FC2ブログ

独り言: ソフトバンクのロボット「Pepper」のブレイクスルー

 昨日、ニュースでソフトバンクが発表したロボットの「Pepper」を見ました。そこで、なるほど、とちょっとうなった点があります。

 まあはっきり言って、AIがどうとか動作がどうとか値段がどうとかはどうでもよろしい。もしかすると本当に凄いのかも知りませんが、少なくともぱっと見でわかるほどの革新性は感じませんでした。
 私が凄いと思ったのは、「目」です。

 でもそれも、現状ではさほどのものではない。というか、多分デザインでしかないのかも知れません。視線を制御しているのか能面の表情のようにそう感じさせるように作ってあるのか。感触としては後者のように思えましたが。
 何がブレイクスルーに思えたかというと、「目」に目を付けたことです。

 別に駄洒落で言ってるんじゃないんですけどね。
 人型のロボットにおける所謂「不気味の谷」は、私の印象では、そのほとんどが視線によるものだと思えます。つまり、びたーっと張り付いたり、にょーっと機械的に動いたり。人の目は普通そんな風には動かない、というかそんな風には動かせません。
 実際、その観点からの研究も結構進んでるようですし。

 一ヶ所を見ているつもりでも人の目はちらちらと微妙に動いているし、視線を動かすときも、一定の動き方はできません。ある一点を見て、そこからずーっと横に視線をなめらかに動かそうとしても、どうしてもぴた、ぴた、と止まりながらになってしまいます。
 まして、人と対したときなど、「口ほどにものを言う」わけですから。

 子供の頃に『野獣死すべし』という映画を見たんですが、主演の松田勇作が、その目をずーっと横に動かすってのをやって、こら凄いと思いました。というか、最初はどうしてそんなに不気味に思うのかわからなかったのですが、後になって視線の動かし方によるものだと気づきました。
 勿論、機械の不気味さには負けますけど。

 ということで、これは写真で見ても全くわからないのですが、動いているところを見るとまさに、これまでのロボットとは一線を画しています。
 勿論、これが技術的な意味でブレイクスルーであり進歩をした、とまでは評価できないでしょう。
 それにもしかすると、そんなに重要なことだとは思っていないかも知れない。思っていたとしてもまだその自然さは万全ではありません。

 しかし、そんなのをデザインしたということは、きっとそれこそが重要であると考えたのでしょう。
 その認識、つまりそこに重点を置いたという点が、私がブレイクスルーであると感じたことなのです。

コメント

非公開コメント

No title

私もコレをニュースで観ていたのですが、確か「機体同士で情報共有して知識を蓄えていく」(うろ覚え)なんてことを言ってましたよね。
……これはアレですか。万が一、紳士(意味深)な方々の手に渡って紳士的(意味深)な情報をインプットされると、それがどんどん他の機体へフィードバック……、もとい感染していくというのですかね。それは恐ろしいな……。

なんて余計なこと心配をしてみたり。

Re: No title

> 余計なこと心配をしてみたり。
あー、何かそれで連想したのが、Googleの日本語変換。
自分では使ったことないんですけど聞くところによると、妙(笑)な変換が充実(?)してしまったり、とかあったとかなかったとか?

あと、更に連想したのが、『To Heart』の二次創作小説、『浩之さんに花束を』とか。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中