FC2ブログ

独り言: 犯罪報道における「アニメファン」と「在日」の逆の意味での類似

 オタクからもネトウヨからも文句が来そうな話ですが、例の朝霞市の少女失踪〜保護の報道に、またまた例によってアニメと絡めたものがあった件について。なんだよ「女子高生アニメ」って表現。

 これはちょっと前までの話ですが、何かの犯罪の容疑者が逮捕されたとき、その素姓に関する報道が妙に不自然である場合、よく在日朝鮮/韓国人だったりしました。最近は(一部メディアを除いて)偽名ではなく本名と国籍を報じることが増えてきましたが。
 冒頭に述べた事件を含む様々な類似した事件で殊更にアニメを絡めた報道がされることが多いわけですが、それが例えば、容疑者の趣味がテニスとかだったりすると、そんな好青年が何故?という論調になったり、そもそも報じられなかったりするわけです。

 この二つって、何か似ていますよね。
 一つは、メディアによる何らかの意図が見えること。そして、人によっては逆、私の場合はいずれでも同じ立場なんですが、在日、あるいはスポーツマンが報道で何か「配慮」をされているように感じること。
 つまり、日本人(と半島以外の外国人)、あるいはアニメファンが殊更に貶められているという感じがすることです。

 どうでもいいことですが、健全なる精神は健全なる肉体に宿るとか言いますけど、それを以て健全なる肉体には健全なる精神が宿ると言えるとでも思ってるんですかね。いやこれ結構本気なんですけど、仮に前者が正しいとした場合、論理的に後者が導かれると思ってる人って結構いそうな気がしてならないんですよ。
 たまたま今日(2016-03-30)の日経新聞朝刊33面に、最近AIの研究なんかでよく名前を見る新井紀子氏のコラムがありましたが、読解力の低下が懸念されるみたいなことが指摘されていました。
 でもそれ、最近のことなんでしょうか。国語の授業とかで、論理的な文章・思考を学ぶ機会って、実は少ないんじゃないかと思ったりします。だから、以前文系学部「廃止」騒動があったとき、理系を優先するよりも文系に論理を教えろと言ったわけです。そもそもあれを「廃止」と受け止める辺りからして。

 更に脱線するならば、読解力を身に付けるには文章に構造があることを学ぶ必要があるし、ならばそのコラム中で批判しているプログラミングでもいいし、全く逆に漢文を使ってバラバラになった言葉の係り受けを意識させるのでもいいし、そういう工夫は必要なんじゃないでしょうか。

 そんなことを言いながらそれ自体が構造的に脱線なので話を元に戻しますが。
 今の報道の「アニメ」の使い方、ちょっと前までの「在日」と同じ(逆ですけど)ような効力があると思うんですよね。つまり、「疑心暗鬼」。不自然に擁護されている対象や、それをしているメディア自身に対するものです。日本人や他の外国人だったら(それが報道として正当かどうかはともかく)逮捕時点で実名がでかでかと報道されてしまうのに。あるいは、好ましい(と彼等が思っている)趣味を持っていればむしろ擁護されるのに、どうして?と。

 人ははっきり見えている悪いことよりもわからないことの方を恐れるものですが、妙な「配慮」が疑心暗鬼を、つまり猜疑心を呼び起こすものであるということをメディアは考えるべきだと思います。
 ……思いますが、それをわかった上でわざとやっているんだろうな、などという猜疑心を抱いてしまうのはメディアの意図に嵌っているのでしょうか?

