FC2ブログ

独り言: パリのテロ事件で色々思ったこと

 パリでのテロについては先日やその他にもコメントしましたが、そういうことも含め、もっと広く何となく感じたことについて、ざっと書き連ねてみます。

○ ヨーロッパ
 というか、イメージしているのはキリスト教圏なんですけど。
 今回わかったのは、彼らの言うことは結局、彼らの自由、彼らの理想、彼らの正義なのであって、それらは彼らのルールで決めるのだ、ということです。
 しかも、押し付けがましい。
「我々はこんな間違いをした、だから反省している」
「そりゃ殊勝な心掛けだ」
「ついてはお前等も反省しろ」
「えっ」
「えっ」
ってな感じ。
 歴史の中で色々学んだようではあるけれども、「自由」とかについても、結局同類の間で取り決めをしただけであって、他者は想定していないというわけです。
 ただ、ユダヤについてはちょっと例外かも。
 しかし、それを例えば「それはナチスのお陰」などのように表現する自由は、ヨーロッパにはない。

○ アメリカ
 以前何度か、新興国で青二才のアメリカが勝手な理想を振かざして迷惑、みたいな話をしましたが、その時、ヨーロッパは歴史があるからみたいなことも言いました。
 しかし、実際にはこんなもんだったんですね。強いて言うと、仲間内での調整は少し進歩した。
 で、イスラムについては逆に、最近学んだばかりのアメリカの方が少し冷静なようにも見えますが、しかし、実はただ単に、巻き込まれるのを嫌がって逃げ腰なだけなのかも?

○ イスラム
 以下は全くの想像なんですけど。
 これまでのコメントでも、言論に対して暴力ってのは……という論調はやはり基本にしていました。しかし考えてみると、これももしかすると不適切なのかも。
 彼らの考えでは、例えば、生と死は我々が考えるよりもシームレスなのかもしれません。そして、その世界そのものを司る法則であるところの神やその教えを伝える預言者の方が、大切である、とか。
 ここで、SF的な想像をしてみます。爆発など伴うものではないが、局所的に自然法則そのものを破壊してしまう兵器が開発されたとしましょう。核爆弾などと比べ、どちらがより脅威か?

○ 日本
 以前述べたようなことを考えてみるに、ヨーロッパ辺りと比べると、宗教的な成熟度は日本の方が高いなと思います。
 日本では、そもそも具体的な教えそのものを排し、というか共有することを放棄し、感覚的な部分だけを基盤としたように私には見えます。前の例で言えば、OSとアプリケーションのように。
 ただ、ではそのような日本式のやり方で解決がはかれるかというと、まあまず無理でしょうね。これはこれで、かなり厳しい条件をクリアしないと成立しないし。
 ところで、では日本では今回のような問題が起きるかどうかですが。
 かなり危ないんじゃないでしょうかね。そう私は思います。何故なら、まあ中世や近世辺りまではおくとして、日本には海外の考え方を、あちらでこれはダメだとわかった頃に周回遅れで、無思慮に、わざわざ改悪して導入するという悪習がありますから。
 もしかすると、世界中が平和になった頃に日本にだけ紛争が残る、などという笑える未来が待っているかも。
 ……勿論冗談ですが。それよりもむしろ、無くなっている可能性の方が高いんでは。

コメント

非公開コメント

No title

  アメリカはモンロー主義、というか孤立政策に方向転換しているみたいに見えますね。
  あと、架空戦記小説でアメリカ相手に勝つにはアメリカ国民にの恐怖を訴えかける事だ、みたいな事を書いているのを見た事があるが今のアメリカの厭戦ムードみていると当っているのではと思ってしまう。

 海外の考え方をダメだと分かった頃に導入、で思い出したのが函館の五稜郭でした。
 
 日本にとって戦争責任がタブーなようにヨーロッパにとってはナチスがタブーという事なのか。
 どの国、地域にも禁忌となる物はあるのか。
 

Re: No title

>   アメリカはモンロー主義、というか孤立政策に方向転換しているみたいに見えますね。
結局、正義の味方は楽じゃない、ということでしょうか。
ただ、それでアメリカが降りてしまうと、グローバリズム系の思想が破綻することになりますけどね。法を守らせる強制力がなくなってしまうので。
まあいずれにしても、アメリカがいたところでそのグローバリゼーションはアメリカナイゼーションに過ぎないわけですが。

>   あと、架空戦記小説でアメリカ相手に勝つにはアメリカ国民にの恐怖を訴えかける事だ、みたいな
自信と過信は紙一重、という感じでしょうか。

>  どの国、地域にも禁忌となる物はあるのか。
それで欧米がウザいのは、表現の自由だなんだと偉そうなこと言うクセにタブーはしっかりあって、その境界線を当然のものとして他者にも押し付けることですね。え?当たり前だろ?みたいに。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中