FC2ブログ

歌とか: アニメの特攻テーマ曲

 唐突ですが、アニメでキャラが特攻をかけるシーンのテーマソングというかBGMというかを(シーンで数えて)三つほど。
 一応、最近の作品と関係が……あると言えるようなないとも言えないような、という微妙な話ですけど。

○ 「愛のメロディ」〜「ヤマトより愛をこめて」 - 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』より
 ヤマトの乗組員達は、或いは死に、或いは艦長古代進の命により退去。古代と、亡骸となった雪のみが搭乗するヤマトが敵超弩級戦艦に向かっていくシーンのものです。
 流麗でで多幸感に満ちた曲が豪華なクライマックスを迎え、静かな余韻を残しつつ終わったところで、はるか彼方からの閃光とともに悲哀に満ちたピアノイントロ。そのまま1コーラス分はピアノを主体とした演奏に沢田研二の透明な声による「ヤマトより愛をこめて」が流れます。
 そして、その歌が2コーラス目に入ると、「いつの日か」と未来のことを語る歌詞。
 歌が終わると、イントロと同じ旋律のピアノが流れ、フェードアウトしていきます。

 画面には、言葉では何と言おうと死にに行く人。それにまあ、とんでもない音楽を添えたものです。確かに、演出上はそういうシーンになっていますけど。その意味では、つまり演出意図に沿っているという意味では、おかしくないというかちゃんとマッチしています。

○ 「Surgam identidem」〜「Nox Walpurgis」 - 『魔法少女まどか☆マギカ』より
 ほむらがワルプルギスの夜に挑むシーン。猛攻をかけるシーンと、一旦視点がまどかに移ってから、再度今度は配色濃厚で絶望的な劣勢に追い込まれるシーン。
 ほむらは別に、死ぬこともあるかも知れないと覚悟はしているでしょうが、死にに行くわけでもない筈。しかし、相撃ち上等という感じもあり、全てをかけているという意味で、これも挙げてみました。

 この直後にまどかが登場し、ほむらの明らかな劣勢を全部引っくり返してしまいますが、テレビバージョンではBGMなしで、つまり音楽による演出なしで、更に言い換えれば絶望とも希望ともつかない中立的な印象の中でぶっつりと切れ、そして最終話に続きます。
 私としてはこれがベストだと思うんですが、BDバージョンではまるでこれまでの(9話まで。10話はちょっと別)話と同じような方向に向かうかのような印象を与える『Magia』が流れます。
 そして遂に、劇場版では、このシーンのBGMすら置き換えられてしまいました。

 ワルプルギスの夜の登場、そして一見互角であるかのような激しい戦闘、猛攻撃。そこから一転して、虚無が待つ絶望へ。劇場版では、其の流れがまるっきり無視されたような音楽の使い方となってしまっています。これでマイナス50点。
 これは、テレビを録画したデータは消せませんね。

○ 「THANATOS」 - 『新世紀エヴァンゲリオン』より
 上の二つを挙げたのは、ヤマトは『2199』を見たから、まどマギは『[新編]叛逆の物語』の公開が近いから、というわけですけど、これはなんとなく。強いて言えば、『レールガン』のシスターズが何となくエヴァの綾波を想起させるところがある、とでも言っておきましょうか。
 そしてこのあまりに綺麗な曲、「THANATOS」ですが、ギリシア神話のタナトス、死の擬人神。そのタイトルを冠した曲が、綾波による自爆攻撃の時に流れました。……記憶が正しければ。
 いやもう昔のことなんで、はっきりとは憶えてないんですけど。
 でも、まあ使われたシーンのインパクトというのもありますがこの曲には一瞬で魅せられ、死ぬほど暗い曲なのにサントラを買って何度も聴きました。

 まあ実際のところ、暗い曲ってあまり鬱になりませんけど。

 この曲は私以外の人からも評価が高かったのか、その後歌が付いたりしたようですね。劇場で聴きました。あれもう終わり?とか思った記憶が(笑)。
 でも、私は最初のが一番好きです。


 というわけで三曲、じゃないですけど三つのシーンの計五曲を何となく思い出したので挙げてみました。
 見る作品の傾向のせいか、あまり戦闘っぽくないのが多いですね。強いて言えば「Surgam identidem」くらい?
 エヴァなんかは、LDは持ってるんですがもうプレイヤーが動かず、見直すことができないんですよね。どうしようかな。まあ、別にいいか。

 そんなこんなで、唐突に思い出した話なので、オチもなく唐突にここでおしまい(笑)。

tag : アニソン

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中