アニメ: 冴えカノはやっぱり加藤 (2)

 この間の続報。

AnimeJapan 2016:ソニー、アニメ「冴えカノ」の加藤恵をリアル再現 4K映像でおしゃべり - ITmedia ニュース

 アニメ「冴えない彼女の育てかた」のヒロイン・加藤恵と会話を楽しめる「加藤恵Project」をソニーが企画し、「AnimeJapan 2016」(3月26~27日、東京ビッグサイト)に出展した。「加藤恵と過ごす日常の研究」と題し、4Kテレビ内のキャラクターが日常生活をサポートする実験展示となっている。


 うーん、やっぱり音も動きもないとなんだかわからない。

「大好きだよ」と話しかけると……
「あ、わたしのルート入ったんだ? となるとこっちもいいリアクション
を返さないといけないんだよね〜。」

って、どういうリアクション返したんだろうか。……とかいうのはシナリオの話だけど、問題は表情とかですよね。
 でも、以前もちょっと紹介したLive2Dも使われているらしいし。
 ただ、紹介記事にある範囲では立ち姿が変ってないんですけど。

 あと、どっかで見た別の記事では、その「見せ方」とかも実に様々な技術が使われているらしいようなことが書いてありました。

 ともあれ、やっぱり加藤はいいぞ(笑)。

 ところでこの記事のアップの(拡大した)イラスト見てやっぱり思ったんですけど、私がいいと思う絵って首が細めなんですよね。

独り言: 「秋葉原」は児童犯罪の象徴???

 例の……何て呼ぶのが一般的なのか、埼玉朝霞市の女子中学生失踪〜発見に至った事件。
 当初は「秋葉原」という地名が前面に押し出され、日経新聞なんかは記事本文の出だしがそれになってましたっけ(2016-03-28 朝刊)。
 ところが、情報が増えてくるに従い、容疑者の人間像に関する証言が変化し、相対的に減ったのかそれとも何か別の理由があるのか「秋葉原」という単語があまり聞かれなくなりました。しかも、どんどん謎情報が増えてきています。

 この事件、まーたまた例によってそっち方面に話を持っていこうとしたら、何だか様子が違ってて困ってる、みたいな警察やメディアの当惑が感じられるのは、気のせいとか被害妄想でしょうかねぇ?

独り言: 6年経って、7年目に入ろうとしているところ?

 よく「X年ぶり」とかいう表現が使われますが、これいつも数え方がわからないんですよね。

 いやそんな話は関係ないわけですけど(笑)。
 それにしても、昨年の誤検知ブロック以来大きく様変わりした感じのある当ブログ。ですが、必ずしもそのせいで変ったというわけでもありません。それも全く関係ないわけでもないんですが。
 まず、昨年暮辺りから、ハードからソフト、サービスに至るまで、また公私問わずIT系のトラブルが多くて。年明けにもいきなりどかんと来たと思えば、3月も大変でした。独立して起きている話なのでそれぞれに関係はない筈なんですけど、今思えばブログのブロックもその一つだったかな、というようにも感じられます。
 その副産物として変なサイトが一つできちゃいましたけど(笑)。その名も「水響風.onion」。

 とにかくそんなこんなで、日曜にユ○ケルでドーピングするようなことが続き、時事ネタもなんだかタイミングが遅れがち。先日のけいおんの話なんかは、期を逸してしまったものを、そういえばそろそろ始まる頃?と引っ張り出してきたものだったり。
 小山田いくさんの話なんかは比較的早く書けましたが、ネタも限られてましたし、昔の本も捜せてなかったし。

 また、このブログの主要コンテンツだったアニメ感想が……あれ?そうだっけ? じゃあ何のためにアダルトに……?
 いやまあそれはいいとして(笑)、アニメの感想を週一くらいで書いてたわけですが、どうも今期のは乗れなくて。振り返ってみると、むしろ昔のアニメの再放送の話とかしてますね。ラブライブとか上記のけいおんとか。

 それからちょっと視野を拡げてみると、まあブログ始めた頃も既にそうでしたけど、昨年秋頃から表現に関する変な動きが活発化していますね。
 そういえば今日、自民党がどうこうという話をしましたけど、その「変な動き」が今のところあまりうまく行っていないのは、そういうところにも理由がありそうな気がします。
 どういうことかというと、右と左とか、保守と革新とか、そういう構造がねじれていて海外から見るとよくわからなくて、味方を間違えてるとかありそうな気が。

