FC2ブログ

アニメ: アニメ『ラブライブ!』一期10話と二期11話

 以前紹介したように、アニメ『ラブライブ!』が今NHKのEテレで再放送されています。
 で、全部ちゃんと見ているわけでもないんですけど、ぱらぱらっと見直したりしていたり。そうすると、にも簡単に触れましたが、まあ偶然ってこともあるでしょうけど多分、アニメの最初の頃から終盤まで、ちゃんと色々つながるように作ってるんだな〜と感心しちゃったりするんですね。
 でもまあこれら放送されたのはもう随分前のことなので、今頃こんな事に気づきましたと言っても恐らくとっくに考察しつくされていて、ほんと今更って話なんですけど。

 昨日(再)放送の一期10話「先輩禁止!」ではμ'sの面々が合宿と称して真姫の家の別荘に行ったりしてましたが、そこには海がありました。というか、実際には夏なら海でしょというのが先に出てきてたわけですが。
 終りの方で、浜辺で全員並んで手をつなぎ、朝日の昇る海を見るシーンがあります。いや、海から昇る朝日だったかも知れませんけど。
 それで思い出したのが、以前感想を書いた二期11話「私たちが決めたこと」。こちらでも同じように、μ'sが海に行くシーンがありました。

 しかし、一体何という違いでしょう。

 前者の時は、季節は夏。それに対して後者は冬です。
 また見ているものも、前者では朝日だし後者では夕日です。
 いやそもそもそれ以前に、最初の時はみんなで一緒に海と昇る朝日を見ているのに、後の方ではみんな、まるで沈む夕日から目を背けるようにしています。無理にはしゃいでいるかのようにも。
 一番大きな違いは、そんな中穂乃果一人だけが離れて、夕日とそんなみんなを見ているということでしょうか。

 やはりその風景は、μ's自身を象徴しているように見えますね。始まり、そして終わっていくμ's。スタートの時は全員が同じものを見ていたのに、この時、真にそれに向き合えていたのは穂乃果だけだったのかも知れません。
 ただ、廃校を免れるための活動としてのμ'sは、穂乃果にしか終わらせられないとも考えられるわけですが。

 以前、もうどこで読んだのかも誰が書いたのかも正確な内容も忘れてしまいましたが、プロジェクトの撤退についての記事を読んだことがあります。
 ある人が、確かアメリカかどこかの外国だったと思うのですが、とある業務からの撤退でプロジェクトの終りを任されたとのことで、何とかやり遂げたところ、予想以上の評価を受けたという話。やっていることをきちんと終わらせるのは大変なことなので、そういう仕事を成功させること、またそのスキルは高く評価されるのだ、ということです。
 どっかの役人さんたちによーく聞いて欲しい話です。

 μ'sについては穂乃果、『ラブライブ!』については……知りませんが制作や製作の誰か。
 彼等は、そういうところに相当気を配っているなと感じるし、いや実は本放送の時の感想でも何度かこういうことを言いましたが、(主に)穂乃果のすることって何だか勉強になるような気がしたり……。

独り言: 芳林堂書店が破産

芳林堂書店が破産 「コミックプラザ」など運営 - ねとらぼ

 芳林堂書店が2月26日に破産開始決定を受けた。


 ……あー、ついにですか。いや、コミックプラザにはよく行ってるんですけど、1月下旬頃?から入荷がなくて。例の太洋社廃業の影響かなーヤバいなーとか思って、今更ですが新刊でないのはなるべくそこで買うようにしていたのですが、ほんと今更でした。
 でも、

書店運営については書泉に事業譲渡することで合意しているが、詳細な日程は未定という。

とのことなので、店自体はまだ残る可能性も残っていますね。ただ、その書泉も神田の方で色々あったようだし、どれだけ余裕があるか。

 昨年暮れ辺りから、まあFC2ブログの誤爆の件も全く関係なくもないですがそれよりもっと色々、この方面であまり嬉しくないことが連発していて。
 もう、マンガとかアニメとか、足を洗う頃合なんですかねぇ。
 逆に、PCさん達からはおいでおいでされてるような(笑)。

PCで: 水響風.onionについて (3) - misc

 いや忘れてたわけではないのですが、本題とあまり関係ない雑多な話なのでつい後回しになってました。
 元々この件は三部構成の予定であり、本エントリがその第三部です。

歌とか: 紅い誤字? (2)

 最初見つけてからつい気にしてるからか、この作品って誤字多いですねぇ。

TVアニメ「紅殻のパンドラ」ED主題歌「LoSe±CoNtRoL」
クラリオン(沼倉愛美) 七転福音(福沙奈恵) 七転福音(福沙奈恵) バニー(村川梨衣) クラリオン(沼倉愛美) チャイナ(沖佳苗) 体操服(山崎はるか)
ランティス (2016-02-24)
売り上げランキング: 291

 歌詞の冒頭に出てくるフィボナッチ数の列ですが、歌詞カードというかブックレット見ると、2番冒頭の670って何故か法則から外れてますよね(笑)。
 7と1を似たような風に書く人ってたまにいるので、そういう経緯かも?
 あと、もっと気にして見るともっと色々あるかも?

