FC2ブログ

PCで: LinuxでIPv6のtemporary addressを使ってみた

 タイトルの通り使ってみたのはいいんですが、私のPCは起動時にかなりひねたことをしているので、一般的なディストリビューションでどうするのかはよくわからないんですよね。

 ともあれどうしてこんなことをしたのかというと……単なる思いつきです(笑)。
 いや、IPv6って、うちの環境だとDHCPv6とかやってなくて、もらってきたRouter Advertisementメッセージからネットワークプレフィックスを取得して、インタフェースIDはEUI-64。これで自動生成しています。
 多分。何も設定していないので。

 ところで、うちで使っているプロバイダだとネットワークプレフィックスはたまに変るようなのですが、上記のやり方だとインタフェースIDは変らないですよね。
 でまあ気になってはいたんですが、でも別に、アドレス以外でも色々トレースというかトラッキングというかはされているだろうし、そもそもIPv6でのアクセスってどんくらいしてるんだろうと放っておいたのですが、ふと思い立ってtemporary addressを使ってみました。

 カーネルソースにくっついてくるDocumentation/networking/ip-sysctl.txtによると、
use_tempaddr - INTEGER
Preference for Privacy Extensions (RFC3041).
<= 0 : disable Privacy Extensions
== 1 : enable Privacy Extensions, but prefer public
addresses over temporary addresses.
> 1 : enable Privacy Extensions and prefer temporary
addresses over public addresses.
Default: 0 (for most devices)
-1 (for point-to-point devices and loopback devices)
だそうで。
 というわけで、ネットワークの初期化のところで、
echo 2 > /proc/sys/net/ipv6/conf/eth0/use_tempaddr
などとやってみました。ちなみに実際のデバイスとは変えて表記しています。
 なお、私のPCの設定では、実際には色々やっていますが、前後にこんなのが付いています。
ip link set eth0 down
echo 2 > /proc/sys/net/ipv6/conf/eth0/use_tempaddr
ip link set eth0 up
sleep 2
 で、ifconfigとかip address showとかで見てみると、通常のアドレスの他にもくっついているのが見えます。
 ちなみに私は、従来のも残しました。

 ところで、このまま放っておくと、段々アドレスが増えていきます。deprecatedになって。
 デフォルトではこうなっていたので、
$ cat temp_prefered_lft
86400
$ cat temp_valid_lft
604800
一日一個、7つ位まで増えることになるのかな? 確認するには、例えばこんな風にするといいかな。
$ ip address show deprecated eth0

 というわけで、たまにフラッシュしてあげると気持ちがいいかも。
# ip address flush deprecated eth0
 たまにってのはどういう方法でも構いませんが。

 というわけで思いつきでやってみましたが、さて、何か意味があるんだろうか(笑)?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中