FC2ブログ

せいじ: やはり日本と欧州は違う

 こんな記事がありました。

【アメリカを読む】米欧FTAに早くも難題+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
2013.7.7 07:00

 「2国間の貿易協定では史上最大ではないか。どんなほかの協定よりも大きなインパクトをもたらすことだろう」

 主要8カ国(G8)首脳会議が開かれた北アイルランドのロックアーン。6月17日、英国のデービッド・キャメロン首相(46)は記者会見で、米国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)の交渉開始を高らかに宣言した。(略)

 「フランスにとって越えてはならぬ一線だ」

 騒動の発端は自国文化に強いプライドを持つフランスのオレリー・フィリペティ文化相(40)の発言だ。フィリペティ文科相は「巨額投資に支えられる米国の映像・音楽産業と、欧州のそれでは比べものにならない」と資金力に物を言わせるハリウッド映画などを皮肉りながら、テレビや映画、音楽などの文化産業が保護されない限りFTA交渉入りを支持しない方針を明言。EU加盟国のうちドイツなど過半数がフランスに追随した。

【アメリカを読む】米欧FTAに早くも難題+(2/3ページ) - MSN産経ニュース
 これを受け、欧州連合(EU)の欧州議会は5月23日、「文化と音楽・映像分野」を自由化対象から除くことを条件に、FTA交渉開始を容認する決議を可決した。

 さすがヨーロッパ、特にフランスは違います。TPPに関する議論の中で「偉い人」の中からこういう話が全く出て来ない日本とは大違い。
 まあ、日本はものづくり大国であって、文化なんていうものはそれの助けになればいいし邪魔なら排除すべき、という国ですから。

 最近「クール・ジャパン」ではアニメや漫画があまり重視されなくなってきた気がしますが、これは幸いかも知れません。重要度に関しては初めから最低なので、むしろ下手に手を出されるよりもスルーされた方がまだマシかも。

 いずれにしても、記事中で「自国文化に強いプライドを持つ」とされたフランスと日本の行動が大きく違うということは、「自国文化に強いプライドを持つ」という部分が日本には当てはまらないということですね。
 少なくとも、「偉い人」に関して言えば。

tag : TPP

コメント

非公開コメント

No title

  個人的には明治維新が「自国の芸術」に対するプライドを
もてなくなったきっかけだったと思っている。
 敵である上級武士の、徳川の世の作り出した作り出したものは
「すべて排除すべし」そんな考えから舶来礼賛になり今に至っているのかなぁと。

 あるいは、芸術、文化を理解できるほどに日本人は心が成長していないのかも。
 「戦後の焼け野原からの復興」から精神が変わってないのかもと。
 

 

Re: No title

>   個人的には明治維新が「自国の芸術」に対するプライドを
> もてなくなったきっかけだったと思っている。
でもまあ、その後にも何か色々作っていたようですけどね。
ただ、日本人がバカになったのはネクタイのせいではないかというのが密かな持論(笑)。

>  「戦後の焼け野原からの復興」から精神が変わってないのかもと。
個人的には、この時期がポイントかと思っています。まあ、伝え聞く話でそうイメージしているだけですが。
GHQがやったこともあろうし、日本人自身が形のないものなど無力だと捨ててしまったというのもあろうし、戦前世代は捨てさせられたけどまた拾えばいいとたかをくくっていたようですが結局叶わなかったとか。

ただ、
> 芸術、文化を理解できるほどに日本人は心が成長していないのかも。
これは逆ではないかと私は思います。
芸術や文化を「理解」しようとするようになった時点で死んだのではないかと。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中