FC2ブログ

独り言: 警察は何のスペシャリストか

 本当はこの件はスルーしようと思っていたのですが、何となく。

日本の警察当局は、サイバー犯罪の捜査で糸口をつかめないことを懸念して、発信元の特定を困難にする匿名化システム「Tor」の利用をブロックするよう、インターネット接続事業者(ISP)各社に要請する構えだ。

警察庁はほかに、「ハッカーたちとの関係構築と必要な情報収集活動」のため、職員たちに「ハッカーコミュニティーとの交流」を促すことを決めている。


 警察はそもそも何のために存在するのか。それを突き詰めると色々あるのでしょうが、それら理由の中に犯罪捜査があることは間違いないでしょう。
 そして、犯罪は人が起こすものであり、犯罪に対処するのならば人については熟知している、筈、です。ITや何かについてはド素人であっても。

 ならば、この行動は一体???
 例えば、
  • (a) 警察は善だ。ITは悪だ。悪は滅ぼせ!
    • (a') そう思ってるけど表面上は仲よくしておく。
  • (b) 我々は無力だったし間違っていたところもある。反省の上でこれこれこういう風にきっちりけじめを付けたから、今後は協力して欲しい。
とかならわかります。しかし、「俺はお前の敵だ。だから仲よくしようぜ」と言われてそうですねとオトモダチになる人が一体どれだけいるんでしょうか。ここ数年のルール違反というか筋の通らない行動を糺すという宣言もなく、ということはいつ後ろから撃たれるかわからない相手と?
 背中にナイフを隠しながらというのならともかく、また、ナイフを突きつけながらの脅迫というのならともかく、無造作に見せながら「とらすとみ〜」とは?

 それとも、現役の技術者だったら、スーパーハカーだったら、これは正しい誘い方なんでしょうか?

 コンピュータを相手にして醜態を晒すのならある意味仕方ないという風にも言えると思うんですが、相手は「人」ですからね。それでこういうことをしているってのは、実に実に不可解。冒頭に書いたように、警察は「人」を相手にすることについては専門家である筈なのに。
 はて?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中