アニメ: SAOのアルファテストが始まったらしい - 続報

 続報と言うからには前の記事もあるわけですが、今度はこんなニュース。

2016年にSAOのαテストを実施した!? 「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」サイト上でプロローグ公開 - ねとらぼ

 公式サイトではイメージムービーや、IBMと“SAO”のコラボが切り開く未来に関する概要、そして「ソードアート・オンライン」原作者の川原礫さん監修のもと、原作小説内では2022年にサービスを開始するVRMMOゲーム「ソードアート・オンライン」が、実は2016年にαテストを行っていたという誕生秘話を閲覧することができます。

 ただのプロローグとあなどるなかれ、その内容は本格的なSF小説の様相。SAOの開発ディレクターである茅場晶彦さんが登場し、あの世界へつながっていく伏線が……。


 まあここまで来たら行ってみないわけにもいかないので、素直に別の環境からアクセスしてみました。で、取り敢えずはその「PROLOGUE」とやらを。
 どうやら、茅場が日本アイ・ビー・エム(本文にはちゃんとこう書いてありますが以下日本IBM(笑))のドイと出会い、それにより茅場の懐くフルダイブ技術のイメージが日本IBMの≪コグニティブ・コンピューティング・システム≫と出会うことにもなったらしいです。

 実にコラボらしいですね!

 実際にどのようなものかはわかりませんが(ちなみにアルファテスターの募集は208名だそうで)、日本IBMもよくやりますねぇ。IBMのイメージとはまた随分……。まあ、日本IBMはそこら辺結構柔らかいところもあったような気もします。よく憶えてませんが。
 でも、原作の川原氏もシナリオ監修で参加していますね。この人一体今いくつ仕事抱えてるんですか(笑)?

アニメ: SAOのアルファテストが始まったらしい

 紹介記事はこちら。

「ソードアート・オンライン」の世界が現実に 「IBM Watson」と融合? “アルファテスター”を募集 - ITmedia ニュース

 日本アイ・ビー・エムは2月22日、小説「ソードアート・オンライン」(SAO)とコラボしたイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」の開催を発表した。特設サイトでは「SAOのアルファテスト」と題して参加者を募っている。

[追記: 2016-02-23] ソース追加。

日本IBMが「ソードアート・オンライン」の世界を現実に!? アルファテスターを募集中 - ねとらぼ

 日本IBMは2月22日、小説「ソードアート・オンライン」(SAO)とコラボしたイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を開催すると発表した。現在、アルファテストに参加する“テスター”を募集している。

 特設サイトによると、作中で描かれるバーチャル・リアリティー(VR)ゲームの世界観を再現し、IBMの先進技術を実際に体感できる場になるとのこと。本編同様、参加者をスキャンした3Dモデルがアバターとして登場するそうだ。

[追記終わり]

 ちなみに、何でカテゴリを「アニメ」にしているかというと……。
 まずは、コラボ相手のコンテンツはアニメの方っぽいのでラノベではなかろうということ。それと、では何故本来のITの話題として扱わないのかというと、そのサイト見に行くとブラウザが落ちるので見てないからです(笑)。
 いい加減、うちの環境もなんとかせんとなぁ。一年くらい前から考えてはいるんですけどね。

 SAOの作中ではビーターという言葉が登場していますが、アルファテスターにもなんか呼び名ができたりするんでしょうかね。語感が似てる言葉というと……中の人のテスターにアラフォーが多くて、とか(笑)?

