FC2ブログ

独り言: 過度の自粛の自粛について

 今回のテーマは、「過度の自粛」の自粛、ではありません
 過度の「自粛の自粛」、です。

 地震から数日して、これはまた、自粛がのさばることになるだろうと直感した私は、早々に「自粛の自粛」宣言をしました。
 私の世代だと、昭和の終りの自粛騒動が記憶にあるんですよね。
 今回ので世相に与える影響は、阪神淡路大震災よりも、あれに似ていると思ったんです。
 影響の大きさ(量)ではなく、質が。

 つまり、阪神のときには、呆然自失状態ではあっても、「一体何をどうしよう」という雰囲気だった。
 でも、今回は、「一体何がどうなるのか」という感じです。先が見えない不安、それが根っこにあって、雰囲気を重たくしている。
 昭和の終りの、いつまでこんなことを続けるんだろう?みたいなのを思い出したんです。
 で、あの宣言。これがアレですね。愚者は経験に学ぶ、という奴(笑)?
 まあ、あの宣言をした時点では、まさか原発の件がここまで酷い事態になろうとは思っていませんでしたが。

 で、このところ、さすがに自粛だの不謹慎だのが与える悪影響が皆に認識されてきたのか、自粛を吹き飛ばそう!みたいな声が強くなってきた気がしていました。
 とか思いつつも、例のアニメにのめりこんでいてそっちのことばかり書いていましたが(笑)。

 この間もテレビで、GWは東北に行こう!みたいなことを叫んでいました。
 まあ、現地の観光業の人としては、今まさに人が来なくて困っている、という状況かと思います。
 でも。
 今はまだ、人を呼び込むのは難しいと思うんですよね。ちょうど上に書いたように、不安が払拭できるものではない。地震はまだ余震が危険視されている状況だし、放射線についても全て安心というところまではまだまだ。交通機関も、多くは復旧したとは言え、またなんかあったらいつどうなるか。
 一番の問題は、「この辺りなら大丈夫」とか、「この辺りは被害が軽微だった」とか、「交通の復旧状況」などといった、安心して観光するための情報が、まだ周知されていない。気がする。そんなところです。
 その状況で観光を呼び掛けるというのは、ちょっとした副作用がありそうに思います。

 行かないということに、後ろめたい思いをする人が出てこないか、ということです。

 「支援疲れ」とでもいいますか、そうしなきゃとか思って行動していると、なんか疲れてしまう。
 どうも我々の悪い癖で、そういうのは無償の行動でないといけないと思い勝ちです。
 この「無償の」というのは、たとえ精神的な報いであっても受け取るべきでない、という性質のものです。

 東北の酒を買おう、なんて動きがありますね。例の、酒を作っている人の声がYouTubeで公開された影響でしょうか。まあ、結構早くから、東北のものを買おう、という動きが通販の世界で見られましたが。
 でも、そのためにわざわざ買おう、というのは、ちょっと。
 そうではなく、買うときにはそっちを選ぼう、とか、そのくらいに抑えないと、逆に続かないなんてことになりませんかね。
 この間、例のアニメの完結記念の祝杯に私が、福島の酒を選んだように。

 以前、漫画家の赤松健氏が、自分は即興的に絵を描いたりするのは苦手だから金を出そう、かっこわるい、みたいな内容のことを言っていました。
 これは多分、空気を計算して韜晦していますね。
 こういう言い方をしなければいけない、そんな空気がある。そう思ったんでしょう。

 有名な言葉がありますよね。「しない善よりする偽善」。
 今回の話も同じです。
 自己満足に浸ってもいいじゃないですか。双方の益になるなら。

 今こそ、偽善者になるときなのかも知れません。

tag : 東日本大震災

独り言: トイレがない!

 今日、マクドナルドに行ったときのこと。
 用を足そうとトイレに向かったんですが……ないんですよ。
 まさか、"LADIES"の方に入るわけにはいかない。
 でも、そうすると、残りは"GENTLEMEN"しかない。

 Gentlemanじゃない私は、一体どうしたらいいんですか?

