FC2ブログ

ポルノ: 『野外Hの教科書』感想

 タイトルが『野外Hの教科書』で読み物っぽいのですが、私の受け止め方の関係で、カテゴリは「読んだ」ではなく「ポルノ」としました。
野外Hの教科書 (SANWA MOOK ライト・マニアック・テキストシリーズ 1)野外Hの教科書 (SANWA MOOK ライト・マニアック・テキストシリーズ 1)
(2012/11/20)
不明

商品詳細を見る

 買ってもうしばらく経ちますが、暮れに片付けをしていたときについ読んでしまったという(笑)。

 タイトルの通りの内容なんですが、強いて言えば、扱っている野外での「H」とは必ずしもセックスではなく、というかそれはむしろ少なくて、野外でHなことをする、むしろ羞恥系のプレイですね。露出も一部にあり。

 内容は、
  • 第I章 日常生活の中の野外エッチ
  • 第II章 野外エッチデート
  • 第III章 旅先で愉しむ野外エッチ
となっています。
 それぞれにいくつかのシーンがあって、イラスト付きの物語とコメントがあります。
 そういう感じなので、冒頭に書いたようなカテゴリにしたのでした。

 登場人物として二組のカップルが出てくるんですが、それぞれまあ独立ですね。
 イラストが好みであるせいかも知れませんが、カップルAの藤沢ユナ(19歳)がいい! 可愛いだけでなく表情も素敵。相手のナオヤにいつも恥ずかしいことをさせられ、泣きそうになりながらも感じているという様子が(笑)。

 例えばp053、深夜残業のオフィスのシチュで、ナオヤが机で仕事をしているところに警備員が来ているんですが、机の下には全裸のユナが!とか。
 例えばp113、二人で温泉に行くんですが、他の人もいる混浴の温泉に一緒に入る!とか。
 例えばp121、リゾート地、木々や草むらに囲まれた狭い遊歩道での全裸リード付き首輪散歩!とか。

 「教科書」なのに全然そういう読み方してませんが、いい感じの本です。

tag : ライト・マニアック・テキストシリーズ

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中