 まあそういう話はおいといて、そんなこんなで、というかなんだかんだで一応続いているここ『水響風』。
 さて、これからどうしようかなぁ。

せいじ: 「巫女のくせに」だってwww

 まあ、議員の人間性なんぞについて今更言ってもしょうがないのでおいとくとしましょう。
 また、巫女さんは保守寄りの考え方をするという前提があるようですが、それもここでは正しいということにしときましょう。

 でも、自民の議員が自分達を保守政党だと思ってるなんて、ネトウヨ(自称)の私としては笑っちゃうのですがwww

 だって、ねぇ。
 その総裁が、グローバリストでマネタリストで、TPPなんかに突き進んでいて。
 それに、少子化対策で大量移民とか言っている政党だし? いや、別に党としてそういう政策を決めて推し進めているわけでもないんですけど。
 保守陣営が、この革新政党をなんで支持すると(笑)?

 それにしても、移民。
 これ、どう考えても逆効果だと思うんですけどね。だって、賃金の下落圧力でしょ。労働力のダンピングのようなものだから。しかも、カネを受け取っても国内でどんだけ使うかもよくわからないし。
 高度なんちゃら人材とか、上級国民みたいな人だけ受け入れるようなことも言ってるようですが、そんな、人しか資源がないとかいいながら人にカネを出さない国に、一体どんな高度人材が来るって言うんでしょう?

 そして、賃金が減ればまたどんどん少子化が進む、と。
 いやまあ正直なところを言うと、私個人としては少子化の本当の理由はそこにはないと思っているんですが、それ言うと社会的に抹殺されそうだし(笑)。
 でも本当の理由はこの場合どうでもよくて、経済的な理由で進んでいると考えている(らしい)くせにその逆を行こうとするというばからしさが笑えるという話。

 ちょっと話が逸れましたが、こんな、世界中で移民が問題になっているこの時期に周回遅れで何を言っているのかと突っ込みたくなるような政党が、自称保守www
 どうしていつもいつもいつも、海外の施策をダメになってから考えもせずに持ってこようとするんですかね。「考えたら負け」とでも思ってるんでしょうか。
 そういえば、「拙速」というのは本来はいい意味で使われる言葉だそうですし?

マンガ: おや、もういく?

 最初は「小山田いく、逝く」みたいなタイトルを考えたのですが既にこのネタ氾濫してそうな気がして、でもそう思うといくら考えてもカブりそうな気がして。
 結局、二つ目に考えたネタに落ち着きました。独自性なんて追求してたら本文にすら書きたいこと書けなくなっちゃいますし。ちなみに元ネタは、もうどこで読んだかも憶えてませんが、本人によるネタ「おや、まだいく?」から。

漫画家・小山田いくさん亡くなる 代表作に出身地・長野県小諸市を舞台にした「すくらっぷ・ブック」など - ねとらぼ

 「すくらっぷ・ブック」などの作品で知られる漫画家の小山田いくさんが亡くなっていたことが明らかとなった。実弟にあたる漫画家の田上喜久さんがTwitterで「小山田いく先生。お亡くなりになりました お疲れ様でした」と小山田さんの死を悼むツイートをしている。


 この人の作品はとても好きだったのですが、ではどういうところが好きだったのかということを考えてみたら、氏の『すくらっぷ・ブック』について最初に思い出したシーンにそのことがよく表れているなーと思いました。
 それは、晴ボンとイチノが口論をしているところ。その地方では七夕を8月に祭ることについて、晴ボンは、8月の方が旧暦の七夕に近いからその方がいいと主張し、イチノは、梅雨も明けきらない7月よりも8月の方が星が見えやすいからいいと主張。
 つまり、どちらも8月にやること自体は賛成なわけで(笑)。