 ま、性別が同じと言うことで、"GENTLEMEN"の方を使いましたけどね(笑)。

独り言: QBにはわからない情報の非対称性

 アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場し、様々な営業トークを披露して世の人々をうならせたQBことキュゥべえ。識者はIncubatorと呼ぶようだが、彼の営業マンとしての能力は本当に優れているのだろうか。
 彼の営業は、その強引さで知られる。例えば、契約後にこのような苦情が寄せられることがある。

「だましてたのね、あたしたちを」
「僕は魔法少女になってくれって、きちんとお願いした筈だよ。実際の姿がどういうものか、説明を省略したけれども

 これをして、彼が情報の非対称性を有効利用、顧客からしてみれば悪用して、巧みな営業を展開し、顧客を獲得した例とされることもある。
 しかしながら、私はそういった評価に疑問を呈したい。
 例えば、このような発言も記録されている

「僕達はあくまで君達の合意を前提に契約しているんだよ。それだけでも充分に良心的な筈なんだが……」
「みんな騙されてただけじゃない!!」
「騙すという行為自体、僕達には理解できない。認識の相違から生じた判断ミスを後悔するとき、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね」

 つまり、彼は意図して情報を操作しているわけではないのではないか、と私は思うのだ。
 更に言えば、このときの会話には、このような発言記録もある。

「どうして単一個体の生き死にでそこまで大騒ぎするんだい?」

 これらより私は、彼はそもそも、情報の非対称性、いやそれ以前に、情報が共有されていない状態そのものを理解していないのではないか、と考えた。

 この推測には、専門家の意見による裏付けもある。

虚淵 個体はバラバラですが、意識はひとつなんです。だから、個体が死んでも、なんらダメージはないんです。

 そこで、まずは、彼が営業の対象としている「成長途中の女性」の情報のやり取りについていくつか例を挙げ、検討してみたいと思う。

 まずは、情報の遮断が物事の評価を誤らせるケースを挙げる。
 マミが魔女により殺害された際のほむらの行動について、さやかは以下のような発言をしている。

「そんなわけない! まどかだって見てたでしょ!? あのときあいつは、マミさんがやられるのを待ってから、魔女を倒しに来たわ。あいつはグリーフシード欲しさに、マミさんを見殺しにしたんだ!」

 しかし、実際にはそのとき、ほむらはマミにより拘束されており、行動を制限されていた。ほむらがマミの死の後に登場したのは、その事象によりマミの魔法が解けたためだったのだ。
 その事情を知っていたまどかには、そのような発想など思いもよらないものであっただろう。

 次に、相手の事情に関する情報の不足が引き起すトラブルを挙げる。
 さやかの友人である仁美は、さやかが恭介に対して抱いている想いに反して行動を起こさないことに着目し、自分は恭介に行為を抱いているとさやかに告げた。その上で、こう宣言したのだ。

「あなたは私の大切なお友達ですわ。抜け駆けも横取りするようなこともしたくないんですの。……上條君のことを見詰めていた時間は、私よりさやかさんの方が上ですわ。だから、あなたには私の先を越す権利があるべきです」
「私、明日の放課後に上條君に告白します。丸一日だけお待ちしますわ。さやかさんは後悔なさらないよう決めてください。上條君に気持ちを伝えるべきかどうか」

 実際のところ、仁美が本当に恭介に特別な好意を抱いていたかどうかは不明である。恭介の演奏する舞台の袖で熱い視線を送っていたという情報もあるが、それは「何もかもなかったことに」された世界でのことである。
 解釈によっては、このとき仁美は、自分がそのように宣言することによってさやかの行動を促そうとした、とも受け取れる。しかしながら、さやかにはさやかの事情があったのである。

