FC2ブログ

独り言: OSってなんだろね

 マスメディアをネタにした話ですが、今回はこれ。

 「そんなことはするべきではない」-。省庁や国の補助金を受ける団体に対して、ムダ遣いを厳しく指摘する会計検査院。しかし、逆に検査院が疑問視したのは、東京電力がやろうとした“コストカット”策だった。ほめられるはずの節約なのに、なぜ…。それは、東電が当初、サポートの終了したコンピューターの基本ソフト(OS、オペレーションシステム)を使い続けようというプランを立てていたからだった。検査院はテロの脅威なども挙げながら、苦言を呈した。

(強調は引用者による)

 はい、「オペレーションシステム」のところですね。
 ちなみにこれ、産経のサイトで見たときに気づいてたんですが、ITmediaの記事になっても直っていないのは、もしや著作権法のせいですかね。同一性の問題とか。

 いやまあ言ってしまえば単に言葉尻を捉えているだけなんですけどね。
 でも、例えばWindows95が発売されて、それまでパソコンすらも触ったことのないような人もOSの存在を認識するようになり、そろそろ20年になります。そんなに経ってもこのレベルですか?

 以前、所謂遠隔操作ウイルスの事件の時にも文句を言いました。いやそれ以外にも何度も言っていますが。
 パソコンを遠隔操作する驚異(脅威)の事件!みたいな雰囲気で記事を書いていましたが、それまでだってボットネットとか図入りで記事にしてたりしたんだから、別に彼等自身にとっても目新しいものではなかろ、という話です。
 まあそれと比べればちっとはマシかも知れませんけど。

 しかしそれにしても、こういう時代になっても「ITは素人」でいいのか?
 いつまでも「ITは難しいんだから間違ってもいい」が許されるのかというのもありますが、そもそもそんな姿勢で新聞とかが信用されるのか。公に向けて記事を書いているのだから、せめて一般人くらいの知識は必要なのではないか。まして、自分が解説したことすらも理解していなくて問題ないのか(上記のボットネットのこと)。

 冒頭でも述べたように、今回のは本当に些細な誤記に対する突っ込みで、重箱の隅をつつくようなことです。
 しかし逆に言えば、こんなに簡単なところを間違うなよ、と言いたいような部分でもある。

 それとも、今でもやはり、メディアにとってIT用語は敵性語なのでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中