 これが象徴しているのは、氏の作品には理系的な感性と文系的な感性が同居し、渾然一体となっていたということです。今思うと私は、そういう感性が好きだったのだな、と。
 拡がる夜空に瞬く星に大宇宙のロマンを感じつつ、でも宇宙に飛び出していったりはせずに地に足をつけて見ている、というような感じでしょうか。

 そういうバランス感覚が見えるところがもうひとつ『すくらっぷ・ブック』にありました。晴ボンが付き合っていた相手が、どうにも似合わない感じのするマッキーだったことです。並べるとはるまき(笑)。合いそうという意味ではカナの方が明らかに似合っていたのですが。
 ちなみに、私はカナ派だったのですが、彼女に関連するとっても好きなエピソードがあった筈なのにさっぱり思い出せません(笑)。あの辺にある筈なので週末にでも発掘して読もうかな……。
 まあ、カナ派とは言っても私の好みというだけで、晴ボンがマッキーと付き合うようになったことはなるほどという感じでしたけど。

 なんだか『すくらっぷ・ブック』の話ばかりになりましたが、やっぱりあれが私は一番好きでしたから。絵柄や作品自体の雰囲気の、ふわっとした感じ、なのにしっとりとした感じとか。
 まあでも、さすがにもう色々忘れているし、実はここまでに書いたことにも記憶違いとかあったりして?

アニメ: NHKでラブライブ!、そしてけいおん!

 NHK Eテレでのアニメ『ラブライブ!』に続いてBSで『けいおん!』が再放送される……らしいんですがオフィシャルサイト見てもどこに告知があるのかよくわかりませんでした。
 ですがまあ、それ事実という前提で続けます(笑)。

 ラブライブは、二期もやってくれると嬉しいなと思いはしますがまあ一期だけでもなんとか……という感じです。でもけいおんは、二期、そして劇場版も是非やって欲しいと思います。いや実際にそうらしいんですが。
 何故か。

 ラブライブについては以前、Eテレ、即ち旧「教育テレビ」で放送するのに意外とふさわしい作品かもしれないという話をしました。簡単に言えば、自分達の学校の危機に立ち上がる主人公が仲間を募り仲間と協力して見事乗り切るという辺りのことです。
 が、ここで付け加えるならば、彼女達は一期終盤で、最終話を前にして目標を達成してしまいました。しかし、目標(何を為すべきか)の達成は目的(何故為すのか)を見失うことにつながっていたのです。
 そんな時、主人公でありスクールアイドル活動の発起人である穂乃果は、新しい夢を見事掲げてみせたのです(「♪またひとつ 夢が生まれ…」(『START:DASH!!』))。

 こんな感じで、彼女達がやってのけたことは実は、現代のような社会ではとても素晴らしいことなのではないかと思います。つまり、自ら夢を描けるということです。

 さて、ここで話はけいおんに。
 穂乃果がμ'sを立ち上げたのとは対照的に、軽音部は……あれ?どういう経緯だったっけ?とよく思い出せないくらいに、なんとなく誕生しました。
 最初は、部員達のバンドが「放課後ティータイム」と命名されてしまうような状態だったわけですけど、三年目の学園祭の頃にはもう、多くのファンを持つ立派な部活動になっていました。

 その三年目の学園祭は事実上、唯達三年生にとっては卒業式だったわけで。
 そう思ってみると、あの『U&I』は、放課後ティータイム流の『仰げば尊し』だったのではないでしょうか。歌う前にはあの歌のように、先生や友達、部室にまで感謝の想いを告げていましたし。

 で。
 学園祭の後の主題は、残される梓に移っていくことになります。劇場版では、卒業式の後に披露されることになる、彼女に捧げる歌である『天使にふれたよ!』の誕生秘話にかなりの時間が割かれています。
 上記の学園祭の時、まだ唯達四人の卒業を実感できていなかった梓は、卒業式の後になってやっとそのことが本当にわかったようで。「卒業、しないでよ……」と泣き崩れる梓に三年生は、そっと贈り物を渡すわけです。

