FC2ブログ

ラノベ: 『エロマンガ先生 妹と開かずの間』感想

 先頃完結した通称『俺妹』のコンビが、またまた妹もので新作を発表です。
エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)
(2013/12/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

 主人公の和泉正宗は、「和泉マサムネ」のペンネームでラノベ作家をしている高校生です。
 彼には偽妹……じゃなく義妹がいるのですが、その狭霧がなんと、担当イラストレーターの「エロマンガ先生」だったのでした!
 何やら、この名前はえろい漫画ではなく島の名前らしいのですが(笑)。

 正宗と狭霧は、一年くらい前に両親の再婚で兄妹になりましたが、その後狭霧は引き籠もっていて正宗は合うこともできません。
 彼らは二人暮らしなのですが、何やら事情があるようです。というかぶっちゃけてしまうと、「母さん」の遺品という表現が出てくるので、正宗の父の再婚相手、つまり狭霧の母はすでに亡くなっているのでしょう。多分。実の母のことは「お袋」と呼んでいたようにどこかに書いてあった気がしますし。

 そんな正宗、というかマサムネがとある事情でネットでエロマンガ先生のネットの生動画配信を見てみたら……顔も隠しているし声も変えているのですが、その背後に、彼が狭霧のために作った夕食が! しかも、配信を終えたつもりのエロマンガ先生がが切り忘れて画面の外で着替えなんぞ始めてしまい(笑)。
 これまで長いこと顔を見ることもできなかった狭霧の部屋に突進した正宗が、ドアの外で騒いでなんとか悲劇を食い止めます。

 この事件で、正宗が和泉マサムネであり狭霧がエロマンガ先生であることを互いに知ることになったのでした。

 その後色々あるのですが、この一巻(数字付いてないですけど明らかにシリーズものですよね(笑))の主題は、中盤で登場する人気ラノベ作家山田エルフとの決闘でしょう。
 あるときマサムネが担当編集に会いに行くと、他社のレーベルで書いているエルフがその当人、彼の担当編集にまとわりついていました。
 エルフはかなりの自信家で強引なタイプで、エロマンガ先生にイラストを描いて欲しいので話を付けろというのです。

 まあ編集もそんなのいちいち相手にしていられないしで、エルフの担当に苦情を入れるぞという究極の脅し(笑)で追い払います。

 ……ところで、ここまで狭霧、正宗の行き付けの本屋の店員でクラスメイトの智恵、狭霧のクラスメイトのめぐみ、担当の神楽坂さんと、……印象に残る登場人物に男が一人もいねぇ(笑)。しかも担当以外は全部中高生相当の年齢。

 まあそれはともかく、そこでマサムネはエルフと知り合うことになるのですが、なんとエルフは彼の家の隣に引っ越してきていました。それでまたひと悶着あり、結局、エロマンガ先生の取り合いってことで、互いに新作を書いて本人に決めてもらおうと言うことになりました。

 マサムネもエルフも、エロマンガ先生の絵を「えろい」と評価しているのは共通しているのですが、特にエルフの全裸に対する執着は異常(笑)。

「そう! 全裸こそ、神が人に与えたもっとも自然な衣服! 全裸以上に素敵な服装などありはしないのよ!」

などと宣う始末。ちなみに、それで読者も大喜びと言うエルフに対するマサムネの反応は、

「その考え方は好きじゃねーな。つーか、はだかなんてある意味一番ドキドキしない服装だろ。ぱんつ丸出しがパンチラよりもえろくないのと同じ理由でさあ」

という感じでした。まあそうですよねぇ。

 実はこれに限らず、この二人は結構対立します。その中でも興味深いのが、小説の執筆に対する姿勢について。
 こういう関係になるので、互いの仕事の仕方についても知ることになります。マサムネはかなりの速筆、多産なのですが、

