FC2ブログ

独り言: やはり最先端の日本、「抱かれ枕」

 萌えキャラ抱き枕が、最初は奇異な目で見られていたウォシュレットのように海外にも浸透してきている、なんていう話も聞きますが、そうなるとやはり一歩先を行きたくなるのか、こんなニュースが。

萌えキャラに抱きしめられたいあなたに 抱き枕ならぬ「抱かれ枕」

 記事によると、こんな商品らしいです。

 抱かれ枕は、キャラがプリントされた抱き枕カバーに「腕」の部分がついている。腕がついたことで、従来の抱き枕とは違って、枕に抱きしめられたり、腕枕をしたりと、これまでとは違う“受け身的な”楽しみ方ができるという。

 ……もう、日本始まったのか終ったのか(笑)。

 ちなみに、キャラはこの間レビューした『鬼哭街』ニトロプラスの、「すーぱーそに子」だそうで。
 そに子と言えば、今度『ソニコミ』という、ニトロにしては異色のゲームが出るそうで。それのプロモーションも兼ねてたりするのかな?

tag : ニトロプラス

独り言: 血液型占いの話

 唐突に何の脈絡もなく、血液型占い、つまり血液型(ABO)と性格の関連について、思っていることを書いてみたりします。

 どうやら日本限定らしいこの占いについて、プロフィールに自分の血液型を書いているくらいですから私はやや肯定的です。
 ではどうしてそう思っているのか? その信憑性について否定的な要素と肯定的な要素にわけて書いてみます。

○ 否定的な要素
 私自身は、性格という形質の発生についてどうこう言えるだけの知識がないので、血液型と性格の間に関係が「ない」ことを述べるのは私にとって悪魔の証明です。
 というわけで、他の人の意見、見解を検討してみます。

 一番よくあるのが、「そんなのあるわけねーじゃんw」という意見。
 いやでもこれ、何にも言ってないのに等しいですよね。関係が「ない」ことの根拠が全く示されていない。こんな発言なら、何の知識もない私にだってできます。

 次に、「血液型で性格が左右されるわけない」という意見。
 まず、これも上記と同じ問題があります。が、ちょっと別の検討をしてみましょう。
 まず、血液型と性格の間の相関関係を検討するとして、それが因果関係であるとどうして言えるのか? その前提はどこから出てきたのか? 血液型が原因で性格が結果であるというのは、発言者が勝手に思っているだけで、別にそうでなくても占いとしては成立します。
 例えば、私は性格というのは遺伝すると考えています。特定の性格が出やすい家系とかは、それを育む家庭とかの共通性があるので、理由としてはやや弱いですね。でも、「本能」とかの存在を考えると、脳の中に遺伝的に出来上がるものって結構あると言えます。
 当然ながら血液型も遺伝するわけで、もしかすると、それらはペアになって遺伝するようなものなのかも知れませんよね。血液型はともかく、性格やなんかの方はまだ充分にわかっているかどうかわからないし。
 更に言えば、それらとはまた別の「何か」があって、それが両方に影響を与えているかも知れない。

 また別の観点から見てみます。
 私くらい以上の世代ではともかく、もっと若い世代では、小さい頃から既に血液型占いというのが存在していたわけです。
 とすると、しょっちゅう「あなたはこんな性格」とか言われている内に、影響されてしまうことがないとは言い切れません。そういう意味では、血液型が性格に影響を与える可能性もないではないですよね。

 また別の意見をあげると、「性格が4つしかないなんてあり得ない」というのもあります。
 でも、4つに分類できるというのと4つしかないというのは全然違います。
 例えば、「人は男と女の二種類に分けられる」と言ったとき、「お前は人には二種類しかないと言うのか」なんて反論しませんよね。いやする人もいるかも知れないけど、それおかしいですよね。
 というわけで、この反論もなんか説得力がない。

