FC2ブログ

艶漫画: 『えーぶいカントク Take.1』 感想

 バージンの女子大生がAVの監督!? (帯の煽りより)
えーぶいカントク 1 (ビッグ コミックス)えーぶいカントク 1 (ビッグ コミックス)
(2013/01/30)
森見 明日

商品詳細を見る

 まずはカバーを取って見てみるというのが、こういう作品を読むときの作法ですね(笑)。

 内容を簡潔に紹介するには、裏表紙に書いてある紹介文を引用するのがいいでしょう(改行は一部省略)。

フツー女の子妄想、のぞいてみませんか

赤城郁乃は小説家志望の女子大生。
従姉妹の人気AV女優、宮里碧の興したアダルトビデオソフト制作会社でアルバイト中。
密かにつけていた、「妄想日記」を碧に見つかり、AVの脚本・監督をまかされることに!

注) 裏表紙では郁乃の名字が「赤木」となっていますが、本文では「赤城」です。

 AVの制作会社でアルバイトしてる時点でフツーの女の子と言えるかどうかビミョーですが、しかし、編集員兼カメラマンの[しげる]に片想い中という辺りを考えると、まあいっかー。
 現場ではドジっ娘だったりお菓子作りで和ませ担当で、それも込みにすればいいし。

 で、アルバイト中にもしょっちゅう妄想に走ってしまったりする郁乃。碧の指示で監督なんぞやることになり、前戯やってる段階で卒倒してしまったりするのですが。
 自分の妄想が元になっている脚本の通りに目の前で女優がエロいことをする、という羞恥プレイが炸裂(笑)。
 実は初監督作品の主演女優の水酒レモンが、過去にちょっとイヤなことがあって女性監督が嫌いなんですが、それでちょっとレモンがわざとやってるというのもあります。しかし、郁乃の脚本のせいかそんな羞恥プレイに悶える郁乃を意識しながら演じているせいか、マジイキしてしまうレモン。
 こういうのって、結構エロい展開ですよねぇ(笑)。

 この後も、その片想いのイケメン編集員兼カメラマンである蒼と一緒にAVを編集するという羞恥プレイがあったり、郁乃も大変です。

 実際に行為に及んでいるシーンはそう多くないのですが、郁乃の妄想が随所に挿入されているので、中々にいい感じです(何が(笑)?)。
 また、郁乃による結構意外なアイデアが出てきたり、AVについてのちょっと真面目な話もあったりで、展開も結構面白い。そういえば、途中に幾つか、AV女優の宮村恋さんへの取材の様子などが入っています。

 というわけで、エロとストーリーの両面から楽しめる……作品なんですが、蒼との関係がちょっとアレだなぁ(笑)。

tag : ビッグコミックス 森見明日

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中