FC2ブログ

マンガ: 『なもり百合姫表紙画集 truth』感想

 本屋で見掛けて買ってきました。
なもり百合姫表紙画集 truth (イラスト集)なもり百合姫表紙画集 truth (イラスト集)
(2014/02/18)
なもり

商品詳細を見る

 最初、表紙に赤字で「あなたのことだけ見つめていたい」とあるので、これがタイトルかと思ってしまいましたが、違うんですね。

 初出は、コミック百合姫2013年1, 3, 5, 7, 9, 11月号(注)。裏表紙には、こういう説明が書いてあります。

TVアニメ[ゆるゆり]第2期に合わせて表紙を飾った連続イラストストーリー。

 しかし、その『ゆるゆり』とは大きく異る、かなり重たい雰囲気です。裏表紙の説明は、こう続いています。

毎号、ページをめくる驚きとともに注目されたデザインも出来る限り再現、
戦慄の最終回となったコミックも含め完全収録。

 いや、『ゆるゆり』の形容にはまず使われないでしょうね、「戦慄」なんて(笑)。

 これ、1,500円するんですけど、「薄い」です。
 しかし、薄いんですけど、凄い。紙は上質で捲りにくいくらい(笑)硬く、光沢もあるし特殊なキラキラのラメみたいな加工(何て言うのか知りませんが)がされてるのもあり、各イラストの前にはトレーシングペーパーのような感じの紙が、扉なんでしょうけどイラストの紙を保護するかのように挿入されています。
 更に言えば、表紙にはビニールっぽいカバーがかかっています。
 何だか、プロの犯行による同人誌みたいですね(笑)。

 そして、まあこの先は百合姫を読んでいた人には今更なんでしょうけど、表紙を捲ったところでまず驚き。
 女の子が、教室のカーテンの隙間から、中にいる女の子を見ています。しかし、その表紙の「カーテンの隙間」は紙に開いている穴で、次のページには、そこに見えている女の子を含め、教室内の外からは見えない情景が描かれています。

 ちなみに、上記の「あなたのことだけ……」の「あなた」の文字は教室の中にあり、次のページではそれに続き、「あなただけが私の素顔を知らない」とあります。
 で、これまたご丁寧に、ちゃんとそういった文字や細工のない(ノンテロップ?)イラストがその後にあります。

 ノンテロップと言えば、上記のトレペのような紙に百合姫表紙の誌名とか煽りっぽい文字が書いてあります。
 ところで、それらには「2012」とあるしアニメ『ゆるゆり』2期は2012年なので、奥付にある初出は実は2012年の誤りでしょうか(上記(注))?

 そんな風に、四人の女の子を追うイラスト群は裏表紙の煽りの通り、捲ってみると「えっ」みたいなことが多く、最後のイラストは漫画のコマのようで、捲ると漫画形式で話が続いています。
 そして、「戦慄の」結末。

 最後には、真っ黒な見開きページの左の真ん中辺りに、潰れそうな字で「HAPPY END」とあります。
 まさに戦慄。

 ちなみに裏表紙には上記の煽りの他に、こんな文句も書いてあります。

勝手に夢見といて、裏切られたとか言わないでよね。


 以前、同じ作者さんの、『ゆりゆり』について「やや「ゆる」くない」と表現しましたが、今回のは全く「ゆる」くありません(笑)。

 このページ数でこの値段、という感じがしそうなくらい「薄い」ですが、内容の「濃さ」を考えるとこんなもんだよねー、という一冊でした。

tag : なもり

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中