 結局、悪魔の証明をしてくれる人がなーんかいないんですよ。

○ 肯定的な要素
 では、私が肯定的な見解を持つ理由を挙げてみます。

 私にはできませんが、たまに、性格から人の血液型を当てる人がいるんですよね。それも、結構な確率で当てる。
 日本人に対して、あなたはA型ですね、とか言ったら当たり易いとか、そういうものではなく、そういう人はBとかABとかも結構当てます。
 原理は皆目わかりませんが、そういう事例があるということは、事実として認めないわけには行きません。

 もう一つ、別の理由もあります。
 私は昔は、コンピュータのソフト開発、プログラマをやってました。
 あの業界、というか知っているのは私のいたところ限定ですが、B型が異常に多いんです。
 最初の職場は、10数人の課で、殆んどがB型。A型は一人しかいませんでした。その後何カ所か移りましたが、B型が多いというのはほぼ共通していました。
 勿論、殆んど日本人でしたから、普通ならA型が多い筈なのに、それを覆していましたから、なんか意味があるように思えます。
 それも、一応頭脳労働の職業(ということになっているよう(笑))なので、職場にいる人の共通点は脳の特性と関係がある可能性は高い。逆に、それ以外の理由で特定の血液型が集まるというのも考えづらい。

 そう思うと、どうにも、血液型と性格、というか脳の働きになんらかの関係があるように思えてならない。

 ……とまあ、そんな感じで、それらの関連性を否定する説得力のある意見を私は知らないし(真面目に調べる気もないのでもしかしたらあるかも?)、肯定的になる理由というのがそれなりにある。

 そんなこんなで、私は、特に積極的にではありませんが、血液型占いというのを否定しないのです。

 とかいった話ですが、血液型について云々したいというよりも、こういう立場に至るまでの思考の過程が実はメインテーマだったりします(笑)。
 だって、上に書いたような、相関関係と因果関係を自分勝手に結び付ける主張とか妙に多くて、なんだかなぁとかよく思うんですよ。
 それと、科学的にあり得ない!とかいいつつ、じゃあ否定されている(そうでないことが証明されている)のかというと実は肯定する証明がないだけだったり。じゃあ否定する根拠はどこに?
 科学的ということで言えば、そういうのは常に「現在の」理論では、という条件が付くし。

 まあ、私自身は別に科学者というわけでもないし論理の鬼というわけでもないし、ある意味ふつーの人なんですが(別の意味ではふつーではありませんが(笑))、それでも、なんか言ってることがおかしいぞ、と言いたくなる人が多くて。
 特にここ最近ね。

マンガ: 『魔法少女まどか☆マギカ』 コミック版のおまけマンガ(3巻のやつ)

 この間に続き、殆んどおまけマンガ(カバー取っ払った表紙/裏表紙のやつ)だけのために、第3巻を買いました。
魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/30)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る

 抜粋。

これまでのあらすじ

宇宙からの侵略者インキュベーターの手により
地球は滅亡の危機を迎えていた
ほむら「仕方ないわ…こうなれば最後に残った道しるべ…合体よ
まどか「合…体…!? そんなのできたの?」
ほむら「事実よ」「5人そろってソウルジェムを掲げ「ホムマドマミアンサヤエントロピー」と叫ぶと合体技が使えるの」


 (笑)(笑)(笑)(笑)(笑)
 合体(笑)。
 ホムマド……の順番って、アレかな。ほむらにとっての優先度ってことかね(笑)。さやか最後だー。
 それと、杏子が「アン」になっているのがまた(笑)。

 いやー、前回のといい、このヒトのお遊び、いーわー。

tag : 魔法少女まどか☆マギカ

アニメ: 2011春、新作アニメ レビュー - その4

 4月から始まったアニメの感想まとめ、その4です。

神のみぞ知るセカイII
 前期との違いがどんどん鮮明になってきますね。今回のモブキャラみたいと思ってたヒロインの攻略で、一歩踏み出した、みたいな。
 それと、エンディングテーマの『アイノヨカン』、好きなのにCDが出るのが遅くて。ま、予約してましたが。
 でも、やっと出ましたね。
アイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマアイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマ
(2011/05/25)
神のみぞ知り隊

