FC2ブログ

アニメ: 2014春アニメ感想 (6)

 今週のアニメ感想です。

シドニアの騎士 #6「敬礼」

sidonia6_shizuka1.png
■星白閑 戦死

 えっ…………。
 い、いやいや。何か陰謀が渦巻いているようだし、まだまだ……。

デート・ア・ライブII 第六話「ガールズ・ミュージック」
 琴里が

「補充要員を送るわ」
「大丈夫なのか」
「私が何とかするって言ってるのよ」

とか言っていたから、ラタトスク司令官閣下自らがステージに上がってくださるのでは!と一瞬期待したのですが、残念。
 い、いやいや、まだまだ……。

一週間フレンズ。 #6「友達の母親。」

friends6_kaori1.png
「うん。私のうちだったら、周りを気にせずに勉強できるよ」

 何を言っているんですかこの人(笑)。
 しかし、香織のお母さんの志穂さん、何と言うか雰囲気のいい感じの人ですね。
friends6_shiho1.png
 ただ、祐樹を公園に呼び出して待ってたとき、買い物袋の中に肉があったんですけど、ちょっと気になりました。

魔法科高校の劣等生 第7話「入学編VII」
 まあよくあるんですけど、「イヴィルアイ」ってきっと"Evil Eye"ですよね。発音ちょっとアレですよね。

ニセコイ 第19話「エンゲキ」
 なんだか、千棘はこんな顔ばかりの今回。というか、
nisekoi19_chitoge1.png

nisekoi19_chitoge2.png

nisekoi19_chitoge3.png

nisekoi19_chitoge4.png
投げやりになって(ああ……もういいか)みたいなことを考えているのを見ると、どうも思い出してしまうのがまどマギのさやかです。最期に「別にもう、どうでもよくなっちゃったからね」とか言っていた印象が強烈で。そのシーンについて別途感想書いてしまったくらいですから。
 しかしこちらの千棘はと言えば、楽の一言であっさりと浮上できました。
nisekoi19_chitoge5.png

nisekoi19_chitoge6.png
 現金ですねぇ(笑)。というか、まあさやかと比べて運が良かったですね。住んでる世界(作品)も含めて。

極黒のブリュンヒルデ 第7話「微笑の理由」

gokukoku7_kotori1.png
「いいから早く飲め。無理やり口に突っ込むぞ」

 この台詞聞いたとき、「口移しで飲ませるぞ」とか言ったら面白かったんじゃないかな、とふと思いました。

健全ロボ ダイミダラー 第六話「登場!ショウマとキリコ」

「キリコちゃん、ぼくはどんな目にあわされてもキリコちゃんのことが好きだ! ぼくの彼女はキリコちゃんだけだぁ!」
daimidaler6_ritz1.png
「うわウザっ」

 このほんとにイヤそうな顔がいいですね(笑)。

 しかし、今回のラストシーン。ショウマを守るため平穏な日々を手放す覚悟を決め、キリコがついに立ち上がり、OPテーマ曲につながる演出には燃えました。萌えじゃなく。特に、この話はピアノと弦の静かで綺麗な曲で始まったので。それも含めての演出でしょうか。

daimidaler6_ed1.pngdaimidaler6_ed2.png
daimidaler6_ed3.png
ダイミダラー、カムヒアー!
daimidaler6_ed4.png
daimidaler6_ed5.png

 とここで曲の始まりが被って、
daimidaler6_ed6.pngdaimidaler6_ed7.png
daimidaler6_ed8.png
あの歌が始まるわけです。
 こうして聞いてみるとあのテーマ曲、実は凄いですね。楽曲として。

おまけ:
ラブライブ!第2期 #6「ハッピーハロウィーン」
 パス。
 ……お察し下さい(笑)。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

>……お察し下さい(笑)。
でぃ、DVD&ブルーレイでは修正されるから(震え

>健全ロボ ダイミダラー 第六話「登場!ショウマとキリコ」
タイトルを完全に偽る不健全描写(イチャつき)に幻滅の巻。
……とか言ってみたりw

>しかし、今回のラストシーン。
>OPテーマ曲につながる演出には燃えました。
よもやダイミダラーでこんな演出が見れるとは感動しました。これはもうスパロボ参戦待ったなしですなぁ(え

Re: No title

> でぃ、DVD&ブルーレイでは修正されるから(震え
これ、コメントしようと思ったところが該当する部分かどうかちょっと気になっちゃったもので……。
ところで、最近はテレビCMとかでも、ブルーレイ&DVDとかいう風に順番が逆転していること多いんですよね。
やはりアニヲタのパワーは……(笑)。

> タイトルを完全に偽る不健全描写(イチャつき)に幻滅の巻。
第七話を見ると、長官の気持ちがよくわかることでしょう。

> よもやダイミダラーでこんな演出が見れるとは
でもそう言えば、当初からそういうつもりだったようですね。
「企画は柳沢の「今のアニメ界の状況に、熱い男の魂をブチ込んでやらねば!」という使命感から始まった」
とWikipediaに書いてありますし。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中