FC2ブログ

アニメ: 2014秋アニメ感想(2)

 先週〜今週のアニメ感想です。
 概観すると、何やらここ最近のアニメと雰囲気がだいぶ違う感じがするんですが、それを端的に表現すると、ラノベ原作とエロゲ原作の違い、的な?
 いやまあ、実際にエロゲ原作ってのもあるようですがそういう意味ではなく、……何かこううまく表現できないんですが。
 あと、まだ多くは始まったばかりだし(SAO2は総集編だし)、前期の『アルドノア・ゼロ』みたいな強烈な印象が残ったのもなかったしということで、それぞれ軽くコメントする程度です。

ヤマノススメ セカンドシーズン 新十三合目「不思議なホタルの物語」
 さすが声優さん、「馬子にも衣装」をちゃんと発音しましたね。
 などという話はどうでもよくて、ひなたの「馬子にも衣装、あおいにも浴衣」という台詞にあおいは「その言葉そっくりそのまま返してあげる」と答えていますが、そっくりそのまま返すとどういうことになるかというと……(笑)。
 今回は、絵がなんだかだいぶ違った感じがします。特に線というかタッチというか。

 それにしても、ホタルの正体がこれとは(笑)。
yamanosusume2_13_1.png

SHIROBAKO 第1話「明日に向かって、えくそだすっ!」
 次回のサブタイトル、「あるぴんはいます!」って、まさか「ありまぁす!」のパロじゃないでしょうね(笑)。
 それにしても今期はこの作品も含めて、重いというか殺伐としたというか、いやちょっと違うかな、何かこう、どっと疲れる感じのが多いですね。殺し合いとか流血みたいなのも多いですが、そういうのは別に珍しい話じゃないし。
 喩えて言えば、夢の中で仕事していた、みたいな感じでしょうか。

甘城ブリリアントパーク 第1話「お客が来ない!」第2話「時間がない!」
 上で疲れる感じと言ったのにはこれも含まれていたり。

失われた未来を求めて #01『失われた未来』, #02『彼女と霊の存在証明』
 何だか脚本が妙に散漫というか、話の流れがうまく表現できていない感じがします。

異能バトルは日常系のなかで 第1話「異変 アルファエピソード」
 非常にまったくもってどうでもいい話ですが。
inou_1_1.png
 ↓
inou_1_2.png
 ↓
inou_1_3.png
 OPで、水着のところでテロップが被らないようになっているのはサービスですか(笑)?

大図書館の羊飼い 第1話「図書部結成」
daito_1_1.pngdaito_1_2.pngdaito_1_3.png
 エンドカードが動くのって結構新しいかも(笑)。

グリザイアの果実第一話「普通の学園生活」
 なるほど、これが彼女の自慰行為ですか。
grisaia_1_1.pnggrisaia_1_2.png
grisaia_1_3.png
 示威行為(の準備)の聞き間違いかな(笑)?

Fate/stay night Unlimited Blade Works #00「プロローグ」, #01「冬の日、運命の夜」
fatesnubw_1_1.png
 紙使い?

 今回のは凛ルート、つまり二周目ですね。
 もう原作プレイしたのはだいぶ昔のことなので殆んど憶えていないんですけど、この話で、苦労人の凛に妙に親しみを覚えたという記憶が(笑)。
 原作と言えば、その次のルートでの桜には驚かされました。
fatesnubw_1_2.png
 これがアレですからね。
 ……恐かった(笑)。

 ともあれ、
fatesnubw_1_3.png

fatesnubw_1_4.png
この三人の顔合わせがね……。

 あと、懐かしいBGMが流れていました。編曲の関係であまりはっきりとではないですけど、あの「ミ〜ラ〜シドレミファ〜ミ〜」って奴。「シドレミファ〜ミ〜」のところを繰り返すのがなんとも印象的です。
 ……というようなことを3年くらい前にも言っていますね、私(笑)。

番外編:
 ここからは、クロスアンジュに関するだいぶキツいコメントです。
 トップページで見ると「続きを読む」の先になっているわけですが、直接見ても何かの動作を必要とするような仕組みって作ってないんでしょうかね。よく18禁の話の時に自分で書いたりしているんですが、もっとちゃんとしたのがあれば。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第2話「まつろわぬ魂」
 前回の第1話でかなりエロいシーンがあって楽しませてもらった(笑)わけですが、さて、2話目以降についてはどうなるかなーという感じでした。なんせ、近頃は最初にどんと印象的なのを見せる感じのシリーズ構成もよくあるので。
 で、今回もかなり素敵なエロシーンがあったので(ハダカで廊下に放り出されるとか(笑))、私の中では暫定的にエロアニメ認定ということに相成りました。絵もいいし(美少女でカラダも……さすがの画力、という意味で)。
 エロゲを原作とする作品をも超える、という辺りが凄い。
 ……それはそれでいいんですが。

 前回、ノーマと認定された子供について偉そうなことを言っていたので、ああ、これはいずれブーメランになるフラグかなと思ったのですが、まさか第1話で来るとは思いませんでした。
 でまあ、高貴な人が堕とされるエロ展開ってのは中々いいものなのですが、今回の第2話でだいぶ印象が変わりました。特に、ここ。
crossange_2_1.pngcrossange_2_2.png

 高貴な女の子を堕とすのってのはいいんですが、高慢なのは自分的に対象外。高慢でオツムも弱いのはもっと要らない。
 まあ、どうやら彼女は陥れられたらしいので、実はノーマではないなんて展開もあるかも知れませんが(状況証拠からするとあまりありそうでもありませんが)、たとえそうだとしても、現状では彼女が「自分はノーマではない」と考える根拠は、少なくとも描かれてはいない。
 今回、サブタイトルが「まつろわぬ魂」とあります。これが、自分がノーマであっても魂の高潔さを失わないという意味であればいいんですが、どうやらそうではない。「まつろわぬ」のは魂以前に、現実に対してであり、それを認識する能力がないようです。

