FC2ブログ

おカネ: 焼き直しシリーズ(4) デフレ=インフレ?

 このシリーズには、これまで書き散らしてきたことをまとめるという意味合いもあるのですが、また、ちょっと違った視点から見直してみたという意味合いもあります。
 今回の話は、デフレとかについて。

 これらの用語は使う人や状況によって様々に異った意味を持っていたりしますが、それに便乗してここでは、もっと話をややこしくしてみたいと思います(笑)。テーマは二つ。

 まず一つは、値下がりって実は値上げだよねという話。
 デフレの価格競争、値下げ競争が長く続くと、いい加減無理が生じてきます。もう下げられないものは下げられない。となるとどうなるか。
 品質を落とすことになるのです。
 実際そうなってきていますよね。調味料とか加工食品とか味が落ちてきているし(別に舌が肥えて来ている理由もないので(笑))、何だか量が少なくなってきているし。それから、色んな商品が、所謂「安物」になってきています。これは結局、長期的に見れば割高になります。すぐにダメになるからしょっちゅう買い換えないといけないし。

 つまり、どうしても下げられない部分があるために、品質が犠牲になる。そして割高になる。
 これは、デフレ=インフレということに他ならないのではないでしょうか。

 テーマその二。
 この間日経新聞を読んでいたら、原油安は日本にとっていいことなのか、という話が書いてありました。つまり、それで物の値が下がると、日銀が宣言しているインフレが実現できなくなる、という主張です。それ自体については主題でないのでどの記事かは特に示しませんが、たまにある意見ではあります。
 それはまあ一面では正しくて、インフレ宣言というのは聞いた人が信じてくれないと以後使えなくなるからで。

 ただ、現時点での話には全く無意味ですよね。なんとなれば、何度も言っているようにコストプッシュインフレではその後が続かないからです。物の値が上がる。以上。
 インフレだのデフレだのって消費者から見た値段で測りますが、売る側から見るとこういうタイプのインフレは、儲からないのだから(充分転嫁できたり便乗したりしない限り)、値が下がったのと同じですよね。

 ということはつまり、その効果はデフレと同じということ。
 これも、デフレ=インフレということの証明になるではありませんか。

 あれまあ。
 こりゃ困りましたね(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中