FC2ブログ

独り言: いわゆる「PC遠隔操作事件」の相転移とその核についての雑感

 昨日の続き。

 昨日はこの件について、警察もそんな暇があったらもっと云々という話をしました。
 でもまあ、警察がついつられて動いてしまうのもわからなくもありません。なぜなら、年明けと同時にこの事件はヴァーチャルからリアルへ、つまり彼らの領分へわざわざ引っ越してきてくれたからです。

 この相転移を引き起こした核、つまり彼らが「真犯人」と呼ぶ人物については、私は当初からどうにも色々つかみかねています。
 ウイルスの作りからは、そう高度な技術や細部にまで目を届かせる精緻さは感じられません。結構てきとーな感じがします。メールの文章からも同じような印象を受けます。

 しかしながら、ウイルス作成キットのようなものを使わない手作りであることで、ウイルスチェックソフトに引っ掛かりにくくなるのは推測される得ることで、ではそれを意図してそうしたのか。
 こういった指摘は以前にもしたのですが、既存のものを利用するときは利用する、作るべき所は作る、そういった、力の抜きどころを押さえつつ成果をあげる実務者的なセンスも感じます。

 ウイルスが見つかったことについて、あれはわざと残したのだと言ったのを見たとき、本当かなぁ?実は後付けの理由じゃない?とか思いました。
 また、画像のメタデータを改竄したときも、実際にはそのやり方が間違っていた可能性が高いと思われます。
 これらは、見せかけなのか、それとも本当にポカなのか。今回渡された記憶媒体で伝えられたという動機も、本当のものなのか警察による冤罪を見て後から付けたのか。動機については、個人的にこんなんだったらなーと思ったことは以前「立法・行政の動きに対する反発の可能性の方が、個人的にはしっくり来ます」とか書きましたが。
[追記:2013-01-11]
 こんな報道が。
The Japanese cat that holds the clues to an internet prankster | Fruzsina Eordogh | Comment is free | guardian.co.uk

No motive for this hacker has surfaced yet, but the possibility that this is a big protest against the country's new anti-piracy law – a measure that went into effect in October 2012 that means offenders can be imprisoned for up to two years – can't be ruled out.

(意訳:動機はまだわかんないけど、著作権法の改正(去年10月施行)に対する抗議って可能性も除外できないよね)
[追記終わり]

 まあ、私としてはその辺りちょっと興味がありますが、でもやはりそれは個人の興味に過ぎないわけで。
 そんな理由で、こんな事件のために重要案件をほったらかして税金を無駄遣いするという二重の罪を犯せとは言えませんねぇ。

[追記:2013-01-11]
 ところで、あまりにも基本的なことなんで逆に気づきませんでしたが、まさか警察のヒトたち、猫が持っていたメモリカードをふつーにパソコンに差したなんてことはないでしょうね(笑)。
 実は記録されている内容はこの間のメールの文章部分みたいなもので、Windowsのautorunで何かに感染させる目的があったとかなんて可能性は?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中