FC2ブログ

歌とか: 突然思い出した懐かしのアニソン

 何故か突然、昔聴いたアニソンのことを思い出しました。
 というわけで、一部の人には懐かしいアニソンを二曲。

 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』という劇場アニメがありました。私はそれにハマり、何度か映画館まで足を運びました。
 そのエンディング主題歌が、沢田研二の歌う『ヤマトより愛をこめて』。名曲です。
 私は基本的に、詞よりも曲を重視するタイプなのですが、これは詞も結構気に入りました。作品にもマッチしてましたし。
 また、沢田研二の歌も良かった。
 そして、とっても素敵なのが、ピアノソロのエンディング。宮川泰の素晴らしい編曲です。
 ただ、中々レコードやCDに収録されなかったんですよね。なんか、権利関係でもめてたらしくて。
 ヤマトには、宮川泰による名曲が沢山ありましたが、『想人』なんて良かったですね。
 わたし的に残念なことが一つあります。ヤマトというアニメ、『さらば』で終ってれば良かったのにな─。

 もう一つは、『4月の雪』。
 ちょっと昔話をします。
 『魔法のプリンセス ミンキーモモ』というアニメがありました。後に『空モモ』と呼ばれるようになった、一作目です。
 これが一旦最終回を迎えたとき。そのあまりに衝撃的な終り方に、日本中が悲しみに暮れました。ウソです。ごめんなさい。私はかなりショックを受けました。若かったんですねー。
 さて、しばらく時が過ぎて、同名の『魔法のプリンセス ミンキーモモ』というアニメが作られました。主人公の名前は前作と同じ「モモ」。ただ、前のモモがフェナリナーサからやってきたのに対し、今度のモモはマリンナーサからやってきました。そのためこの作品は、『海モモ』と呼ばれるようになりました。
 私はあまり見ていなかったのですが、何を思ったかいきなり最終回を見ました。
 そのラストに流れた歌が素晴らしかった。後に、『約束』という曲だと判明しますが(何故かSongTubeでは『約束』のタイトルで別の曲の動画が……)、私はそれの収録されたCDを求めてモモ関連のCDを何枚か買いました。
 そして、その中の一枚、『雪がやんだら…』に収録されていた『4月の雪』に出会ったのです。
 私を惹き付けた『約束』と同じく、岡崎律子作詞・作曲。歌もこの人です。当時はまだそれ程有名な人ではなかったと思いますが、後に名曲を沢山発表し、アニメ『フルーツバスケット』のOP曲『For フルーツバスケット』はかなり多くの人に高く評価されていたようです。
 ですが、惜しいことに彼女は、若くして亡くなってしまいました。私は、彼女が病魔にとりつかれていたことを知らなかったため、大変驚きました。
 制作途中だったCDは、亡くなった後に発表されました。『for RITZ』です。
 このアルバムに収録された『I'm always close to you』。彼女のファンは、この歌を涙なしに聴くことができないでしょう。ここで囁かれる言葉はまるで、彼女からのさよならのメッセージ。お別れを告げながらも彼女は私たちに、生きることは素晴らしいんだと訴えているようです。


「魔法のプリンセス ミンキーモモ」雪がやんだら…「魔法のプリンセス ミンキーモモ」雪がやんだら…
(1992/05/02)
不明

商品詳細を見る
For RITZFor RITZ
(2004/12/29)
岡崎律子

商品詳細を見る


 アニソンには、純粋に私の好みに合う曲が多いです。
 ですが、アニソンは当然ながら物語とセットになって存在します。それは、物語を彩るとともに、物語に彩られてもいるのです。宿命的にドラマを持つわけですね。
 ですから、アニメと一緒に味わうと、その深みを感じることができるのです。
 そういったことも、私がアニソンを好む理由の一つなのかもしれません。

tag : アニソン ヤマト 沢田研二 ミンキーモモ 岡崎律子

ポルノ: わかつき作品について真っ先に書かなかったわけ

 一部の人には知られていますが、私はジュブナイルポルノ作家わかつきひかる先生のファンです。
 これは個人的な話になりますが、私は先生の作品が好きというだけではありません。ちょっと比喩入りますが、先生は私の命の恩人なのです。まあ、先生ご本人はそんなこと全然ご存知ないですけど。
 といったような経緯があると、ブログなんて始めたら、真っ先にわかつき作品について熱く語りまくるのが自然なんでしょうね。でも私はそうしませんでした。

 元々ここは、まあ最初のエントリにも書きましたが、ただなんとなく始めただけのブログで、あんまり集客にも力を入れてません。ここで何かを書いても、ただの「枯れ木」です。
 ところで、わかつき先生の作品について非常に広く深くまとめ、研究している方がおられます。その方の運営されているのが、主に次の二つ。

「わかつきひかる」さんを応援するWiki
わかつきひかるさんを応援するめたぼdeぽんのブログ

 ここが、私にとっての「山」です。
 つまり、枯れ木も適切なところにあれば山の賑わいになる、と。情報というのは集まっていると有用性が高まりますし、情報交換によって新しい何かが生まれたりしますからね。
 どうせなら、賑わいの一助になって、先生の作品の周辺を盛り上げたいと思ってるわけです。