「やる気はカンケーねーだろ。仕事ってのは毎日休まずするもんだ」

という彼の一言に、エルフがキレます。

「やる気がないのに原稿を書くなぁああぁぁぁぁあぁあぁぁぁっ!」

と。そして、

「やる気がないときに書いた文章が面白いわけがないでしょうが! なんでそんなこともわからないのよ! バカなの?」

「わたしは趣味でプロの作家をやってるの」

などと言うのです。というわけでマサムネは、

「こっちは仕事でやってるんだよ。遊びでやってるやつなんかに、負けてたまるか」

と吐き捨てて退去します。

 ところで、エルフはここで説明していませんが、ちょっと彼女の考え方を分析してみましょう。
 執筆をするという作業について、(1) それをどう感じているか、(2) それが自分にとってどれだけの重みがあるか/どう向き合っているか、(3) そして他者との関係でどう行動するか、の三つを考えてみます。
 (2) については、後にエルフがマサムネを、自分が仕事をしているところを見せると言って呼び出すのですが、そこで彼女は料理をしています。その腕前は、マサムネを感嘆させるほどのものですが、料理をするヒロインを描くならエルフは料理くらいするのです。
 (3) については、マサムネが文句を言うくらいだらだらしていたエルフですが、これまでに、本当にそれを破れば本が出せないという限界の締め切りを守らなかったことはありません。……いやあまり誉められた話ではないですが(笑)。
 そして、(1) については、前に引用した通りです。人を楽しませるものを作ろうというときに、自分が楽しめていなくて何ができるのか。

 まあともあれ、マサムネは今回、これまでと執筆スタイルを一変させました。別にエルフの言ったことを受け入れたわけではありません。しかしそれについてはずっと考えていて、狭霧と話しているときに決心するのです。
 彼曰く、「常時やる気MAXファイヤーで、超楽しく仕事をして、めちゃくちゃ面白い小説を書き上げる秘策」。それは、

「妹をヒロインにする!」

というものでした(笑)。

 これまでのところで、そういう部分での「正解」は登場しません。
 しかし、エルフはまだ狭霧がエロマンガ先生だと知らない頃、遠くから彼女が絵を描いているところを見て、「楽しそう」「ああじゃなきゃね」と言いました。そして、

「すてきな絵ができるってことよ」

とも。
 また、狭霧、というかエロマンガ先生も、「生で見たことないものは描きたくない!」と言っています。
 マサムネがどこにたどり着くかはわかりませんが、それぞれのスタイルはあれど、エルフとエロマンガ先生の仕事の仕方には、何か共通するものがあるようです。

 勿論、このとき正宗が、狭霧がどのように絵を描いているのかを想像してしまうのはお約束(笑)。

 ともあれ、結局はマサムネとエルフの戦いは、まず小説ができあがったところで互いに見せ合ったのですが、エルフがギブアップしました。
 彼女曰く、「対戦ゲームで戦おうとしていたのに、いきなり金属バットでぶん殴られたような気分よ!」だそうで。
 ま、そりゃそうですね。マサムネの物語は、高校生の主人公が血のつながらない妹に一目惚れするところから始まる(笑)のですから。
 お陰で狭霧がエロマンガ先生であることもエルフは見抜いてしまいますし。

「と・に・か・く! この商品としては問題外のクソ原稿を読んで感情を揺さぶられるのは、世界中で、わたしと、あんたの妹──エロマンガ先生だけよ!」


 ところで、この話は色々とむずかしいですね。
 上記の「仕事」については勿論、エルフがマサムネに自分が負けたのであってマサムネが勝ったのではないと言ったことも、エルフがマサムネの原稿で感情を揺さぶられる二人の人物に自身を入れたことも。
 勿論、勝ち負けについては例えばマサムネの条件が有利というのがあるし、感情を揺さぶられるという件には「神眼」があるのかも知れません。
 でも、多分それとは違う意味が込められているものと思います。ここで挙げるほど自信持っては言えませんが。
 ただ、仕事というものの考え方については、これからマサムネが探していくのだろうしやがて見つけるのだろうな、と思います。

 また、マサムネ、エロマンガ先生、そしてエルフの関係も、今回はエロマンガ先生の奪い合いでしたが、今後どうなっていくのか。
 他のキャラとの絡みも含め、中々に期待できそうです。楽しみ。

 しかし、この作者さんの描く主人公、一人称でもウソを吐くのは相変わらずですね。他人に対し投げた言葉だけでなく、モノローグですら。
 一人称と、あと上で書いた男が出てこないことで思い付いたのですが、もしこれアニメ化されたら、FPSならぬFPAにしたら面白いかも。昔のエロゲみたいに(笑)。

 あとは、作中に電撃文庫の作品は結構実名で出てきました。『ソードアート・オンライン』とか『とらドラ!』とか。
 しかし、「小さな女の子が大好きすぎて、ついにかわいい小学生をヒロインにした名作小説を書き上げちまったあの人」というのは実名じゃなかったですね(笑)。

tag : 電撃文庫 伏見つかさ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中