商品詳細を見る

STEINS;GATE
 起承転結の「承」を突っ走ってる感じで、どんどん深みにハマっていく凶真。
 さて、るかは本当に女の子にならなかったのか? 単に貧乳の女の子になっただけだったのでは? というのは単なる妄想(笑)。
 また、クリスティーナがそっち方面の言葉の応酬をするのがすっかり日常になってますね(笑)。

Aチャンネル
 以前にも言ったように、エンディングテーマの『ハミングガール』が好きなんですけど、あれ、BD第1巻のおまけなんですよねぇ。
 で、これまでは、エンディングの直前の画面転換のところでちょっと効果音が入っていて、イントロに被るようになってました。でも、先週からそれがなくなったのは、録画したのから切り出せないようにしておいたのが、BDの発売で必要なくなったから、とかじゃないかとか思ったり。

○ 楽しそうな猫たち

ゲーム: 『鬼哭街』(リメイク版)!

 以前、瑞麗の声が田村ゆかりさんって微妙、とか言いましたが、撤回します(笑)。

 ニトロプラスのゲーム『鬼哭街』のリメイク版のレビューです。

 このブログを始めてから知り合った方々には、どうも妹萌えの人が多いみたいで、そう思うと彼等に是非やってみて欲しい、そんな気がするゲームです(笑)。
 ゲームとは言っても、分岐がなくてただ読むだけの、「ストーリーノベル」ですし、妹ヒロインとは言っても「萌え」とはなんか違う、そんな感じですが。
 でも、以前にも書いたように、あの『魔法少女まどか☆マギカ』と本質的に似ている気がするので、あれがよければ実は結構いけるかも?

 私は虚淵玄脚本のゲームや彼の書いた小説を全て知ってるわけじゃありませんが、これ、私が触れた中では一番好きな作品ですね。まどか☆マギカが出てくるまでは。

 さて、この設定のポイントは二つ。

 一つはサイバネティックスの進歩。これにより、ガイノイドと呼ばれる、まあロボットみたいなもん、これが存在している。
 また、その技術が中国武術に影響を与えてもいます。
 外家と内家に分かれている武術ですが、前者がパワーなどの物理的な力を鍛えるのに対し、後者は内なる力、内功を練る。
 従来は内家が優勢だったのが、サイバネティックスの進歩によってサイボーグ化した拳士が増えて、形勢は逆転していた。しかし、主人公孔涛羅(コン・タオロー)は対外家の秘技、紫電掌を会得しています。つまり、電磁発勁、練った氣で電磁誘導を起こし、機械化した相手を倒す技です。

 もう一つは、魂魄転写。人の「魂魄」を人工の脳に転写する技術ができてしまっているんですが、そこにはまだ原因の解明されていない不可解な現象が伴います。情報の転写に過ぎないのに、脱魂燃焼(レイスバーン)と呼ばれる、転写元の媒体の物理的な消失(焼失)が起き、複写にならないことです。

 涛羅は、未来都市上海に舞い戻ってきて、復讐のために、街を牛耳る自らの古巣の組織「青雲幇」のサイボーグ拳士を次々と殺していきます。
 何があったのか。
 愛する妹の瑞麗(ルイリー)が、彼等にレイプされた上に魂魄転写され、5体のガイノイドにわけられていたのです。当然、魂魄燃焼により、瑞麗の脳は破壊されていました。つまり、死んでいました。

 そして、彼等の持つガイノイドから瑞麗の魂を1/5ずつ回収し、自分の持っている空のガイノイドに集めていきます。

 で。
 集めた瑞麗は元の瑞麗なのか?というと、当然色々違っているんです。
 でも、じゃあ元の瑞麗とは?
 そして、瑞麗の婚約者であった、涛羅の兄弟子で親しい友人で、組織のナンバー2である劉豪軍(リュウ・ホージュン)は、実は瑞麗を殺した張本人で、というかその首謀者で、瑞麗を愛していた筈の彼がなんでそんなことをしたのか?
 そもそも、一体なんでこんなことが起きたのか?

