FC2ブログ

アニメ: 2013秋アニメ感想 (4)

 今週のアニメ感想(あっさり風味)です。

東京レイヴンズ #03「SHAMAN*CLAN -魂呼[たまよばい]-」
 随分主要っぽいキャラ(北斗)がいきなり死んだ、と思ったら、実は彼女は式神でそれを使役していた人物は生きているらしいぞ一体誰だ、と思ったら、

ravens3_natsume3.png
「初めまして夏目。そのリボン似合ってるぜ」

っておいこら(笑)。
 もしかして、今後も登場したりすることあるんでしょうか? いや作中でその必要があるかどうかはともかく、視聴者的に気になったりならなかったり。……視聴者的にというか、個人的に(笑)。

 本作を含め、今期のアニメは、絵柄がちょっとこれまでの流れ、方向性とちょっと違う感じがします。そういう風に感じたのが、他に『アウトブレイク・カンパニー』とか『勇しぶ(略称)』とか。
 あ、まあ『蒼き鋼のアルペジオ』とかみたいなあからさまに路線違うのは別として。

ゴールデンタイム 第4話「ブラックアウト」
 何だか展開が急過ぎてよくわかりませんが、遂にリンダ先輩の謎の一端が。
goldentime4_linda1.png
 原作何冊か買ってあるんですが、中々手をつけられません。

Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-, ミス・モノクローム -The Animation-, てさぐれ!部活もの
 小品のアニメがなんだか面白い。

WHITE ALBUM2 #4「SOUND OF DESTINY」
 事情はわかりますが、春希がかずさの家に泊まり込んで練習していることを同好会のメンバーにも隠していることが問題のタネなんですよねぇ……(笑)。しかも、肝心の雪菜は気づいてしまうっぽいし。どんどんホワイトアルバムになっていきます。

 それにしても、かずさも雪菜も、
wa24_kazusa1.png

wa24_setsuna1.png
春希を見る目がこうですから……。
 思ったんですけど、こういう絵はちょっと気合い入れて描いている感じがします。他のシーンとは整い方が違う。

 あと、こういう演出も面白い。
wa24_rina1.png
 昔のテレビ番組をVHSか何かに録画したのをデジタル化して動画サイトにアップした風な。映像の下の方が乱れているのがいかにもという感じ。
 ちなみに作中では2007年頃らしいですが。

おまけ:
宇宙戦艦ヤマト2199 最終話「青い星の記憶」
 とあるシーンの、テレビとBDの比較。
<テレビ版>
yamato26_makoto1.png
<BD版>
yamatobd26_makoto1.png
 円盤よりもテレビの方が肌色が多い稀有な例かと(笑)。
 いや、ここおかしいと思ってたんですよね、テレビ見たとき。だって直後に出てきた真琴はちゃんと(ではないですけど)ドレスを着ていたので。あれ短時間で簡単に着けられるんだろうか?と。ただまあ、着てたなら何であんなにこそっと顔出してたのかということにもなりますが。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中