FC2ブログ

アニメ: 2015冬アニメ感想(1)

 今週のアニメ感想ですが、今期初回なので、いつもと少しスタイルを変えてみます。

 というわけで、概観。
 前期については、エロゲ的な感性、感覚が印象的でしたが、今期はもっと直截的に、肌色(笑)ですね。いきなりハダカがどどーんと出てくるものとして、『銃皇無尽のファフニール』『冴えない彼女の育てかた』が挙げられますし、OPや今後の展開を考えると『新妹魔王の契約者』もその部類でしょう。

 エロゲもエロいんじゃないの?という話はありますが、その系統の作品の場合は扱うテーマ上、人の心の闇、暗部、陰のような部分に切り込むことが多いので、表面上露出度が高くないこともよくあります。
 対して『冴えない……』などはもう、いきなり全裸の少女が登場して「一話からパンチラや全裸満載だった下らないハーレムアニメ」に対する批判をぶつという、サブタイトルも「 #0 愛と青春のサービス回」だし、何と言うか「確信犯」的作品です。
 あれ? それってどっちの意味が正しいんだっけ?
 というかもう、この用法が正しいってことでいんじゃね? 需要から言って(笑)。

 というような全体的印象なので、まあBPO辺りが文句を言いたくなるのもわからなくもないですね。

 あと色気と言えば、全然違う意味での色気があるのが、『幸腹グラフィティ』とか。

 それから、最近はキャラもCGで描く作品があるため、つい、もしやこれもそうかも?とか疑ってしまうようになりました。『ラブライブ!』一期のOPムービーに感銘を受けていた頃からさほど経っていないのに。
 今期のアニメでもあるんでしょうか? これなんかやってる所あるんじゃないかなーと感じたのはあるんですが、もう自信がありません。

 さて、ここからはいつもっぽい書き方で。

ユリ熊嵐 EPISODE 1「私はスキをあきらめない」
 相変わらずこのヒトの作品は象徴的というか寓意が多すぎてムズい。
 いやもしかすると何も意味はないのかも知れないけど。

アブソリュート・デュオ #01「焔牙/ブレイズ」
 OPムービーの動き、例えばこういうのとか、どうなっているのか気になります。
absoluteduo_1_1.pngabsoluteduo_1_2.png
absoluteduo_1_3.pngabsoluteduo_1_4.png
 フルアニメじゃないので結構飛んでいますし。また、
absoluteduo_1_5.png
こういうのは、ゆゆゆ夏凛のを思い出します。こういうの流行っているんですかね、この業界。あと二刀流はもしやアレ?

 でも、本編がこれじゃねぇ……。
absoluteduo_1_6.png
 こういう角度から来たのを
absoluteduo_1_7.png
こう受け止めるのっておかしくない? それと、
absoluteduo_1_8.png
この立ち方は何よ……。

艦隊これくしょん -艦これ- 第1話「初めまして!司令官!」
 ↑のような指摘をしたのでついでに触れておくと、
kancolle_1_1.png
射たときに体が開くのはどうなのか、などと思いました。ただこちらは、他のシーンではそうでもなかったので、もしや、そうしないと「見えない」という理由かも?

 ところでこの作品、提督は出てこないんですかね(笑)。

 もっとどうでもいい話をすると、次回のサブタイトル「悖らず、恥じず、憾まず!」が読めない……。予告で読んでくれたから変換できましたが。

 更にどうでもいい話を続けると、テレ玉では『みりたり!』と艦これの放送が続いているんですよね(笑)。

ALDNOAH.ZERO 13 “眠れる月の少女 -This Side of Paradise-”
 誰も彼も、みんな生きてましたね。伯爵まで!