 どうでもいいことですが、この間NHKの何かの番組で何か聞き覚えのある曲が流れてるな〜と思ったら、このSAOの中の曲でした。
 考えてみると、NHKでは梶浦さんよく採用していますし、そういう意味でも使いやすい曲だったのかも。付き合いがあるという理由でないとしても、楽曲に対する感覚は近いんでしょうし。

 そういえば、原作の方の続きはどうなってるんでしょう。プログレッシブは4が出て間もないけど、アリシゼーションの方はかなり佳境っぽいところで止まってるし。その更に原作は見てないのですが、結構変ってるという話ですね。
 劇場版とかAWとかの方で忙しいのかな。
 と思って電撃文庫の公式サイトを見てみたら、4月に新刊が出るようですね。その名も「アリシゼーション・アウェイクニング」という実に意味ありげなサブタイトルのが。
 でもこのサブタイトルだと、まだ決着は付かないっぽい感じでしょうか。

アニメ: 2016冬アニメ感想 - 7週めくらい

 今回は、今期アニメの絵について感想を。

 以前、これは別にそれを主題にしたというわけではないんですけど、今期のアニメはテーマソングが男声、もしくは混声が多いなと感想を述べたことがあります。また、今期のアニメには加えて、もうひとつ感じていることがあります。
 それは、絵の描き方について。
 一言で言うと、手……じゃなく、力が抜けている感じ、みたいな?
 平たく言うと、これは凄い!みたいな力作があまり見えないように思うんですよね。まあ、見ている作品の範囲のせいかも知れませんけど。
 例えば、何度か感想を書いている『紅殻のパンドラ』なんてのは、バンクも多いし、原作にもありますがなんかほぼ輪郭だけになったり、静止画をスクロールするだけだったりみたいなのが結構ありますし。

 ただ、単に手抜きとか下手なのかというと……いや、もしかするとそうなのかも知れませんけど(笑)、笑える面白さという意味では今期随一の『この素晴らしい世界に祝福を!』なんてのは、魔法の描写だけは妙に拘ってたり、第5話の「ほほほ〜れ」のそこだけ無駄にリアルで滑らかなフルアニメの手の動きとか(笑)。

 また、『Dimension W』は野郎がだらだら踊ってるという謎OPをかましてくれたかと思いきや、EDではロボの尻が妙にエ……色っぽかったり。

 あとは、『だがしかし』のほたるさんの胸の動きとか。
 胸に拘ったアニメは数多ありますが(誇張表現(笑))、拘るあまりに強調しすぎて不自然だったり最早コミカルになってしまったりしているのが多いと私は感じていました。そんな中ほたるさんのは、実にそこにあるっぽい感じ、存在感を醸し出しています。

 こんなんだけだとあんまりなのでちょっと真面目なのを追記すると、『大家さんは思春期!』のOPなんて妙に綺麗ですよね。

 ……いや、何だか妙に着眼点が偏っているような気もしますが(笑)、今期のアニメはどういうわけか何か色んな意味で「違う」なーと思った、というお話でした。

読んだ: 最近読んだ本 - 2016.2

 まあ色々読んでますが、いつもなら感想書いているようなのについても最近あまりやってないので、取り敢えずそういう本についてのまとめです。

○ 『なれる!SE 14』
なれる!SE (14) 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (電撃文庫)
夏海公司
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-01-09)
売り上げランキング: 5,052

 太郎丸とか次郎丸とか五郎丸とか、最近似たような名前が目に飛込んでくることが多いなぁ(笑)。

 にしても、相変わらずこの次郎丸さんいいキャラですね。でも、工兵はこれと渡り合った上に挫折を味わわせたわけで、もう超人としか?
 あと、立華先輩が女性の敵であること判明(笑)。
 でも、意外とこういうこと多いような気もします。いやダイエットとか体質とかの話ではなく、実は意味のないことを言ってるけどやってない場合の検証ができないので、とか。

○ 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 10』
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。(10) (ドラゴンコミックスエイジ)
松沢 まり
KADOKAWA/富士見書房 (2016-01-09)
売り上げランキング: 4,056

 あとがきの言葉を借りれば、「美月たちの物語もラストスバートに入りました」。
 ポイントは、「美月たち」のというところでしょうか。まあ、メインヒロインだからその名前が出てくるのは必然と言えますが。
 それにしてもあのTST、美月が「自分ではいたっ。」ものだったということですが、不信感で身を護るのによりによってあの場所限定で保護する形態になるとか、実は美月って……(笑)。まあ、デザインというのがどの辺りまでを示すかにもよりますけど。

 どうでもいいことですがこの本、実は二冊持ってます。尼さんから届いたのが今時珍しい乱丁、というのかな、折れてて変な風に切れているという代物で。
 交換とかも面倒だし、買えば印税になるし(笑)。

○ 『非道とグローバリズム』
非道とグローバリズム 新聞とテレビが絶対に言えない「宗教」と「戦争」の真実
中田 考 和田 秀樹
ブックマン社 (2016-01-29)
売り上げランキング: 28,325

 明確にイスラムの側にいる人が言うことなので偏りはあるかも知れないけど逆に正確であるとも言えますが、話を聞いて(いや読んで)いると、明らかに、少なくともキリスト教よりはイスラム教の方がマトモですよね。合理的。
 まあ、だからと言って自分も同じように思うかというとそれはちょっと違いますが。
 キリスト教ってどうもその成り立ちからして「恨の文化」(あれ?どっかで聞いたような(笑))というところがあるので。だからなのか、綺麗事と被害者ビジネスが盛んですからね。しかも押し付けがましいし。

 それにしても、保守政党がグローバリズム礼賛で日本文化抹消主義(ただし西洋が認めたもの除く)って一体どういう冗談?

