FC2ブログ

独り言: 「BYODという言葉を最近あまり聞かなくなった。」

 何と言うか、何を今更という感じなんですが……。
 だって、こんなことを言っているから。

 BYODへの関心が高まっていた時期、私はその目的が日本の経営者に正しく伝わっていないと感じていた。BYODの本来の目的は、従業員に対して各々快適なIT環境を使用することを許可し、業務の生産性を上げることにある。しかし、日本の多くの経営者は、BYODをコスト削減の手段と捉えられていたふしがある。従業員の私物デバイスの通信費を半額負担して業務利用させれば、業務用デバイスの導入費用を半分に抑えられる・・・と。

 例えば月額6000円の通信費を半額にしたかった経営者は、3000円以上の投資をしようとしない。だから、国内では次第にBYOD導入が減速していった。BYODを導入しようとすれば、端末代と通信費の負担だけではすまない。社内のどのシステムにどう接続するのか、コンサルタントを雇って検討しなければならないし、セキュリティ対策やマルチプラットフォームの対応などのシステム投資も必要になる。


 いや、ねぇ。

しってた

と返すしか……。みんなそうなんじゃないかな。

 というか、感じてたのなら言えば良かったのに。いや、言ったけど取り上げてもらえなかったのかな。
 私もここで何度か同趣旨の批判をしました。最初はセキュリテイ主体で話をしましたが、考えてみるとそこでも指摘したようにそれにはおカネがかかるわけで、ああそうかそっちか、という感じ。
 最後には、BYODをサポートするサービスが紹介されたので、「宗旨変え」してみたりもしました。つまり、そういうことなんだよどうせやる気ないだろやめろ、ということで(笑)。

 まあ、それで実際にBYCD(Bring Your Company's Device)がどうなるかは知りませんが、多分、あまり期待できないんではないかなぁ、と思ったりします。
 これが例えばノートPCとかなら、という風にも思いますが、スマホでそういうところきっちり分けられるのかな。個人的には無理だと思うんですけど、記事ではiOSについて何やら妙なことを言っていますね。

 果たして?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中