FC2ブログ

艶漫画: 『全開露出少女』感想

 何やら一部で話題騒然らしい(笑)作品です。

全開露出少女 (XOコミック)全開露出少女 (XOコミック)
(2014/10/25)
草野ゆぅ

商品詳細を見る


 形式上/表面上はともあれ、露出羞恥ものの本質を捉えている作品かと思います。
 というか、このジャンルは「露出」という行為でくくられていますが、そもそもその様式の中で何を描くかというのはかなり幅があり、例えば以前私が実験的に書いたような露出しない羞恥ものなんてのも、している別系統の作品よりもカテゴリとしては近かったりすると思います。
 その辺りは、最後の方の「彼」の台詞に表れています。

 さて、では本編の話。

 主人公の柊美和は、受験勉強のストレスに耐えかねてどうにかなってしまいそうな日々を送っていました。
 そんなある夜、美和は見てしまったのです。公園のベンチで、全裸でオナニーする女を。

 そんな女に恐れと、そして憧れを抱いてしまった美和は、まあある意味受験生らしいと言いますか、念入りに下調べをして、初心者向けの公園というのを見つけて、ベンチでの全裸オナニーに挑戦。
 ……こういうのも公園デビューと言うんでしょうか(笑)?
 で、途中わらわらと男が出てきてフェラさせられたりしますが、それらは全部妄想です。

 美和の次の一歩の舞台は、仮病を使って抜け出した授業中の学校。廊下から、外にある林の中で。
 しかし、それを先輩の女子生徒の小宮さんに見られてしまいました。……下の名前出てきたかな?
 美和に興味を持ったと言う先輩は、美和を脅迫して全裸のまま責めあげ、人に見られているかも知れない中で肉体の悦びに溺れる快楽を知らしめます。

 まずこの辺りで冒頭書いたことについて振り返りますが、これまでの妄想も、先輩に指やおもちゃを使ってイかされることも、全て、それが主体ではなく、そういうところを「見られている」ことこそが重要であるわけです。例えば、先輩にいじられて感じていることよりも、それを人に見られている(かも知れない)ということが。

 そんなことがあったのですが、先輩はリスクを恐れてその関係を続けようとはせず。というかそれが美和に対するイメージ操作なのかも知れませんが。
 しばらくしてから、話は第二フェーズに移行します。
 あるとき美和のところに、先輩と美和のエロい行為を撮影した写真が届き、同時に、誰とも知れない男から美和を脅迫する電話がかかってきます。実は多分これが、第一話の最後に登場した、公園での美和を見ていた人物でしょう。ほっそりした指が綺麗なのでどっちかなと思っていたんですが。

 彼は、美和を喫茶店(と思しき店)に呼び出し、窓際の席に座るよう指示し、そこでのオナニーを命令します。
 ガラスの向こうには通行人。後ろからは体調が悪いのかと心配して声をかける女性店員。その目の前でイってしまう美和。
 そこに現れる少年。彼が、美和に命令した人物でした。

 その後、例えば電車の中で、美和は座席に座らされ、男はコートを着て前に立ち、フェラを強要します。
 ここでも重要なのは、フェラをすること自体よりも、周りに人が居る中でそういうことをしている、という方です。そちらが主。
 更には、今度はドアの前に立たされ、実は美和はコートの下は何も着けていないのですが、そこで素股。これも結局、挿入はないし、近くで女子学生が見ているということが重要です。

 先輩に続きこの男も、美和を放置します。これは、熟成を狙ってのことなのか?
 ともあれ、しばらく間を置いて、先輩から連絡があり赴いてみると、男と先輩が、美和にとって最初のあの公園でセックスの最中。これも、そういうことを「見られている」中で行うことが重要で、それがついに美和を陥落させます。先輩たちを見ながら、自分も人がいるところでオナニーしてしまうくらいに。

 後に、彼に導かれての行為の中で、彼は美和にこう言いました。

「ここで彼等に見つかると 柊さんは今後どうなると思う?」
「色々言ったけど僕は君の人生を滅茶苦茶にしたい訳じゃない」
「これからだって楽しみたいでしょう? ちゃんと後に続く露出をしなくちゃ」


 こう言った彼と、美和はバスの中で初めてセックスをするわけですが、それも、行為そのものではなく、人のいるところでというのが主なのです。勿論彼も言っているように、破滅することも目的ではない。

 色々な意味で、重要なポイントを突いてくる作品であったと言えます。
 あと、勿論絵も好みだし(笑)。

 というわけで『Shelm 全開露出少女』はおしまい。で、この後には、連作短編が5作入っています。
 露出を楽しむお嬢様に触発されてしまったメイドさんが特にいいな、と思いました。策を弄したら策に溺れてしまう辺りが(笑)。

tag : XOコミック 草野ゆぅ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中