FC2ブログ

アニメ: 2013秋アニメ感想 (3)

 今週のアニメ感想で、先週の(2)は欠番です。

ゴールデンタイム 第3話「ナイトエスケープ」
 予想通り結構面白そうなんですけど、これまた予想通り重たそうな話ですね。今回も何やらいきなり怪しげな宗教団体に取り込まれそうになるし。また、万里の記憶喪失のことが明かされましたし。
 それにしても、あの状況でおまけんの登場とはまた、何と気の抜ける。万里の間違いも、「バーバラ」って誰(笑)。

 でもあの、リンダ先輩こと林田さんも、万里と意外なつながりがあるらしいですね。原作をちょろっと先読みしたところによると。

てさぐれ!部活もの 第3話「移り気」
 こうして見てみると、やっぱり似ていますね、アレに。構成まで。
 でまたこのgdgd感が結構好きです。
 そしてそれもいいんですが、また主題歌がいい(笑)。歌詞とぴったり合った、というかペアで作られたと思われるあのムービーも。

WHITE ALBUM2 #3「軽音楽同好会、再結成」
 遂に出くわしたこの二人。
wa23_encounter1.png
 結局この物語は、雪菜が進めていくことになってるんですよね〜。まあ、ちゃっかりとこんなカットも挿入されていますが。
wa23_kazusa1.png
 つまり、この話はまずもって『WHITE ALBUM』である、ということですね。要するに略奪愛というか何と言うか。前の話では開始時点で付き合っていた二人から話が始まったのですが、『2』では、生れつつある脆い関係に割り込んでくるわけで、さて、どっちがより凶悪か(笑)。

 ともあれ、雪菜は早速動き始めました。

「ここまであのバカを贔屓する人間も珍しい。趣味、悪いね」
「人のこと言えないんじゃないのかなぁ」
「挑発するのもいい加減に──」
「だって、冬馬さん、」

wa23_noise1.png
wa23_setsuna1.pngwa23_kazusa2.png
wa23_setsuna2.png
「うん、やっぱりそうだ」

 やはり雪菜は雪菜です。
 しかし、それ以上のことも早々に認識することになります。
wa23_setsuna3.png
wa23_setsuna4.png
 まあ、再認識かも知れませんが。

 ちなみに、小説版↓
WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 3 (GA文庫)WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 3 (GA文庫)
(2013/10/16)
月島 雅也

商品詳細を見る

の巻末特別企画「原作シナリオライター質問コーナー」に、こんなQ&Aがありました。

Q:雪菜が余計な介入しなけりゃ、かずさと春希はやがて結ばれたんですよね?(千晶派)
A:ないない、あのチキン春希にそんな甲斐性なんかあるもんか。それでこそ僕の見込んだ男なのです。

 ……いや、だからなんだって話ですが、私が以前書いた感想は正しかったな、と(笑)。

のんのんびより 二話「駄菓子屋に行った」
 何と言うか、蛍がこんな萌えキャラだとは思いませんでした。
nonnon2_hotaru1.png
 本人が萌えてる、という意味ですけどね、小鞠先輩に。もう目がイっちゃってます↑よ(笑)。
nonnon2_hotaru2.png
 思いがけないデートで思い切り幸せそうだし。
nonnon2_hotaru3.png
 本当に幸せそうだし。

 それにしても、普通なら「どうして敬語なんですか?」くらい訊きますよね(笑)。

 なんだか、本作は今期の一服の清涼剤というか、いい感じです。とても。こういうのがないと、ゴールデンタイムやWA2などを見るには精神力がもたないかも。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中