○ 『はてな☆イリュージョン 4』
はてなイリュージョン4 (ダッシュエックス文庫)
松 智洋
集英社 (2015-11-25)
売り上げランキング: 191,985

 物語、というかストーリーとは関係ないことですが、こういうのっていいなと思います。登場人物いい人ばかりで、ふわっとしてちょっとえっちで。以前のシリーズもそうですが、この人の作品ってそういうところありますよね。

 もう結構前になりますが、IT系と二次元、もしくは萌え文化の相性について抽象化の受容性とかに主眼を置いて書いたことがあります。しかし、今回ちょっと違う理由を感じました。
 個人的なことですが実は、まずは毎年そうなのですが年末から年始にかけては仕事柄数字に埋もれることになりますし、今年は特に、制度の変更や新しい制度の導入があったりとか、公私ともにIT系のトラブルが頻発したりとか、更には変なシステムの構築を始めてしまったり(笑)とかと、極めて無機質な環境に身を置くことになりました。
 思えばIT業界にいた頃はずっとそうだったのかも知れませんが、当時の職場はあまりまともでなかったですからね。まともでないというのは、ちゃんとした堅苦しいオフィスでないという意味ですが(笑)。
 こういうとき、二次元、特に本作のようなふわっとした感じの世界というのは実に肌に合う感じがします。「えっち」でも、リアルは情報が多すぎてキツい感じ。

 でも、イラストに乳首とか描いちゃってるんだけどいいの……?
 まあ、BDで湯気や光が取れるのと同じかな(笑)。

アニメ: 劇場版『ラブライブ!』を見返して想いを馳せる(2)

 先日のエントリの続きです。
 とは言っても別に予定していたものではないし、ちょっと思ったことがあったので書き足すくらいの大して内容もない話ですけど。

 アニメ作品としての『ラブライブ!』と言えばやはり印象的なのがライブ映像ですが、CDと同梱されていたのからTVアニメOP、作中のライブ映像など色々あって、そして劇場版のEDが締めくくりとなりました。いや、多分ですけど。4月辺りにライブと一緒に作られたりするかも?
 これまで、個人的に最も衝撃的だったのはアニメ一期OPです。それまでのはまだちょっと、表情やモデリング、キャラデザなどに今一歩何かが……という感じだったし、その後のも、どうも一期OPには届かないなと思っていました。
 例えば、以前二期OPについてちょっと話したことがありましたが、描く/動かす技術だけでなく画面のデザイン的なことまでを考えると、一期の方が上だったなと。

 その感じが覆されたのが、劇場版のEDムービーでした。
 CG部分の出来や普通の作画部分との融合という点でもそうですし、映像の構成全体を見ても、また動きも、加えてアニメ作品の最後の最後で新しいイメージが作られた感もあって。ちょっと残念なのは、スタッフロールが入る前提で作られているので、1コーラス分しかライブ映像がないことですが、まあそれは仕方がない。
 ともあれ、その部分の最後の「いまが最高!」というところの映像と音声のエフェクトは、歌詞とも相まって、本当に終わりなんだなと感じさせるものになっていると思います。

 それにしてもことりさん、結局画面下の隅から顔出すの最初から最後まで押し通しましたね(笑)。
 前にも言ったと思いますが、私の本作イチオシキャラは穂乃果ですけど、ルックス的にはことりが一番好きなんですよね。

 宣言した通り大して内容もない話になりましたが、元々書く予定すらなかったことですし、まあこんなもんでしょうか。

独り言: 良かった。日本に性的暴力を受けてる女性はいないんだ(棒

 以前のエントリの続編。今回のネタはこちら↓。
国連女子差別撤廃委員会に「ポルノ被害と性暴力を考える会」が報告書を出していた件に関する情報まとめ - Togetterまとめ

 つまり、日本にはビデオゲームや漫画を取り締まる以上に喫緊の課題はないということですね。実際の被害など、後回しでいいくらいの誤差レベルでしか存在しないと。
 良かった!
プロフィール

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中