 一期の終わりの時に隠喩的に唯の成長が描かれたように見えた(慌てる唯が転ばなかったこと)ということもありましたが、こうやって後輩を思いやれるような存在になっていたことは、彼女達、特に唯(笑)の成長の証しと言えるのではないでしょうか。
 元々唯なんかは憂に対しての接し方などからもわかるように愛情に溢れた人物だったのですけど、それをどのように表現したかというところに着目すると、まあ何とも立派になったものだ、とちょっと感じ入ってしまいます。
 なので、やはりけいおんは二期まで、できれば劇場版も、ということになるわけです。

 ラブライブの一期終盤、けいおんの二期終盤に共通して言えるのは、何かの終わりに続いて、その後につなげる行動が描かれていることだと思います。ラブライブであれば新しい夢を自分で描くこと、けいおんであれば後に続く人に何かを残し、伝え、託せること、更には「♪忘れ物もうないよね」(『天使にふれたよ!』)と手を離せること。
 そのように考えてみるとこれらの作品は、本当に日本の現代人に感じて欲しいことが描かれているなと思いますし、だからNHKで放送するのに意外とふさわしいのではないかと思ったりするわけです。

[追記]
 公開後、タイトル含め若干修正しました。

アニメ: 冴えカノはやっぱり加藤

 原作新刊も読んだのですがその話題ではないので、あえてアニメカテゴリにしました。
 一応そちらにもちょっとだけ触れておくと。

「なんで、ずっと倫也と一緒にいること前提なのよ……」

(p188)

「……なんだかとっても正妻ヅラしててむかつくわね加藤さん」
「そのことに関してだけは同意せざるを得ないわ……ごめん恵」

(p210)

 ……もう手の施しようがないですね。ご愁傷様お二人さん。まあ、どんでん返しもあるかも知れませんから諦めないで。
 その方が面白いし(鬼畜)。

 このアニメ『冴えない彼女の育てかた』と言えばメインヒロインの筈の女の子がいまいち萌え……じゃなく「冴えない」という設定の筈なのですが、世の中を騒がせているのは加藤ですよねぇ。
 等身大フィギュアとか、1/7フィギュアとか、そしてこんな話まで。

「冴えない彼女の育てかた」加藤恵を再現! ソニーの最新技術でAnimeJapanにブース出展 | アニメ!アニメ!

テレビアニメ『冴えない彼女の育てかた』のヒロイン・加藤恵をソニーの最新技術で再現した「加藤恵Project」スタートする。3月26日、27日に東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2016にブース出展する。
最先端インタラクティブ技術やプロジェクション方式を活用し、加藤恵をすみずみまで体感できるという。二次元からどのようなかたちで飛び出すのか話題を呼びそうだ。

 あのー、「「加藤恵Project」は『冴えない彼女の育てかた』のヒロイン・加藤恵を様々な切り口で体験できる展示企画である。」って、一体どんだけ愛されてんのよ加藤(笑)。
 まあ、私みたいなのが一杯いるってことなんでしょうかねぇその界隈には。
 もしかするとこの企画のスタッフや、いやいやそんだけに収まらず主催のソニーにも……?

マンガ: 最近読んだマンガ - 2016.3

 から三冊ほどご紹介。

○ 『魔法使いの嫁』5
魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン (2016-03-10)
売り上げランキング: 57

 アニメが制作されるそうですね。取り敢えずは本の6〜8巻とセットのOVAらしいですが、TVアニメになるかどうかは……?
 この巻の終りの方でエリアスがチセに語った魔法とか国とか文化に関する見方は中々良いものでした。
 あと、シルキーが(ry

○ 『ARIA 完全版』2
ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 2 (BLADE COMICS)
天野こずえ
マッグガーデン (2016-03-10)
売り上げランキング: 877