「仁美に恭介を取られちゃうよぉ! でもあたし何もできない! だってあたし、もう死んでるんだもん! ゾンビだもん! こんな体で抱きしめてなんて言えない……キスしてなんて言えないよ……」


 もう一つ例を挙げる。
 こちらは、前出のものとは違い、情報が漏洩しているケースである。
 まどかが「遍在する者」となった後の、ほむらとの対話である。
 まずは、ほむらの追求に対し、まどかが自分の現状について告げた内容を示す。

「だからって、あなたはこのまま、帰る場所もなくなって、大好きな人達とも離ればなれになって、こんな場所に、独りぼっちで永遠に取り残されるっていうの!?」
『ふふ、独りじゃないよ。みんな、みんないつまでも私と一緒だよ』

 これは、まどかを気遣ったほむらの台詞にまどかが応えた、つまり、自分にはほむらが指摘したような「孤独」はあり得ないという内容である。ほむらの指摘にはこれで必要充分な回答である。
 しかし、まどかは続けるのである。

『これからの私はね、いつでもどこにでもいるの。だから見えなくても聞こえなくても、私はほむらちゃんの側にいるよ』

 一見、これは蛇足である。ほむらの問いには、これに対応するものはない。
 しかし、実はこれは、ほむらには必要な情報であったことが容易に推測できる。
 ほむらは、寂しかったのだ。キュゥべえに指摘された通りになれば、ほむらは今後もうまどかを認識できず、どころか記憶すらも失われるのだ。
 そしてまどかは、ほむらがそれを告げずとも察し、安心させるためにわざわざこれに言及したのである。

 これら全て、情報の存在の仕方による微妙なすれ違いや気遣いであり、キュゥべえにそれらをフォロー/認識する能力があるかどうか、多いに疑問である。即ち、こういったやり取りが日常的に発生する世界の住人に対し、情報をコントロールすることによって優位に立つことが可能なのか。
 はからずも、キュゥべえはこのような発言をしている

「君達はいつもそうだね。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする。……わけがわからないよ

 彼等にとって魔法少女は、エネルギー資源である。それを、「わけがわからないよ」とは。
 顧客のことを全く理解できていないというのも問題だし、別の観点から喩えて言えば、原子核の分裂についての知識を持たずに原発を運用するようなものである。危険窮まり無い。

 キュゥべえは最終的に、まどかの魔力による宇宙のルールの書き換えなどという大惨事を招いてしまった。効率的だった、魔法少女~魔女のシステムは、彼の認識すらできないものとして、失われてしまった。
 結局のところ、全ては彼が、「よくわからないものを無理して使」ったことによる、言わば自業自得なのであり、それは即ち、彼の能力は過大評価されているのではないかという私の主張の根拠にもなっているのである。

tag : アニメ 魔法少女まどか☆マギカ

創作観: 要らなくなった「男キャラ」

 昨日、「要らないモノ?」と題したエントリを書き、そこで、最近の萌え系アニメにはそもそも女の子キャラしか出てこないのが結構ある、という話をしました。
 そこに、試される大地さんからコメントがあり、それに応えようと思って考えてたらなんか長くなってしまったので、ひとつエントリを起こしました。

 そのコメントから、一部を引用します。

僕が思い付いた理由としては以下の2つでしょうか。
(1)ヒロインに「序列」をつけないため
(2)消費者が、恋愛などの「キャラ同士の関係性」よりも「キャラそのもの」を重視するようになったため


 さて、この二項目に関する詳細は原文を参照していただくとして、まず私なりにまとめてみたことを書いてみます。

 この(1)についてですが、これは思うに、(2)が前提になっていないでしょうか。
 どういうことかというと、序列をつけないために男キャラを省略するということ、それはつまり、ヒロインが複数いたらその全員に対して0点を付ける、ということではないか、と思うのです。
 だから、男キャラがいないと成立しづらいもの、つまり恋愛関係の価値を放棄したとき初めて(1)がアプローチとして成り立つのではないでしょうか。