 涛羅、豪軍、そして瑞麗の三人が、拳士として、男として、女として、どんな想いを抱き、何を考えて行動したのか?
 これは、その三人の物語、なのです。

 涛羅の回想に出てくる、豪軍との会話です。

「あいつはどうも、兄の俺に甘えすぎているきらいがある……先行きが心配だ」
「そうは言っても、満更でもないんだろうが。お前だって」
「俺はともかく、あまり機嫌を取ってばかりじゃ、あいつを娶る男が泣きを見る」
「それは大変だ」
「……おいこら、他人事じゃないだろうが」

 そして、こんな記述も。

 この男を朋とする我が身の幸。そして、やがてこの男へと嫁ぐ瑞麗の幸。不祥の剣を振る凶手の身にありながら、これほど幸多き世界に生きて……涛羅は罪の意識さえ懐いてしまう。

 わかってない! 全然何もわかってないよ涛羅!!

 1/5ずつ増えていく、ガイノイドの中の瑞麗。3/5程のところで、戦いに傷付いた涛羅に瑞麗が言った、瑞麗の本心。涛羅にはよくわからなくとも、全てが揃っていないからこそ出てきてしまった、涛羅のイメージしていた貞淑な瑞麗とは相容れないような本音。

 ついに残す仇は豪軍のみ、というところで、涛羅の呟きに応えた豪軍。その想いが明されます。

「瑞麗は、俺の全てだった……」
「瑞麗もまた同じだと、なぜ気付いてやらなかった?」

 豪軍は、それに気付いていたからこそ、愛する瑞麗のために全てを計画したわけなんですが……。

 ですが。

 この展開、全ての黒幕が、実は彼等の他にいたのです。
 それは、誰なのか?
 全ての関係者が、その人の掌の上で操られていた。
 その人の望むことは? 最終的に手に入れたものは?

 なーんてね。
 三人の物語なら、残るは瑞麗しかいないじゃないですか(笑)。

 それにしても、これに出てくる拳士達、みんなかっこいいですよね。
 涛羅のこんな台詞とか、

「これから地獄を覗いてくる。あんた、俺に付き合うつもりはないんだろ?」

 これは、とある戦いの中で一時的に手を組んだ男に対して言った言葉です。
 豪軍の、組織の仲間?に対する台詞も。

「……狂ったか? 豪軍」
「俺が正気だとでも思っていたのか? 今日まで」


 しかし、瑞麗の田村さんの演技は、なんかぞくっとするものがありますね。
 1/5だけ入ったときの、意味の分からない、ただのうなり声のようなもの。
 増えて行くに従い変っていく演技。
 そして、最後。

「もう二度と放さないでくれ……俺を一人にしないでくれ……」
「ありがとう、兄様。嬉しいわ」

 ここで、なんか声が変るんですよ!

「約束よ。私たちは永遠に一緒。ね?」


 瑞麗の計画の技術的なサポートとして選ばれた謝。彼は、一旦バラした瑞麗が集められたとき、それは元の瑞麗と言えるのか?みたいなことを考えますが、瑞麗の言うことがまた恐ろしい。

「君の孔瑞麗という自我を、自分が何者なのか確かめたいとは思わないのか?」
「この人は、私を瑞麗と呼んでくれました」
「最後の最後になるまで、瑞麗の気持ちには気付いてくれなかった人だけれど……」
「いいんです。彼がそう呼んでくれるなら、私は孔瑞麗で構わない」


 エンディングの楽園。流れる名曲『涙尽鈴音響』。
 雰囲気たっぷりのこの終幕は、素晴らしい演出でした。

 今回、リメイクで声が入ったことで臨場感がまた増したんですが、まあ主要キャラ三人を除くと、謝の家弓家正さんとか印象的でした。
 ちなみにこのヒト、私の中では『未来少年コナン』のレプカなんですよね(笑)。

