FC2ブログ

アニメ: 2015冬アニメ感想(5)

 今週のアニメ感想です。
 妙に長くなってしまいました。A/Zが特に。戦闘がなくて、ややこしいやり取りばかりだったからですかね。

夜ノヤッターマン 第4夜「湯けむり露天風呂紀行」
 いつもサブタイトルもそうですが、昭和なところとかやっぱり「夜ノ」という感じです。

 その前にまずは、妙に味のあるアルエットとガリナ。

yatterman_4_2.png
「私達は昔から豚を大切にするようにって言われてるの!」
「大切にいただきましょうってことね?」

yatterman_4_3.png
「うききー」
(ご、護衛ならしかたがないよね・・・)
(うん・・・)

 二人とも何を(笑)。

 さて。
 ヤッター・キングダムがどんなところかというのが、だいぶ具体的に見えてきました。
 消費税が80%だとか、
yatterman_4_1.png
箸が立つのを喜ぶとか、
yatterman_4_4.png
赤紙とか、
yatterman_4_5.pngyatterman_4_6.png
万歳とか。

yatterman_4_8.png
「はっきりわかった。ここは……地獄だ」

 こう呟いたドロンジョ。
 この辺りは、人によって(世代によってかな?)受け止め方が大きく違ってきそうですね。脚本家の意図するところがどうなのかは不明ですが、私辺りだと、地獄と評される社会をこのように設定・描写するのは、その手垢の付いた手法を茶化している皮肉のように感じられます。
 さてどっちなのかな?

 どうでもいいですけど、面白いタイミングでピケティが日本にやってきて、メディアはその論説をありがたく拝聴しているようですが、笑っちゃいますよね。
 アメリカ様が上げろと言ったら消費税増税賛成、フランス人様が上げるなと言ったら増税反対? ヨーロッパは高いから日本も高くしろと言ってたような気がするんですけど?
 言い飽きた(という表現があるかは知りませんけど)ことですが、少しは「どうしてそうなのか」「理屈は」というのを考えてみたら、せめて聞いてみたらどうなんです?

 ところで、こんな一シーンがありました。
yatterman_4_7.png
 この動き、いいですねぇ。彼のスタイルはやはりその体格等もあってやや力押し方向に寄っていますが、こういう風に描いてくれたらな、と感じる作品が結構あります。

ALDNOAH.ZERO 17“謀略の夜明け”-The Turning Wheel-

az_17_1.png
「不見咲君。寡黙な殿方が何故モテるか、知っていますか?」

 え、そうなの?

 というわけで、伊奈帆とスレインの対比、それが実際に彼らの行動に影響し始めました。例えばスレイン。

az_17_2.png
「これ以上地球生まれの野良犬を、野放しにはできません」

 前回、「牙剥かせぬ程に格差を見せ付けることこそ肝心」と言っていたスレインですが、見せ付け切れてなかったようです。
 一方の伊奈帆はと言えば。
az_17_3.pngaz_17_4.png
 むしろ、行き過ぎないようにつなぎ止めようと人たち。
 ユキさんは、

az_17_5.png
「私はね……あなたと、あなたの住む世界を守りたくて軍人になったの」

こう言ったのですが、

az_17_6.pngaz_17_7.png
「ユキ姉。彼女は僕の目の前で撃たれたんだ」
「!」
「負傷した僕を助けようとして、撃たれたんだ。……だから、僕が助けなきゃ」

こう言われて愕然。
 この時の伊奈帆ですが。
az_17_8.pngaz_17_9.png
 ユキさんには見えなかったでしょうが、振り向きざまにほんの一瞬だけ苦しげな表情をしました。これは姉に対してか、アセイラムのことを想ってか。
az_17_10.png
 ユキさんは、いつか伊奈帆も大切な人と鳥を見るのだろうかと想い、そしてその人が彼を幸せにしてくれるようにと願ったわけですが、それに反して伊奈帆は、その人のために戦いに身を投じています。
 ただこの姉弟、モテ談義でも姉が弟にやり込められていましたし(p22)、幸せ談義でも似たようなことになるかも? 実際、彼女自身、伊奈帆のために軍人になっているわけで。それはつまり、取り得る選択肢の中ではそれが最善だったというわけで。
 話は前後しますが、
az_17_17.png
こういうのを「幸せ」というんでしょうね(笑)。でも、

az_17_18.png
「したことないわよ、ダイエットなんて」
「「ぅえ~~~~!?」」

両立は難しいようで。

 さて、そんな伊奈帆が向かったのは、留置場。
az_17_11.png
 そして、捕虜となったマズールカの尋問です。

az_17_12.pngaz_17_13.png
az_17_14.png
「一つ教えてもらえますか」
「私が国を売るほど安い男に見えるとでも?」
「……見えませんね。聞こえもしません。尚更好都合です」

 いや、実際には懐柔とか籠絡に近い行為かも知れません。しかも、形式的には尋問、行為は懐柔、本心はと言えば実はもっと単純に、協力者を募っているだけだったわけです。

az_17_15.png
あなたはアセイラム姫に、忠誠を誓っていますか?
az_17_16.png

 マズールカ卿も、まさか地球人にこんな質問をされるとは思ってもいなかったでしょうね(笑)。

 一方、スレインは。

az_17_19.png

az_17_20.png
「……きれい……」

 また、一人の少女がその毒牙にかかろうとしています。このロ(ry

az_17_21.pngaz_17_22.png
「むしろ飛べるのに籠で飼われている方が可哀想かも知れない」

 籠の鳥はレムリナのことでしょうが、スレインはレムリナを、「飛べる」と表現したわけですか。
 これは意外と、面白いことになるかも? 以前この二人について、スレインはレムリナに足をすくわれるのではないかとコメントしました。が、そうして敗北したスレインに、レムリナ自身が手を差し伸べたりするなんてことも???

