FC2ブログ

おカネ: The Economistによる日本へのメッセージ:起業のすゝめ

 日経ビジネスオンラインに、The Economistの記事を翻訳したものが載っていました。

日本は起業家に寛容たれ:日経ビジネスオンライン

 「これから、始まる」――。”ホリエモン”こと堀江貴文・元ライブドア社長は、仮釈放から2カ月後にツイッターでそうつぶやいた。同氏は証券取引法違反で2011年に実刑判決を受け、今年3月に仮釈放になった。現在は30以上の新生企業に関係している。中には宇宙旅行を扱うベンチャービジネスもある。そのうちの1つでも大企業へと成長すれば、堀江氏は、一度は転落した日本企業家でも復活を果たすことができると世間に示すことになるだろう。


 ところで、少し前に別のところでもこんな記事を見ました。

日本の起業家:アベノミクスがもたらす希望

「これから、はじまる」。2013年春に刑務所から仮釈放されたライブドアの元社長、堀江貴文氏は、その2カ月後にこうツイートした。堀江氏は現在、宇宙旅行のベンチャーをはじめとする30以上の新興企業にかかわっている。もし1社でも大企業に成長すれば、2011年に証券取引法違反などで有罪判決を受けた堀江氏は、日本でも一度転落した起業家が復活できるという証しになるかもしれない。


 要するに、同じ記事ですね。
 以下、引用は別にどちらでもいいんですが、私が楽な方ってことでNBOからにします。でも、こちらは登録ユーザ以外は2ページ目以降見られない仕様だと思うので……。

 さて、この記事のキモと言える、と私が感じた部分は、ここです。

 銀行が大がかりな債務保証を要求することを安倍首相がやめさせられることができれば、起業の展望は改善するかもしれない。今は多くの人が、起業を夢見たとしても、始める以前に諦めてしまっている。資金を借り入れるため抵当に入れた家を失うリスクがあるからだ。改革によって債務保証が不要になれば、短期的には資金が不足気味になるだろう。銀行は貸し出しに慎重になる。だがビジネススクール「グロービス経営大学院」の創業者である堀義人氏は、「長い目で見れば、この改革が起業に対する日本の姿勢を変えていく可能性がある」と言う。

 実は単純な話で、いつも私が言っていることと同じだから目についただけです(笑)。
 加えて言えば、家を担保にしてカネを借りたとして、返せなくなったときに評価額が下がっていたら、家を失った上にまだ借金が残るわけですが。あと、自己破産のペナルティも日本では相対的に大きいようですし。
 この辺り、アメリカなどは事情が違っていたようですが、最近はあちらの金貸しも苦しいのか、日本とあまり変わらなくなってきたとも聞きます。まあ実情は知りませんが。

 ちょっと前に見た広告に、正確には憶えていませんがこんなのがありました。

「借りたお金は返さなくてもいいんです。
だって質屋ですから」

 一行目を見て、何だそれは、と思いましたが、オチを見てなるほど、と(笑)。これは上手な広告ですね。
 言ってみれば、質屋よりも借りづらいってことでしょうか。
 
 ついでに更に加えて言えば、起業に失敗したことがある人は経験を積んでいるわけですけど、日本では評価されませんよね。失敗したことがあるから。
 これについては、ちょっと違いますがこんな話を思い出しました。

部下「これが新規事業の企画書です」
上司「ほう。これはいいね。で、他社の様子はどう?」
部下「はい、まだどこも手を付けていません」
○ アメリカの場合
→ 上司「ウチが最初か。よし。ならやろう」
○ 日本の場合
→ 上司「じゃあだめだ。前例がない」

 上司と部下に限りませんが、革新的なものを持ってこいと言われてその通りのものを提案したら「実績は?」と言われるなどという話はよく聞きます。

 うーん、これ、記事の話からはちょっとずれてしまいましたか。
 話を戻すと、たまたま目についただけなのでどうかわかりませんが、こうして同じ記事を複数のサイトで見るということは、結構同じように感じている人が多いということなんではないでしょうかね。
 まあ、ただ単にThe Economistが日本について書いた記事だからというだけのことかも知れませんが。

 ともあれ、日本での起業が少ないことについて、日本人はリスクを取りたがらないという指摘もありますが、失敗したら首をくくることになるかも知れないという印象を持たれている、つまり起業は命懸けの行為であるという印象があることも考慮に入れないと、ちょっと不公平ですね。

[追記:2014-01-24]
 カテゴリを変更しました。

コメント

非公開コメント

No title

 前例踏襲主義は今の日本に限った事ではないですけどね。
 「自分のした事が今後の前例になる」、なんて言った後醍醐天皇は
異例中の異例でしょう。

 一説では前例踏襲主義は先祖崇拝型の宗教圏に多いとか。
 日本の幕末期、アジア各国が近代化できなかったのもこれに
原因があるという説もあるし。
 「忠」と「孝」の思想で上と親には逆らえないからとも。
 よく日本は近代化できたものだ。
 幕末の志士達に感謝です。
 

Re: No title

>  前例踏襲主義は今の日本に限った事ではないですけどね。
笑えるのは、新しいものを提案しろと言うくせに他がやってないとダメというところですね。
それなら最初から新規性なんぞ要求しなければいいのに。

>  よく日本は近代化できたものだ。
>  幕末の志士達に感謝です。
その件は結局、尊皇開国という選択肢を人々に受け入れさせた誰かの功績ではないかと。
尊皇攘夷は開国が尊皇に反するという前提のもとに成立するもので、その前提条件がなければ、真に求めるべきはどちらか定まりますからね。
あとは、技術を持った人々でしょう。語られることはあまり多くない気がしますが、私はそのことを重視したいです。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中