FC2ブログ

歌とか: ぎんいろ、みずいろ、砂銀、そしてピアノ

 タイトルには、ねこねこソフトのゲームの主題歌から、印象的なのを主観で並べてみました。いや印象なら主観に決まってるか。
 なんでこんなことしているかというと、先日紹介した『すみれ』トレーラーデモで使われている、多分『すみれ』の主題歌?の『ピアノ』が印象的で、それでついねこねこの昔の作品の主題歌を思い出した、という流れです。

 まあ、そんなことを言いつつも、ねこねこのゲームを全部やったわけでもないし、いい曲なのに忘れてるのもあるかも知れませんけど。

 こうして思い出してみると、どの歌もゲームの雰囲気をとてもよく表していますね。勿論、歌自体もゲームの一部なので歌が雰囲気を決めている部分もあるでしょうけど、それでも。
 このうち、ぎんいろは……どうだったかな、もうよく憶えてないんですけど、銀色完全版で歌が付いた、とかじゃなかったかな。なんでかというと、歌詞に、完全版で追加されたシナリオの人物の名前っぽいのが出てくるので。

 昔の歌は、CDとかも残ってはいる筈ですが、とりあえずは当時リップしたのを実は今でもたまに聴いています。ファイルの日付を見ると、2004年の2月〜3月頃。リップした日付かどうかはわかりませんけど。
 当時は使っていたHDDの容量も厳しかったので、ファイルがOggVorbisだったりします。今ではFLACにしているのですが。しかも、当時のお気に入り曲しかリップしてない。なので、上記のように忘れた曲もあるかも、ということになったりするのでした。

 さて、『ピアノ』ですが。

 これもまた、ゲームの雰囲気をとてもよく表現しています。
 ……いや、ゲームまだ発売されてないんですけど(笑)。でも、オフィシャルサイトによる紹介とか見ると、記憶、想い出、哀愁、などといったような、失われてしまいそうな大切だった何か、みたいなものが感じられます。「ハートフル」というキーワードも登場していますし。

 イントロの出だしがソロに近いピアノで、綺麗に始まったと思ったら、途中から突然、ドラム、ベース、フルートとか(だと思う)が加わり、ノリが大きく変化します。
 その直前に入るド♯というかレ♭というか、が何だかぞくぞくっとします。実はこの音、妙に好きなんですよね。
 ということに気づいたのは、松任谷由実の『破れた恋の繕し方教えます』ですけど、思い出してみるともっとずっと前、劇場アニメ『さらば宇宙戦艦ヤマト』のエンディングテーマ曲『ヤマトより愛をこめて』が原点かも知れません。

 ……話が逸れました。
 この『ピアノ』のイントロですが、これは作った人が意図したものかどうかわからない、もしかすると私の環境のせいかも知れませんけど、ピアノの音が、なんだか褪せているような気がするんですよね。だから、その音だけで既に、何か失われそうな想い出みたいなものを想起させるのです。

 そして、何と言ってもサビが好き。
 優しく、でも儚く、哀調を帯びたメロディですが、その軽快なリズムが重苦しさを感じさせません。

 まあ、ちょっと「らしくない」なと感じる点もありますが。
 ねこねこの作品の歌って基本的に、素直で透明な歌い方のものが多いし、それが作風にも合っていると思うんですが、この『ピアノ』はちょっとクセのある肉感的な声と歌い方で。
 ただ、このリズムの曲だとこういう歌い方が似合っているというのもあり、必ずしも悪いというわけではないですけど。

 それにしても、これはデモの紹介エントリでもコメントしましたが、この哀愁を帯びた歌が流れる背景の画面では登場人物が
sumiredemo_piano_1.pngsumiredemo_piano_2.png
こんなことしているわけで(笑)、まあやっぱりねこねこだなぁ、と。

[追記:2015-02-21]
 このトレーラームービーは、曲の途中で終わってしまっているので(1コーラス分もない)、つい知っている曲を使って頭が勝手に続きを補完してしまいます。
 それは何かというと、渡辺貞夫の『オウトラ・ヴェス~ふたたび~』というアルバム収録の『Tema Para E Novo Vento』(緑の風)という歌です。

[追記: 2015-03-28]
 ねこねこの「マイクローンデカルチャー萌え(中略)日記 ▲3月25日 準備中とか春コミケとかの巻 書き込み人:ぽこつ☆とも  書いた日:03月25日(水)19時28分23秒」(長っ)によると、

んで、そろそろ色々なモノが完成してきました↓

●曲とか

先日、ようやく完成しました>歌曲
体験版か、ムービーで使用すると思います。

 えっ。
 調べてみたらこの『ピアノ』という曲、もう何年も前に作詞の氷青さんのCDで発表されたもので、しかもその氷青さんのコメントによると、この曲に出会って気に入ったから詞を付けたみたいな感じらしく、つまり曲はもっと前。
 ふーむ、でももう私の中ではこの曲が主題歌になっちゃってる……。
 というわけで日記をもう少し遡ってみたら、『ピアノ』について「▲1月30日 受付開始させて頂きましたー 書き込み人:ぽこつ☆とも  書いた日:01月31日(土)00時26分12秒」にこうありました。

この曲、昔から大好きなんです。

実は、すみれの○○ヒロインのシナリオに、
とても合っていて、頼み込んでゲーム中に使用させて頂くことに。
氷青さま、どうもありがとうございます!

コメント

非公開コメント

No title

ねこねこソフトといえば、昔「みずいろ」をPS2でやってたことがありましたね。
私の人生の中では何度かギャル(エロ)ゲーをよくプレイしていた時期が波の様にあったのですが、コレは2本目だったですね。
ちなみにアニメイトで購入した際にポスターなんぞを貰って部屋に飾ってるのですが、既に購入から10年以上経ってるせいか、劣化が目立ち始めています。その内真っ白になっちゃうんじゃないでしょうかね、コレ。

Re: No title

> 昔「みずいろ」をPS2でやってたことがありましたね。
『みずいろ』と言えば、あのプロローグ(?)でヒロインが決まるのは画期的なシステムだったと思います。シナリオを楽しみたいプレイヤーにしてみれば。
それに、未来の性格にまで影響するとか。
『銀色』もそうでしたが、あの頃のエロ/ギャルゲーって、かなり実験的というか色んなアイデアが誕生していたような気がします。

> 私の人生の中では何度かギャル(エロ)ゲーをよくプレイしていた時期が波の様にあったのですが、
そういえば、私もそうです。なんかこう、気分というかモードというかスイッチというか、そういうのがありますよね。

> ちなみにアニメイトで購入した際にポスターなんぞを貰って部屋に飾ってるのですが、
それはまた、随分物持ちがいいことで(笑)。
でもそうですか、結構褪せるんですね。実は私は、壁とかに全く何も飾っていないので。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中