az_17_23.pngaz_17_24.png
「どうして、閉じ込めるのですか?」
「それは、とても美しいからです」

 スレインがアセイラムにしているように。
 さて、こちらの暗喩はアセイラムのことでしょうが、伊奈帆が「両方」と言ったことがこれでしょうか。
 その「両方」とは、マズールカの尋問の中で卿が「どこかに捕えられているのか、それとも表に出られぬ理由があるのか」と言ったことに対する伊奈帆のコメントです。

 ところで、尋問のことを聞いて、ライエがここにやってきます。が、伊奈帆に引き離されるライエ。

az_17_25.png
「バカだって思ってるでしょ。いつまでも過去を引きずって。いつまでも捕われて。……そうよ。私だって同じ。誰かのせいにして、恨んで、妬んで──戦うことしかできない、バカな火星人」
「君は違う」
「違わない」
「違う」
「違わない」
「違う」

az_17_26.pngaz_17_27.png
「違わない! 火星人なんて嫌い! 私は……私が大嫌い」

 ……もう、ライエは大丈夫ですね。
 前回、だいぶ変ったとコメントしましたが、今回遂に、乗り越えたと言っていいでしょう。以前の彼女は、何もかも否定していた。自暴自棄になっていた。しかし、全てを切り捨ててしまう(自身を含む)のと、「嫌い」と思うのは全く違います。彼女は、自身に執着し始めている。嫌いなのだから、こうありたいという像を持っている。

 スレインの周囲は、
az_17_28.png
勝手に動くレムリナだの、

az_17_29.pngaz_17_30.png
「籠の鳥?」
「地球では、自由を奪われた者のことを、そのように形容するそうです」
「……」

反抗するマリルシャン卿だのどんどん困った方向に突き進んでいますが、伊奈帆は、ライエは手下(笑)になるし、韻子は勝手に協力してくれるし。

az_17_31.pngaz_17_32.png
「あなたには、揚陸城に戻って本物のアセイラム姫の居場所を探って欲しいんです」
「何故私に?」
「あなたの志が、アセイラム姫と同じだからです」

 ライエや韻子に対してはそのように意図してのことじゃないでしょうが、伊奈帆はマズールカを、自分の意志で動くように仕向けています。彼は実際にそう考えていることを言っているのでしょうが、それが相手に心理的に与えている効果も認識している筈です。彼なら。
 そして、
az_17_33.png
手下(笑)を側に置き、
az_17_34.png
がっちりと握手をし、
az_17_35.pngaz_17_36.png
互いに名乗った上で、というか名乗らせた上でプライベートな話をするまでに。

az_17_37.pngaz_17_38.png
「伊奈帆……どうして」

 それを見ていた韻子は、どうしてと問いかけながらも協力してしまう。
 ただ、これは微妙ですね。信じているから、わからないけど見逃すことにしたのか。それとも?
 ライエがいるというのも、実は意外に心理的な影響があるかも?

 スレインなんか、
az_17_39.png
決闘を申し込まれているというのに(笑)。
 さて、彼はこれを、一体どう収めるのか? 収められないということも可能性としてはあるんですが、できないと伊奈帆との対決もなくなっちゃいますしね。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

>こういうのを「幸せ」というんでしょうね(笑)。
詰城「大好物です(食事的な意味で」

>そして、捕虜となったマズールカの尋問です。
クルーテオ「地球の尋問とはかくも生温い。ここはヴァース帝国伯爵である私が見本を」
ザーツバルム「待たれよ(色んな意味で」

>また、一人の少女がその毒牙にかかろうとしています。このロ(ry
このロクデナシ、ですね。分かります(すっとぼけ

>互いに名乗った上で、というか名乗らせた上でプライベートな話をするまでに。
マズールカ卿に死亡フラグがぴんぴん立ってますねぇ……。
てっきり別れて揚陸城まで歩いてる途中に殺されると思ってたんですが、今週はとりあえず無事だったみたいですね。まぁ来週まで命がある保障はありませんが……w

>決闘を申し込まれているというのに(笑)。
 さて、彼はこれを、一体どう収めるのか? 

どうなるかはさておき、来週のアバンにはマリルシャン卿のカタフラクトがフルボッコされているに一票。

Re: No title

> 詰城「大好物です(食事的な意味で」
食べちゃうんですか!?

> クルーテオ「地球の尋問とはかくも生温い。ここはヴァース帝国伯爵である私が見本を」
> ザーツバルム「待たれよ(色んな意味で」
伊奈帆「尋問と拷問は違います」
???「ネタにマ(ry」

> このロクデナシ、ですね。分かります(すっとぼけ
いやー、やはり毒「牙」は口にありますよね。

> マズールカ卿に死亡フラグがぴんぴん立ってますねぇ……。
「いい奴はみんな死ぬ」

> まぁ来週まで命がある保障はありませんが……w
取り敢えず、姫の居場所は伝えてもらわないと(冷たい(笑))。

> 来週のアバンにはマリルシャン卿のカタフラクトがフルボッコされているに一票。
そうしてスレインはどんどん泥沼にはまっていくんですね……。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中