 さて、それでは次に、「キャラそのもの」の魅力だけでいいんじゃないか?という指摘の意味するところについて。
 そもそも、キャラの魅力とは何か。
 漫画とかアニメとか、あとはイラストが多いラノベとかでは、外見に関する魅力、というのがあります。
 しかしそれは、男キャラがいようといまいとあまり関係のある話ではない。という意味では、排除する必要もない。
 では他にはというと、なんだかんだ言ってやはりそれはそのキャラの人間性であり、人間性が出るのは人との関わりのときではないか、と。
 結局のところ人間性とは、何を大事にしているかとか、なんかの意見や状況に対してどう考えるかとか、そういうところに出ると思うんです。
 ただ、重要なのは、それが「恋愛」関係である必要性はない、と。

 ここで、「空気系」という言葉があります。
 そもそもそれを言い始めた人の文章が既に削除されていたり、なんかわからない言葉ですが、要するに、雰囲気を楽しむタイプの作品群、と言ってもまあいいでしょう。現状、誰かがきっちりした定義をしてそれが共通見解になっているという話も聞きませんし。
 で、その雰囲気(「空気」)ですが、「空気系」と分類される作品で描かれている「雰囲気」というのは、大概がなんかまたーりしたもの、起伏の乏しい日常、という感じです。
 この辺りについて、ブログ「Something Orange」のオーナーの海燕氏は、同人誌『BREAK/THROUGH』の中で、ゲーム『To Heart』のスタッフである高橋龍也氏の言う「仲良し空間」という概念に触れています。
 激しく省略して書くと、一緒にいて楽しい女の子との居心地のいい空間、ということですね。
 『To Heart』はエロゲ、もしくはギャルゲで、「仲良し」は男女の仲なのですが、ここでブレークスルーがあった、と海燕氏は指摘しています。『あずまんが大王』です。そこから、『らき☆すた』『けいおん!』等へと続くぬるま湯のような空間が、理想的な到達点として見出された/産み出された、と。

 さて、ではなんでそれが理想的なのか。
 結局のところ、恋愛ってそんなにいーものなのか?みたいなのってないでしょうかね。
 幾つかパターンはあると思います。

 今思い付いたのだと、例えば、関係の維持にコストがかかりすぎる、とか。勿論私が言うのですからその「コスト」とは金銭的なものに限らない。有形のものにすら限らない。
 一緒にいて楽しい女の子が描かれていれば、もうそれでいいんじゃ?みたいな。

 それから、以前私はこのブログで、アニメ『あそびにいくヨ!』を紹介したことがあります。
 しかし、結局私はそのアニメには大変不満が残りました。
 何かというと、ヒロインの一人真奈美が、原作と大きく違い、妙に主人公の騎央との恋愛に拘るのです。というか、それに拘りすぎて物事が見えなくなっている。原作での賢明な真奈美とは大きく異なっており、アオイすらもそれにつられてしまっている。
 はっきり言って、原作のヒロイン達が恋愛感情により輝いていたのに対し、アニメ版では逆になっているのです。
 そういう負の効果があるくらいなら、そんなの要らねーよ、という気になるんですよね。
 「恋は盲目」とかいいますが、その描写の効果は紙一重で、180度引っくり返る恐れがある。

 これらは、登場人物の関係性において、恋愛、男女関係、ひいては男キャラというものが退化している現象と言えます。注意して欲しいのは、退化とは必ずしも劣化ではないということです。不要のものがなくなっていくのは、ある意味正しい適応ですから。