 火星か……何もかも、みな懐かしい……。

 これ読んでちょっと思い出したのが、アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』です。放送中は終盤の展開に文句を言ったりもしましたが、その後も何度も触れているように、たまにちょっとだけ見返したりするお気に入り作品です。先日もふと1〜2話を見たり。あの世界の雰囲気が好きなんですよね。
 なんでこういう話になったのかというと、いずれの作品も、ヨーロッパ風の舞台に日本的なものが紛れ込んでいるという感じの作風だからです。ソラヲトではフランス語圏で石造りの街並で、でも人々は八百万の神々を信仰していたり、この『ARIA 完全版』2巻なら狐の嫁入りとか。まあ、色んな事物に対する灯里の感じ方そのものがそもそもそんな感じですけど。あ、『魔法使いの嫁』にもそういうところありますね。

 そういうのがあるからいずれも好きなのかも知れないし、ARIAを読んで(見て)いたからソラヲトも好きになったのかも知れない。それはよくわかりませんけど。

○ 『干物妹! うまるちゃん』8
干物妹! うまるちゃん 8 (ヤングジャンプコミックス)
サンカクヘッド
集英社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 16

 アニメ見て原作も読み始めて、それでずっと思ってたんですけど、私が本作に感じているこの魅力って一体どう表現したらいいんでしょうか。
 普通なら減点になるような、え、ここで終わるの?的な話の切り方が、逆に余韻を残すものに感じられたり。また、たまに明かされる過去の話とか、矛盾はないと思いますが(多分)種明かしとかは多くがほったらかしだけど、別に気にならないしむしろ謎は謎のままでもいいかなと感じられたり。

 結局、あのうまる達が繰り広げるまったりとしたあれこれとか、その中にちらっと見える暖かさとか、もっとちらっとしか見えない幻想的な雰囲気とか、そういうのが私は好きなんでしょうね。

ラノベ: 最近読んだラノベ - 2016.3

 から三冊ほどご紹介。

○ 『ゼロの使い魔』21
ゼロの使い魔 (21) 六千年の真実 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-02-25)
売り上げランキング: 201

 そういう話があるとは聞いていましたが、ほんとに出たんですねこの本。
 誰が執筆を担当したのか「あとがきに代えて」でも明らかにはされていませんが、確かに違和感ないです。まあ、前のを読んだのも随分昔なのではっきり憶えてもいませんけど。
 執筆者捜しとかされたんじゃないかと思いますが、説得力のある説は出たんでしょうか。まあ、私はその辺り近寄らないことにしているのでわかりません。

 でも、そうして続きが発行された本作も、ついに次で最後だそうですね。凄い急展開になっています。まあ逆に、あとたった二冊だったのにとも言えますけど。
 さて、一体どんな結末が待っているのでしょうか。

○ 『ガンゲイル・オンライン』4

 なんだか、SJも1, 2, 3と段々長くなってきているような(笑)。なので、この巻「上」とありますが、どうしても次が「下」であると思えない。
 だって、「上」ではレン達、大した出番ないんですよ?

○ 『エロマンガ先生』6
エロマンガ先生 (6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由 (電撃文庫)
伏見つかさ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-03-10)
売り上げランキング: 110

 この巻は4つの章からなり、それぞれ京香さん、めぐみ、エルフ、ムラマサがフィーチャーされている……ように感じますが、第二章は微妙?

 サブタイトルに「エルフちゃんと結婚すべき」とありますが、ほんと本作ではエルフという人物が素晴らしい。最初の感想書いたときにも感じていましたが、この山田エルフという人凄すぎますよね、言うことといいやることといい、また加えてこれまでのエピソードも。何あの本名わかった時のいい雰囲気。
 まあ、文筆家であるためかその凄さは言葉で表現されることが多いわけですけど、そうなるとラノベという媒体では紗霧がやはり不利かな。今度アニメになるそうですけど。

 でもやはりそれだけでもなく、人物の描写に対する力の入りようがエルフはちょっと違うような……いやまあ、これは贔屓目かも知れませんけど(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中