 まあ絵はいいのでそれ目当てに見ようかと思いますが、さて、こういう印象も変わることになりましょうか。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

  ヤマノススメ
  まさか蛍の正体があれだったとは、本当に驚いたし笑いました。
  おしりはどうやって光らせたんだろう。
  恐怖心は蚊の羽音も獣の咆哮に聞こえさせ、好奇心は獅子も猫に見えてしまう、という
 ところでしょうか。
  しかしいつもの二人とは全く正反対と言っていい反応なのは面白い。
  あの二人にもこんな面があったのか。

  シロバコ
  青橋由高さんというエロ作家がいますが、その人がツイッターで疲れる感じの作品、と同じような事を
 書いてました。
  漫画家漫画、ラノベ作家のライトノベル、アニメ関係者のアニメ、業界物と言うか内輪物が増えているなぁ。
  と思うのは気のせいか。

 甘城ブリリアントパーク
 一話しか見てませんが、気に入りましたね。
 主人公の名前はカニエ・ウェストからとったのだろうか。
 とある漫画にもこれからとったと思える名前のキャラがいたから。

 失われた未来を求めて
 これも一話しか見ていませんが、ヒロイン交通事故の後何事もなかったかのような展開で
更に空から新キャラ、気になる展開です。

 異能バトルは日常系のなかで
 AT-Xの無料放送で一話見ました。 
 それはもうやはりサービスでしょう。

 グリザイアの果実
 主人公がフルメタの相良宗助に幾分社会常識をプラスしたようなキャラに見える。
 しかしパンツシーンの多いアニメだ。
 
 FateUBW
 初めに言っておきます。
 僕はアニメのFateはゼロが初めてです。
 漫画版は見た事があります。
 ゲームはした事がありません。
 アンソロジーコミックで得た知識が大半です。
 こんな人間なので、無茶苦茶言うかもしれません。
 二周目と言うとジョジョ第四部でキラークイーンの爆弾によって時間を巻き戻した
そういう感じの展開なのか、それともパラレルなのか、どうなんでしょう。
 藤村先生役の伊藤美紀さんが、「えっ、こんな声と演技力だっけ?」と思う位予想を下回る
演技と声だった。
 凛主役のルートという事でか、「魔術師とアルカナの化身」の元ネタはこれかと思える
シーンがあった。
 それと、凛が叶えたい願いがないのに聖杯戦争に参加しているというのが驚きでした。
 バトルロイヤル物は個性的で多彩な能力と全員主人公と言うべき個性的なキャラ、
そして叶えたい願いが三大要素と思っていたので。
 俗物的な願いを叶えたい奴がいないのに万能の願望器として聖杯作っても意味ないような気がする。

 クロスアンジュ
 エロイエロイと言いますが、大してエロくないけどなぁと思う。
 これから小公女セーラでストライクウィッチーズなマクロスFをやってくのかな。
 水樹奈々さんの歌が演歌くさい、と以前書きましたがこの人子供の頃愛媛でのど自慢荒らしを
やっていた頃から演歌歌ってたのでそれが根底に染みついているんでしょう。
  
 それと最後に
 Gのレコンギスタ
 色々と言われますが、Gセルフはツインテールガンダムと言っていいんでしょうか。
 それとも鬼ガンダム?
  


 

Re: No title

>   まさか蛍の正体があれだったとは、本当に驚いたし笑いました。
伏線はあったし、今の二人が知っている人物かもと思ってはいたんですが……(笑)。

>   おしりはどうやって光らせたんだろう。
まあ、着ぐるみだから電池とLEDくらいは詰め込めたかも知れませんね。

>   しかしいつもの二人とは全く正反対と言っていい反応なのは面白い。
ひなたの方は、頭のところのでっかい目にやられたのかも?

>   漫画家漫画、ラノベ作家のライトノベル、アニメ関係者のアニメ、業界物と言うか内輪物が増えているなぁ。
あと、同人作家が本屋でバイトしている話とか。

>  甘城ブリリアントパーク
まあいい感じではありますね。疲れそうですけど(笑)。

>  失われた未来を求めて
これは、ちゃんと見ていないと色々見落してしまいそうな気がします。

>  異能バトルは日常系のなかで
>  それはもうやはりサービスでしょう。
よくまあこんなところ突っ込んだなと自分でも笑えてしまいました(笑)。

>  グリザイアの果実
真面目に普通になろうとしているように見えるところが中々興味深いと思いました。
その方向性が比較的真っ当なのは、やや常識的なところがあるからでしょうか。

>  FateUBW
>  二周目と言うと
ああ、ちょっと表現が誤解を招きやすかったでしょうか。
原作のゲームは、一度エンディングを迎えてからまた始めると、UBWのルートに入れるようになります。
そうすると、凛がこのように関係してきて、士郎についての色々と深いところまで描かれることになるのです。
本文で言った二周目とはそういう意味です。

>  藤村先生役の伊藤美紀さんが、「えっ、こんな声と演技力だっけ?」と思う位予想を下回る
> 演技と声だった。
ああ、やはりそう感じましたか。どうしたんでしょうね。

>  それと、凛が叶えたい願いがないのに聖杯戦争に参加しているというのが驚きでした。
その辺りも、今回本文で書いたように、凛がその生真面目さのせいで色々……(笑)。

>  クロスアンジュ
>  エロイエロイと言いますが、大してエロくないけどなぁと思う。
それはつまり、エロ以外に特に見るところがないという意味です。

>  Gのレコンギスタ
すいません、見ていません……(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中