 というわけで、まあそのときの気分でここにわかつき作品について書いたりするかも知れませんが、多分そういうことはあまりないでしょう。

[追記:2010.5.2]
 ブログを始めて好き勝手書いてたら、どうも、掲示板とかに収まらないものばかりできあがってしまうことに気付きました。
 というわけで、こちらで公開するのもやむなし、ということにします。

tag : わかつきひかる

独り言: レイプされるオタク

 ごめんなさい。目を引くようにとわざと強烈なタイトルにしました。反省してます。でもそのままにしますけど。

 オタクの中には、レイプされることに脅えて過している人、結構いると思うんです。ここでいうレイプとは精神的なものです。
 例えば、私(注)の経験。
 私は、昼休みに職場でラノベとか読んでるんですが、あるとき、職場の人がそれに興味を抱きました。どんな本読んでるのか、と。
 その人は、人の趣味に文句はつけないからとしつこく迫ってきました。私はつい、そんなに言うならと本を手渡しました。本を手に取ったその人は、ぱらぱらっとめくると、私に本を返しました。
 以来、しょっちゅう言われます。「そういうの読んで、人生の無駄遣いだと思わない?」とか、「早く卒業しなさい」とか、「職場に変な本持ち込むの禁止」とか。私がそういうものに「作品」という言葉を使うのも受け入れられないようです。
 その人は、私の趣味の否定をしながら、人間性も否定しています。

 基本的にこういった人達は、他人の価値観を受け入れません。
 例えば、こんなことがありました。ある人と話をしていて、百人一首とか花の名前とかの話題になりました。私にそういう知識が全くないことを知ると、その人は言いました。「これまで一体何を勉強してきたの?」と。私は、百人一首を知らないことで、全くの無教養な人間と見做されたわけです。
 小学校時代からずっと一貫して自然科学の世界で生きてきた、所謂理系の人間である私は、別の教養が存在することを知っています。百人一首も教養ですが、コンピュータの仕組みとかも教養なわけです。

 個人的な経験からすると、一般に文系にこういう人間が多いですね。私が思うに、科学技術の歴史はまだ浅い。よって、理系の教養はあまり広くは認められていない。だから、理系の人間は、自分達の教養と世に言う教養の両方を受け入れる必要がある。というわけで、他人の価値観にも寛容にならざるを得ない。
 まあ、理系という在り方そのものが、そういう寛容さを持つ性質があるという風にも感じますが。
 尤も、この文系/理系という分け方は、私自身あまり好きではないし、文系の知合いには評判が悪いです。文系の学部出身という意味じゃないんですけど。でも、私は確かにそういう傾向を感じているのです。

 オタクという人種は、やはり、世にあまり広く受け入れられていない価値観を持っています。というか、そういう人達がオタクと呼ばれます。
 だから、彼等は常に、私が例に挙げたような精神的なレイプの被害にあう危険にさらされているのです。
 彼等は、糾弾されるべきなのでしょうか。多数派の人達と違う価値観を持つという罪状で。
 でも、他人を認めない剛直な価値観を持つ人達の存在、それこそが世に争いとか差別とか恐怖とか、そういったものを撒き散らしているのではないでしょうか。自分が嫌いなものは存在することすら許さない。何故なら嫌いだから。それは、人間としての退行ではないでしょうか。

 こういう話に繋げるつもりはなかったのですが、書いていたら「非実在青少年」のことを思い出しました。
 条例改正推進派の人達の考え方は、正にこの典型です。何故なら、彼等はその主張の実効性の証明、ここでは、条例の改正が青少年の健全な育成に繋がるということの論理的な説明ができないからです。
 つまり、私に言わせれば、推進派は集団暴行犯なのです。

 別のところでも似たようなことを書きましたが、オタクの存在は、その社会に精神の自由があることを示していると思います。
 他人の価値観を尊重する。それは、自分勝手を助長することでしょうか。私は違うと思います。それは、誰もが存在を認められる世界の構築のための第一歩です。まず他人を受け入れることから、議論が始まるのです。
 それこそが、理性的な、人間的な在り方なのではないか、と私は思うのです。