 ここでもう一度、上記の同人誌『BREAK/THROUGH』に戻ります。
 そこには、仲良し空間の魅力について、私のような世代にはよくわからない事情が示されているのです。
 それは、学校という場の現状についての指摘です。
 荻上チキ『ネットいじめ』から、今の実際の学校の状況についての指摘が引用されています。
 何かというと、そこでは、「キャラ戦争」ともいうべき「キャラの強制しあい」が行われている、といった内容なのです。
 教室は戦場であり、コミュニケーションは戦争なのだ、と。「空気」を読み、うまく立ち回らないと、「殺される」。
 彼等は、関係性に疲弊しているのです。
 そんな状況では、所謂「空気系」作品群のぬるま湯は、正に理想なのかも知れません。恋愛とか、もう、精神的なコストが高すぎてとてもとても。
 まあ、これにははっきり言って実感というものが持てませんが、知人の教育関係者に聞いても特に否定的な見解はありませんでした。

 もっと追求すればもっと理由は出てくるかも知れませんが、これらだけでも理由として結構な存在感があります。
 可愛い(色んな意味で)女の子が登場して、その子と仲良くして、それで過せるなら、もうそれでいいんじゃないか。
 それ以上は、なんかこう、もう疲れるし。
 そんな気持ちが、こういったジャンルの作品のファンの間に横たわっているのではないか。
 なんとなーく、そんな気がするんです。

 ところで、上記のコメントの最後に、こんなことが書いてありました。

男キャラがいないと同人誌(for Adult Only)作るときに面倒くさそうだなぁ、なんて。

 それについて一言。
 うん。百合ものでいんじゃね(笑)?

創作観: 要らないモノ?

 以前は疑問さえ持たれなかったのに、最近はその存在そのものが疑問視されているものがいくつかある。
 その例を挙げてみよう。

○ 顔
 以前も紹介したが、少女を被写体とした写真集で最近存在感が増しているものに、こういったものがある。
スクールガール・コンプレックス──放課後── SCHOOLGIRL COMPLEX 2スクールガール・コンプレックス──放課後── SCHOOLGIRL COMPLEX 2
(2011/04/21)
青山 裕企

商品詳細を見る
 これは、そのときに紹介した写真集の続編である。こういったジャンルの写真集は、紹介したものよりも更に増えている。
 少女の写真と言えば、顔は欠くことのできない要素であると考えられてきた。しかし、これらにはそれがない。
 これの意味するところはいくつか考えられるが、その一つが、「綺麗な顔は重要だ。だがそれは、想像で補えばいい」という考え方である。
 実際のところ、その部位に対する好は千差万別であり、好みにヒットするタイプの被写体を探すのは難しい。
 ならば、というのはある意味コペルニクス的転回である。

○ 本番
 エロマンガにおいて、セックスは必須である。というよりも、それこそが目的である。
 それが、エロマンガの一般的な定義ではなかろうか。
 しかしながら、そんなものは要らない、という層が存在する。
 一例を挙げよう。
露出少女遊戯

ブランド:
valssu(Official)
 この作品のファン達には、本番など要らない、むしろ本番のない作品(エロマンガ、エロゲ等)はないか、と求める声も多い。
 それに応えてか、このような作品もある。
ちびミクの撮影現場ですっぽんぽん』(日本ダンディ)
 表紙に注目して欲しい。「本番ナシ」と、それを宣伝文句として謳っているのである。

○ 男キャラ
 『けいおん!』『魔法少女まどか☆マギカ』『Aチャンネル』などと言った人気アニメに共通する点の一つを指摘しよう。
 男キャラが、殆んど登場しないか、してもさほど重要な役ではない、ということだ。
 要するに、そもそも、男キャラなど要らないのである。

 期せずして(なんてのは勿論嘘で)、萌え系の作品ばかり挙げることとなったが、萌えは一体、どのような方向に向かおうとしているのだろうか。
 というか、そもそも、方向なんてあるのだろうか。
 むしろ、全ての方向に、何もかも飲み込むような広がりを見せようとしているのではなかろうか。
 うーん。

