FC2ブログ

独り言: いわゆるPC遠隔操作事件で罪を重ねる警察

 先日のエントリでこの事件について触れたとき、私はこう書き出しました。

 一般に「PC遠隔操作事件」として知られる冤罪事件ですが、ウイルスを作ったと見られる人物に逮捕状が出たそうで。いや、これから出るのかな。まあいいや。

 そのときに私は気づくべきだったんですね

 特に根拠はないのですが、今回の彼はウイルスを作った人物だろうと思っています。上記のエントリの表現を使えば、「警察の得意分野、つまり実体の世界にあちらからわざわざ歩み寄ってきてくれた」わけで、そうであればさすがの警察もこれまでのようなバカな失敗をしていることはなかろう、と。
 まあ、近年は過去の冤罪事件が、それも警察の得意としているはずの分野で次々と発覚しているので、それだけで信用できるかというのもありますが。

 まあそれはそれとして、冒頭で述べたのはこの件です。
 自分であのように書いておきながら気づかないのもアレですが、警察が実際に動く2〜3時間前には既に、かなり詳しいところまで報道されていたわけですね。それどころか、前日のニュースでこの人物の映像が出ていたという話も?
 当然のことながら、その逮捕のターゲットも知ることができたわけで、実際に知っていた可能性もあります。とすると、これも当然のことながら、関連するデータ、つまりは証拠を潰しておく時間もあった可能性があります。

 とするとまたまた当然のことながら、これは「逮捕したけど証拠隠滅された」ということにするための事前リークじゃないかなどという、まああまりありそうもないですがそんな非難も出ています。
 さすがに、それは容疑者じゃなく警察が悪いということになるに決まっているので、そこまでバカらしい自演はしないと思いますけど。

 しかし。
 そう意図してやったということはないにしても、つまり故意ではなくとも過失はあったということは確実です。なんせ、新聞やテレビの報道という「物証」があるようですから。
 これは、前のエントリで言うところの「膿出し」をしたとしても、そこには別の新たな犯罪が発生していますね。とは言うものの、過去も結構こういうことあったように記憶していますけど。

 というわけで、まるで溶けかけている泥舟のように犯罪を重ねる警察の、明日はどっちだ?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中