこういうことが書いてあります。

 私が言い始めて最近はほかの人も使っていますが、政策が「エビデンスベースド(evidence-based、客観的根拠に基づく)」ではなくて「願望投影型」になっているということなのです。

願望投影型?

森田:こうありたいという形から逆算していくやり方です。例えば、財政赤字を減らしてプライマリーバランスを黒字化するのを2020年に実現しようとすれば、経済成長率を逆算して3%を見込む。これが典型的なケースです。


 あともうひとつ、因果関係と相関関係の安易な同一視がよくあるのも気になります。
 Aという現象とBという現象が一緒に起きる傾向があるとき、AによりBが起きたのか、BによりAが起きたのか、CによりAとBが起きたのか、偶然か、そもそもAやBのどちらかもしくは両方が実際には起きていないか、そういったことをきちんと考えない人が多い。いやまあきちんとというのはみんながみんなできることではないし、そもそも専門家でもできないこともあるので言い換えると、考えようとしない人が多い。
 それはつまり、こうするにはこうすべきという主張があったとき、どうしてそうするとそうなるのか、という仕組みを気にしない人が多いということでもあります。

 どうしてこの問題がからんでくると思うのかというとつまり、目的と手段が曖昧になりがちだ、ということです。 こういった問題については以前から目的を最重要視するべきという指摘をしてきましたが、それと通ずるように思います。
 非常に婉曲な表現になってしまいましたが、改憲について考えるとき、まず、それが目的なのか手段なのかを考えるところから始め、それが目的であると考えられる場合には手段である場合よりもより強く警鐘を発するべきであり、それを「歯止め」の基準にすべき、という意味です。

 上で紹介した本や記事にあるようにどうやら日本人はその辺りが苦手なようなので、特に意識して。また、そもそも憲法の文章自体その辺りが入り乱れているようだし。
 このブログでもよく触れますが、このところの児童ポルノ法の改正など、そもそもその法の目的は何なのかというところを見失っているとしか思えません。もしくは、意図的にそれを曖昧にすることで、「許せないよね、だから」で何でも押し通そうとしているか。児童の虐待防止に対しては穴だらけで、表現規制とか通信規制とかに利用されようとしている。
 URLわからなくなっちゃったので記憶だけですが、最近、多分ICPOのサイトで、児童の虐待をポルノの文脈で語るのはおかしい、だから児童ポルノと呼ぶべきないという指摘を読みました。また、読んだのが最近なのであり、書かれたのはいつか知りませんが。

 ここで、後述すると書いたことについて。
 このように考えると、目的と手段についてはっきりと認識した上であれば形式はさほど問われないわけで。私自身は下位にある法律でどうこうというのは問題だと考えますが、実際には改憲なしで法律で補足する(つまり私流に言えば解釈で捩曲げる)のも、それこそ目的が達成されるのであればそれは手段なので。
 歯止めは、「どこまでか」を考えるよりも、「どの項を」、つまり「何を」(理念とか目的とか手段とか)なのかについてより意識すべきでしょう。
 極端な話、憲法は理念と目的だけ書いて手段は法律に任せちゃうべきとも言えますが、上記でも曖昧に書いたように、そう綺麗に切り分けられるのかという問題もありますし、そういうわけにもいかないかも知れません。

 ともかく、目的があった上で、手段がそれに対し適切か。
 今回憲法を例に話をしていますが、途中で触れたように色々な状況で、そのことについてもっと意識すべきではないかと思います。

コメント

非公開コメント

No title

  安保法案とチンポ細いわ、は似ているなどと言う下ネタを考えている馬鹿がここにいます。
  つまり安倍さんのチンポは細いのか。
  「下ネタと言う概念が」の世界にいたらSOXメンバーに入ってそうです。

  「悪法でも法は法。法には従え」という物ではなく「人間に法を合わせる」というシステムにしたくて今回の安保法案を出したのならともかく、アメリカさんにいい顔したくてわざわざアメリカの議会で演説して国際公約にして法案を提出しているとは…。
  しかも集団的自衛権の使われる状況に今最もありうる状況ではなく有り得ない状況を口にする。
  何を考えているのだろう。

 なんだか島原の乱起こした島原藩みたいだなと思うのは気のせいか。
 外様だったから幕府に気に入られたくて分を超えた負担を引き受けて、過酷な徴税したために反乱が起きた。
 オリンピックにしても、国際社会にいい顔したくて分を超えた事をやっちゃって資材高騰で被災地は苦しんているし。
 自分達の外向けの顔をよくしたいために国民に負担を強いるなよ。
 
 日本人は戦略性がないとか、戦略的思考が苦手とか言われる。
 井沢元彦さんならこう言うんでしょうね。
 それは「言霊」のせいだと。
 言葉してしまえばそれは現実になる、だから口にしないし考えない。
 いい事だけ思ってよう、と。
 逆算してそうしようとすればそこに至る道はどうすればいいかと考える。
 でもそこに至る障害や不幸な道は考えない。
 と、いう事なのかな。
 そういえば「紺碧の艦隊」という架空戦記に「憲法には理想が書かれ過ぎている。一升しか入らないのに一升半入るように見せている」とか書いてあったな。
 うろ覚えなので不明確だが。

 しかし政治家と呼ばれる人って特に、大臣経験者や黒幕と呼ばれる実力者って大抵囲碁や将棋の高位の段持ちなんだよな。
 戦略、戦術的思想を持っているはずなんだが、自分の世渡りのためだけにそれ使ってんのかな。 
 
 憲法には理念と目的だけで、手段は法律に。
 理想はまさにそれでしょうね。
 でもそうしたいけど、出来ない。

 

Re: No title

>   何を考えているのだろう。
本文中にも書いたように、私としては判断を保留しています。
実際のところ、喩えて言えば、警備会社に任せっきりで戸締まりすらしてなかったら、経営難で事業を縮小すると言われ右往左往。そんなときに、隣の暴力団があちこちと連合しているわけで。
まあ要するに、オバマが頭悪すぎて経済でも防衛で外交でも内政でもぐずぐずになっちゃってるのが原因というところでしょうか。

>  自分達の外向けの顔をよくしたいために国民に負担を強いるなよ。
でも、今現在有事なので、どうあっても負担は増えるんですよね。
石田純一が国会の前で言っていたように個別的自衛だけでできるんならいいんですけど、でもそれ、もっと負担大きいですし。

>  それは「言霊」のせいだと。
あれは二重に束縛してますよね。
予測して準備なんかすると実際に起きそうだというのと、起きたことから学んでもやっぱり起きそうだというのと。

>  逆算してそうしようとすればそこに至る道はどうすればいいかと考える。
>  でもそこに至る障害や不幸な道は考えない。
>  と、いう事なのかな。
いやー、単に責任逃れしたいだけじゃないでしょうか。
どうしてこれで責任逃れになるのかというと、PDCAでいうCがないから。
そういえば、GPIFがまた同じことを繰り返しそうなんですが、それも多分Cがないからじゃないですかね。

> 憲法には理想が書かれ過ぎている。
というよりも、実現できない理想が書かれている、というところでしょうか。
理想と言うよりも夢想?

>  戦略、戦術的思想を持っているはずなんだが、自分の世渡りのためだけにそれ使ってんのかな。 
逆じゃないですかね。そういう能力がないから将棋とかやっててうまくはなったけど、元々能力がないから現実に応用できないとか。

>  憲法には理念と目的だけで、手段は法律に。
>  理想はまさにそれでしょうね。
>  でもそうしたいけど、出来ない。
まあそこは、考えてみようよ、くらいのノリで書いたので。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中