FC2ブログ

独り言: 自民のクズ議員ども

 カテゴリが「せいじ」でないのは、政治家の話だけど政治の話ではないしなー、ということで。
 クズ議員どもというのは中川雅治、熊田裕通、武藤貴也辺りのことですが、何を言っていたのかはぐ〜ぐる先生にでも訊くといいでしょう。
 まあ三人目はTwitterでのことで、その後の申し開きを私は見ていないので、もしかすると文章力がないだけのバカかも知れませんが。

 原則として政治家はクズだ(つまり真っ当な人は例外的にしか存在しない)と私が思っている理由は、政治家という職業そのものがどうこうということではなく、選挙戦を勝ち抜く過程でこういう、過去の悪事・暴力等を自慢するようなゴミ人間が選り分けられることになるのでは、という点にあります。勿論、選り分けられるというのは「残る」方で。
 以前から自民が、というか自称「保守」が言論規制大好きな点については何度も批判してきましたが、結局は、自民が大政党であることがそれを示していると思います。彼等は、自らが優越していると考えている。それも、「力」で。だから、押え付ける、抑圧する方向に発想が向きやすい。
 自民が大好きな表現規制も大概、そうさせるよう知恵を使うのではなく、ごり押しですし。

 ちなみにサヨク(左翼に非ず)は知性で優越していると考えているようですねwww

 先日、大学の主に文系学部の再編が検討されている件について触れましたが、そこでは、旧来の文系/理系の分類、つまりwhatを基準に分けて理系に力を入れるという方向性は問題があるとしました。私のいつもの所謂「文系」批判はそういうことではなく、howについてのものであり、つまり、文系を切り捨てる(とまではあの方針では言ってませんが)のではなく、所謂「理系」的な考え方をもっと身に付けられるようにすべきということです。
 そういう意味では、今日辺り報道されていた高校の科目の再編にあった数理なんとかなんてのはいいことかも知れません。内容知りませんけど。
 上記は、必ずしも理系的な考え方の方が重要だと言っているわけではなく、日本では、精神論、というよりも力業や根性で何とかしようという考え方が多すぎるという、つまりアンバランスさや歪みを指摘しているのです。隣の国を笑えない。

 そういう意味では、自民の今の頂点にいる安倍晋三なんかも問題があると言うか、彼がそうだから下もそうなのかも知れませんが。
 別に学歴がどうこうという話ではなく、彼は比喩、喩え話がうまくない。それはつまり本質をとらえるのが下手なのか表現が下手なのか、もしくは両方ということになりますが、例えばアベノミクスと呼ばれるようになった経済政策とかも、そうすればどうなるからこうする、みたいなのがわかっているようには見えない。
 という辺りを見ると、比喩が下手な理由は前者なのではないかな、などと思ったりします。

 まあでも、こういうのは政治家本人、つまり政治を目指す人だけの問題じゃなくて、結局は選挙の空気がそうだからそうなるということで、それこそ大学改革して何十年もかけて、もしくは、マスコミが変るとかという話になりそうで……要するに解決は無理筋、という気がするんですけどね。
 ……はぁ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中