FC2ブログ

せいじ: 朝日新聞を潰したい理由

 先日は、社長の馘が飛ぶだけで朝日新聞は生き残ってしまうかもとコメントしましたが、どうやらまだ望みはあるようです。もしかすると居座るつもりかも知れないので。
 長年待ち望んだことではありますが、例の所謂「従軍慰安婦」問題のときはまあそんなに期待してはいませんでした。もしかすると、と思えるようになったのは振り返ってみると、池上彰氏の問題のお陰かも知れません。

 それにしても、どうしてこんなに朝日新聞を嫌っているのか? それは、卑怯なところですね、やはり。
 実際に慰安婦問題で訂正記事を出したときにもやっていましたが、他もやってるじゃん、と責任逃れしようとするとか。あるいは釈明の文章で「読者の信頼を大きく傷つけた」などと一見「読者」「傷つける」などと謝罪しているかのように書いていても良く読むとそれで損なわれるのは自分に寄せられた信頼であることとか。
 しかし、何より卑怯なのは、言わば子供の喧嘩に親を引っ張り出すようなところでしょうか。

 これまでに何度も、特にIT系の報道では誤りを指摘し、もう新聞はITの報道するななどとも言いましたが、そういうのとは意味合いが違う。
 そういった誤報は、場合によっては自衛の手段があったりもします。他紙を参照したり勉強したり。それが無理でも、信じた自分が愚かだったということになりますし。「悪かった」とは言いませんが。
 しかし、これまでの朝日新聞の捏造(昨日も言ったように「誤報」の方向性があまりに偏っているので)に共通するのは、日本人の悪評を立てることです。所謂「従軍慰安婦」問題しかり、KY珊瑚問題しかり、最近では吉田調書問題しかり。
 こういうのは言ってみれば、諸外国の批判を「虎の威」として借りることであり、従って挽回も極めて困難です。実際、朝日新聞が謝ったことくらいではびくともしていません。そもそも日本の真実になどそう関心ありませんから。
 まあ、そういう意味では自称保守の有力者も同罪と言えるでしょうけど。一体、自分の立場以外の何を保守してきたのか。

 今の時代、「グローバル人材」(意味がよくわかりませんが)を求める声を発しないメディアはないと思うので朝日新聞も言っていることと思います。
 しかし、果たして自分の祖国に誇りを持てない者がグローバル人材たり得るのか。昔言ったと思いますが、グローバルな人材とは無国籍ということではないでしょう。そんな正体不明の人を、人は信頼するのか。都合が悪くなったらさっさと仮面を付け替えるかも知れないのに。

 朝日新聞を信奉するような層には、国連至上主義のような人も含まれているようです。というかそういう人たちは大概そこに含まれそうにも。
 何やら世界政府とか世界市民とかの幻想を抱いているようですが、彼らのやっていること自体が日本人が世界に飛び立つのを阻害しているように思えるんですけど、気のせいでしょうかね。

 ともあれ、まあタイトルには強い言葉を用いましたが、朝日や毎日のあまりに偏っている「誤報」には、なんちゃらのナイフみたいな表現は当てはまらないと思うんですけど。明確な意図を感じるので。
 ふと今気づいたんですが、それらの新聞の名前に口偏や人偏を付けると妙にしっくりきますね(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中