 で、前回から19ヶ月程経っているようですが、スレインが「サー・スレイン・トロイヤード」と呼ばれているし、タルシスを駆り戦果を挙げていることから信頼も厚いようです。変れば変るものですね。
 あとカーム君は整備士?として活躍しているようだし、ニーナもブリッジで操舵士?としてしっかり働いているようです。まあ、

az_13_1.png
「遅れてすみませーん!」
「なんだその格好は。支給された制服はどうした」
az_13_2.png
「だって、可愛くないし……」

こんな一幕もありましたが。
 でも、不見咲さんは相変わらずモテてないようで、一安心デス(笑)。
 ブリッジと言えば、
az_13_4.png
あれ? デューカリオンは今何を動力として動いてるんでしょうか。

 一方の火星はと言えば、何度も「殺され」てひねてしまったブラックセラムさんが見られるかと思っていたんですが、残念ながらそうは行きませんでした。
az_13_3.png
 新キャラ、レムリナ・ヴァース・エンヴァース登場。アセイラムの影武者をやっているようです。しかし、

「私は、この血の価値によってのみ、生かされているのでしょう? アルドノアを目覚めさせる、道具として」

こういう考え方をしている人でした。
 ちなみに、アルドノアの血、「姫」と呼ばれていること、そしてアセイラムが第一皇女ということはその妹ですね。公式サイトによると、腹違いだそうですけど。

 そして、我らが主人公(笑)の伊奈帆。
az_13_5.pngaz_13_6.png
az_13_7.pngaz_13_8.png
az_13_9.png
 何やら真打ちっぽい登場……。そして、
az_13_10.png
左目がこれ。スレインにやられたのがこれですか。目と、あと側頭部やられてよくあの伊奈帆の特長とも言えるような芸当ができますね。
 ちなみに、この時搭乗していたのはやっぱりオレンジ色の機体。
az_13_11.png
 もうちゃんとした機体を用意してもらえるんじゃないかと思うんですが、以前も言っていたような理由なのか、使い慣れているからか、それとも実は意外と熱い彼のこと、色々と因縁のある人物を意識して今でも「オレンジ色」でいるのか。

 ここで、スレインと伊奈帆を振り返ってみます。
 スレインは、ザーツバルムに対し、

az_13_12.png
「今あなたを救えるのは僕だけです、伯爵。志半ばで死ぬか、アセイラム姫と共に生きるか。……ご決断を」

ここで「志」なんて言葉を持ち出したり、

az_13_13.png
「とてもお上手でした、レムリナ姫。堂々としたお言葉、軌道騎士達も感銘を受けたことでしょう」
「ありがとう、サー・スレイン・トロイヤード。演説を誉められたことよりも、その気遣いの方に感謝致します」

「姫」の心を捕えていたり、意外と人たらしですね。いやもしかすると後者は別のたらしになるかも知れませんが(笑)。

 そして伊奈帆。
az_13_14.pngaz_13_15.png
az_13_16.png
 ……お姉ちゃんを泣かせちゃ駄目だよ……。
 しかし、
az_13_17.pngaz_13_18.png
az_13_19.png
自身を含むみんなを救ったとも言えるわけですが。
 さて、ここで疑問です。
 返り血からユキさんが思いついてアルドノアドライブ起動と相成ったのですが、さて。血そのものがなのか、血を浴びた伊奈帆がなのか、「血」から連想した人工呼吸のためなのか。
 スレインの例を考えると、やはり人工呼吸の時に、ということなんでしょうかね。

 それでふと思ったんですけど……。
 皇帝が諸侯にアルドノアの力を分け与えた時って、一体どうやったの? まさか……(笑)?

 というのはおいといて。

az_13_20.png
「光を屈折し、海と空が青く見えるほどの沢山の水と空気を──」
「……違う……」
「え?」
az_13_21.png
「空が青いのはレイリー散乱だ」

 相変わらずですねぇ(笑)。知らない人が聞いたら、というか多分誰も知りませんが、単に間違いに突っ込みを入れている、場違いに知識をひけらかしているだけのようにしか見せませんね。
 屈折がこんな伏線になっているとは思いませんでした。

 そして、アセイラム姫。
az_13_22.png

az_13_23.png
 まだ意識は戻らないようです。
 どうでもいいことですが、エロゲのライターが関わっている作品で、通例ではハダカになっているこういうシーンで服を着せているというのが逆説的。勿論、ここで姫の肌が露出しているというのはスレインのキャラからしてあり得ないわけで。
 個人的には、服を着せるよりも、カプセルが不透明である方がいいんじゃないかと思いました。

 というわけで再開した『アルドノア・ゼロ』ですが、さて、どんな展開になるのやら。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中