 初回特典のコメンタリの中で、ジョイまっくすさんが言ってましたが、これ、若い人にやって欲しい、みたいな気がします。
 ま、コメンタリの中で複数の人が言ってましたが、彼等はかっこいいけどなりたい人じゃないな、みたいな(笑)。
鬼哭街鬼哭街
(2011/05/27)
Windows

商品詳細を見る

tag : ニトロプラス 鬼哭街

ラノベ: 『ダンス・ウィズ・エリシア』感想

 まず最初に思ったのは、これってラノベ?って感じでした(笑)。
 だってのっけから重たいし。つか最後まで重たいし。
 でも考えてみると、ラノベって「ライトノベル」だけど、重たい/暗い作品って一杯ありますよね。そう考えてみると、「ライト」って、語り口とか文体のことなのかな?
 この疑問については、後でもう一度投げ掛けてみたいと思います。自分に、ですけど。

続きを読む

tag : スーパーダッシュ文庫 わかつきひかる

独り言: ハルヒの一面広告

 今朝の読売新聞朝刊より。
haruhi_yomiuri1.jpg
 涼宮ハルヒシリーズの新刊、『驚愕』の発売告知広告ですね。

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流

商品詳細を見る

 これまでにも、AB!の放送開始前とか、『魔法少女まどか☆マギカ』最終回とかで読売新聞、他にも禁書目録と俺妹のコラボで日経新聞。こういうポップカルチャー系の一面広告が結構あります。

 しかし、読売とハルヒの読者、どんだけ被るのかな、とか思ったりもしましたが、考えてみるとそんなのあまり関係ないんですね。
 つまり、「読売新聞に一面広告」なんてことになると、ネットで話題になる。そうすると、ターゲットとする層にも届く、ということなんではないか、とか。

 さらに考えてみると、この間のまどかのときなんかは、広告を見るために新聞を買った人も結構いたようで、こういう知名度の高い作品の場合、層が被らないことによって、広告の媒体の販促になっているなんてこともあり得るかも?

 まさか、読売新聞、角川にお金出して広告載せてたりしないでしょうね(笑)。

アニメ: ローソンのジェットストリームアタック

 以前に続きやってた「けいおん!!フェア」、それから内容はよくわかりませんがまどか☆マギカグッズが当たるキャンペーンの予定、それから「とある飲料の販促活動」とか。
 そう言えば、これはアニメの話じゃないですけど、Amazon.co.jpの荷物の受け取りとかやってるのもローソンでしたよね。また、震災のときのローソンの対応がなんか高い評価を受けているようで。

 うーん、ローソンって、特別にありがたいコンビニ(笑)?

PCで: スマフォって美味しいの?

 最近は、「スマートフォン」という言葉を読んだり聞いたりしない日がないくらいですね。
 例えば、今見た記事、「スマートフォン、いつ買いました? 購入時期・機種でユーザー層に特徴」とか。
 でもねー。
 所謂スマフォって、どーもソフトが遅れてる気がしてねぇ……。

 いや、新しい技術とかシステムとか一杯作ってるのはわかるんだけど、そもそもそれ以前の問題。
 つまり、自動車で言えば、アクセル付けたのはいいけどブレーキは?みたいな。
 もしくは、これも似た喩えだけど、車輪の再発明みたいな。

 要するに、安全性、セキュリティとか、そういうのどうなの?

 パソコンが辿ってきた道を、今また辿り直している気がしてならないんですけどねー。
 そこら辺が信頼できるようになるまで、使う気にはなれないなぁ。
 確かに、人が使ってるの見ると便利そうではあるんだけどね。

せいじ: 後はまかせた

 ……まあ、経済の話ですが、一部の人にはやや残念なお知らせ(笑)です。
 とは言っても、別に世の中でなんか大変なことが起きたとか、そういうんじゃないですけど。
 

続きを読む

プロフィール

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中