FC2ブログ

マンガ: 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』5巻 感想

 アニメ化が決定されているとのことですが、さてどんな感じになるんでしょうね〜。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 5 (ドラゴンコミックスエイジ ま 4-1-5)最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 5 (ドラゴンコミックスエイジ ま 4-1-5)
(2013/06/07)
松沢 まり

商品詳細を見る

 5巻では重要そうな新キャラも登場し、色々な展開がありました。つまり、雪那の爺さんの桐谷豪雪です。
 ……個人的には、夕哉の友人の鳥井の妹、萌亜(14歳、中学二年生)の方が重要に感じられてならないんですけどね(笑)。

 話としては、日和がいなくなって美月のTSTも消えてしまったものだからまさか日和が成仏してしまったのか、というところから、実は日和らしいおちゃらけた理由でどっかに行っていたのが帰ってきた、というのが前の巻からの続き話の結末。
 ですが、やっぱり家出は家出、それなりの心のすれ違いはあり、最後には雨降って地固まるという結果になりました。
 といった展開の中で、メタルっぽくグレードアップした「エグいパンツ」を穿いた美月も見られました(笑)。

 そして、さらに何か裏があるのかも、と感じられるのが本作なんですよね。美月、まだ何か隠していないか。まあ、ないかも知れませんが。

 続く話では、雪那を交え、美月と日和の三人の関わりがずっと深まっていきます。その過程で登場するのが前述の豪雪で、彼は、実は日和が見えていた雪那よりももっと色々わかる人で、神主とかもやっています。
 こういう力を持つ人って、やっぱり後の展開でそれなりの視点を提供してくれることになるものですよね。

 ところで、5巻のポイントと言えばやっぱりアレですよね。
 って、これまで書いたことは単なるおまけか、という(笑)。

 つまり、アレってのは何かというと、美月が夕哉を何と呼ぶかという話。というか、そのときの様子です。

 さて、ちょっと1巻を振り返ってみます。TSTのハートゲージはどういうものかというと、日和の「恋の「満足度」を示している」とのことですが、その説明のちょっと前に美月が美月の状態で妖しい(笑)気分になったとき、日和は「私が体感しなきゃ意味がない」と言っています。
 つまり、日和の恋の満足度の目安のためのものではありますが、直接的には装着者の満足度を示しているし、それでもパワーはたまるということですね。

 で、5巻ではどういうときに美月自身がハートゲージにパワーをためたかというと……。

夕哉を「お兄ちゃん」と呼ぼうとしたとき(笑)。

 p56辺りとか、p125辺りとかですね。
 ここでもう一回1巻の日和の表現を借りてみます。

「つまり お兄ちゃんといっぱいHなことしないと 一生脱げないのだ──


 そんなハートゲージに、夕哉を「お兄ちゃん」と呼ぼうとするだけでパワーがたまる美月って、一体……(笑)?

 という感じで、5巻から6巻への「引き」は、実は日和の成仏には相思相愛度が必要、つまり夕哉の方のラブラブ度も必要だというところで、さて!というところでした。

 最後に、一応これまで触れなかったのですが……。
 股間に装着するTST、そしてハートゲージにたまったパワーの表現は中に液体がたまったかのような見掛け。

 その……ねぇ(笑)?

tag : ドラゴンコミックスエイジ 松沢まり

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中