アニメ: 『魔法少女まどか☆マギカ』 総括#1 概観

 衝撃的な発表から注目し続け、随分ハマり込んだアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』もついに完結し、これまでにこのブログで随分色々書き散らしました。
 今回は、それらの総括として、二つのエントリを書こうと思います。
 ま、総括と言っても、私は別に制作者じゃないんで、単なる勝手レビュアーのまとめに過ぎませんが。

 一つ目の「概観」では、印象に残ったことを、大きく三つのテーマにわけて書きます。二つ目の「雑感」では、落ち穂拾いみたいな感じで、ちょっとこんな風に思ったんだけどー、みたいな一言ネタを書き連ねてみます。

続きを読む

tag : アニメ 魔法少女まどか☆マギカ

せいじ: 政治家の人心掌握力

 例えば菅直人が、震災対応についてしょっちゅう自画自賛しています。
 しかしねぇ。

 まずもって、何もかもうまくやっているわけではないことは、どう考えても明らか。というか、国民がそれが明らかだと思っていることは明らか。
 そういう状況で、「いや俺達は全部うまくやっている」とか言ったって、「そりゃウソだ」と思われるだけなのにねぇ。

 そこで例えば、「こういうところはうまくできなかった、申し訳ない。でも、ここはちゃんとやったよ」と、そういう言い方をしてくれれば、「うん、まあ、そうかもね」とか思うのに。
 でも、満点だと主張したら、「違う」と思うに決まっている。
 ましてや、ここは日本で、聞いてるのは(というか聞かせたい相手は)日本人なんだから。
 だったら、ちょっと謙虚気味に言った方が印象がいいというのはわかりそうなものだ、と思うんだけど。

 いや、隙を見せると野党から突込まれる、とか思ってるのかな。
 でも、そんなのは世論を味方に付ける方がよほど優先度が高いと思うんだけど。いくら野党が叩いても、世論が味方していれば、白い目でみられるのは攻撃している側なんだから。

 こんなこと、別に高等テクニックでもなんでもないし、一般の人達の殆んどが思ってることなんじゃないかな、とか私は思うんですけど、どうなんですかね。
 それとも、政治の世界ではもっと深い読みがあって、満点から一歩たりとも譲ることのできない事情というものがあるんでしょうか。

 国民の印象を悪くしてでも?

独り言: 盗作だぁ(笑)

関西の首長ら会合「自粛を自粛する」
2011.4.24 19:20

 観光庁の溝畑宏長官と京都、大阪、兵庫の関西自治体の首長らが24日、京都市で意見交換し、東日本大震災で外国人観光客らが減少していることへの対応について、国主導で安心安全を呼びかけ、過度なイベント自粛をしないことを確認した。
(略)
 地元側からは、山田啓二京都府知事が「風評被害や自粛といった第2、第3の被害が広がっている」と自粛ムードに懸念を表明した。
(略)
門川大作京都市長は「原則、自粛を自粛する」と述べた。

(強調は引用者による)


 あぁー、この京都市長のフレーズ、ウチのブログの真似だぁ(笑)。
 この「自粛を自粛」ってのは、テンプレートに書いているので記録がないんですけど、大体3月の13か14日辺りに書き込んだような覚えが。
 ま、こんなの誰でも考え付く表現でしょうけどね。

tag : 東日本大震災

アニメ: 『魔法少女まどか☆マギカ』 第11&12話 レビュー#2 感想編

魔法少女まどか☆マギカ
  • 第11話「最後に残った道しるべ」
  • 最終話「わたしの、最高の友達」
のレビューその二、その一の続き、です。

 虚淵玄というシナリオライターについて、またその作品については、鬱だのバッドエンドだのという評価がよく聞かれます。
 また、本作まどか☆マギカを、エヴァとの類似という観点から評価する人もちらほら。
 まあ確かに、世界の危機、重苦しい空気、戦い、そう言った共通点は多いですね。似ていると言えば似ています。
 ……しかし。

続きを読む

tag : アニメ 魔法少女まどか☆マギカ

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中