(注)
 このように書きましたが、私は自分がオタクだとは思っていません。
 オタクというのは定義の曖昧な言葉で、使う人によって大きく意味合いが異なることがよくあります。
 私は、オタクの識別の際、その趣味嗜好の方向性と、それに対する熱意、情熱を判断の基準とします。これによると、私は確かにオタク趣味ですが、彼等のような情熱がありません。というわけで、自身の基準によると私はオタクではないのです。
 私の基準では、オタクの条件に、よく言われるヒューマンスキルの欠如のようなものは入っていません。
 そうすると、わたし的「オタク」は、ちょっと変ってはいるけれども趣味を極めた人であり、尊称であると言ってもいいのです。私が誰かをオタクと言ったとき、そこにはある種尊敬の意が含まれていたりします。

tag : オタク

ポルノ: 『ツンマゾ!』一作目の方についてちょっと

 フミツキマサヒトさんのブログ見てたら、過去のこんなエントリにリンクが。
 というわけで、そこで紹介されているブログを見に行ってみたら。

 「「ツンマゾ! ツンなお嬢様は,実はM」は素晴らしいラブコメである」というエントリの最後に、目がとまりました。
 私のお気に入りのこの作品の、一番好きなところ。それに触れてる人、あまりいないんですよね。ネタバレになるからかな。どこかというと、その目がとまったところ。
> 最後の最後で主人公はこれをひっくり返す秘策を繰り出す
 ここです! これがあるからこの作品大好きなんです!

 主人公健児とヒロイン真子の間には決定的な齟齬がありますが、その性格のアクの強さからか、ずっと真子ペースで話が進みます。だから、健児視点で読んでると、非常にもどかしいわけです。しかも、真子も内心では結構その気になってるのに(読者にはそれがわかっちゃうんです)。
 ですから、第五章に当たる「ツンマゾ5 受精確定中出しデートなんて……幸せすぎ」で健児が見せてくれた「計画の最終段階」、それが↑で紹介したエントリで言えば、
> それは読んでカタルシスに震えてほしいなぁ~.
 となるわけです。
 以下、強烈なネタバレなんで。

続きを読む

tag : 美少女文庫 葉原鉄

アニメ: 『Angel Beats!』の新聞広告と萌え系作品

 うちでは讀賣新聞をとってるんですが。
 今朝、いつものように朝食をとりながら新聞をめくっていると、いきなりどでかい萌え系美少女(笑)が!
 4月から始まるアニメ『Angel Beats!』の、一ページ使った広告でした。

 これは、アニメ業界は元気だな─と見るべきなんでしょうか。一頃の深夜アニメラッシュもちょっと落ち着いて、まあ不満は書きましたけど『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』みたいなオリジナルの良作もあって。なかなかいい雰囲気かも知れません。
 厳しくてヤケになって大きな広告をうってるなんてこともあり得ますけどね。

 さて、この『Angel Beats!』ですが、Keyのシナリオライター麻枝准さんが全話脚本とのこと。Keyと言えば、私は、『Kanon』で散々泣かされました。泣きゲーって結構好きなんですよ(はいここ笑うとこ)。まあ、私が一番好きだったのはあゆシナリオとBGM『風を待った日』ですけど。私の記憶では、いずれも麻枝准さんではなかったような。
 でも、泣きゲー、もしくはその系統の作品でも、全編シリアスなのはそれ程好みでないと言うか。コメディタッチの作品にちょっとほろっとくるようなのが入ってるとか、そういうのいいですよね。このパターンに限らず、ちょっと違った要素の混ざったもの、好きです。
 私は、読書とかの幅が狭いので、あまり色んな分野の作品に触れてるわけではありませんが、その手のブレンド具合いは、日本の萌え系作品がとてもいいと思っています。笑えるポルノとか、感動するエロゲとか、シリアスな背景設定のあるコメディとか。漫画、アニメ、ラノベ、ゲーム等、特に萌え系の作品はそういう私好みの作品の宝庫です。

 ということを書いていて思い出したのが、漫画『ハヤテのごとく!』。
 連載している雑誌は読んでないので今どうなってるかわかりませんが、コミックスでは4月に発売の23, 24巻で大変盛り上がるとのこと。作者が「一気に読んでもらいたい」と希望を出し、二冊同時発売となったという、期待できる状況なのです。
 Wikipediaではギャグ漫画ということになってますが、この作品、上に書いたようなブレンド具合い、ギャグとシリアスのバランス、その辺りが絶妙です。この作品はアニメにもなってるんですが、原作とアニメ(特に一期)では、ストーリーテラーとしての格の違いを感じてしまいます。

 実際のところは、こういうブレンド作品は昔から結構好まれていたようですが、私の印象としては、現代という時代になって思い切り花開いているという感じがします。現代日本社会のもたらした精神の自由と情報流通。その辺りが鍵ではないでしょうか。
 私はこういう時代に生れて幸せなのか、こういう時代に生れたからこういう趣味の人間になったのか。

tag : AngelBeats

ポルノ: 中断されていて残念なWeb小説

 『葵日向の味も素っ気もないページ(仮)』というウェブサイトがあります。
 ここは、2002年暮から更新されていません。
 ですが、大変面白い小説が公開されています。タイトルは『Pure Innocence』。18禁です。
 私がこのサイトのことを知ったのは、確か2003年の前半でした。以来ずっとチェックしてるんですけど、復活の兆しも見えませんね。『Pure Innocence』も途中で中断されていて、続きが気になります。

 この小説、18禁というだけあって所謂ポルノなんですが、えっち度合いとかもさることながら、登場人物がなんかいいんですよね。主人公の理音のシニカルなような熱いような性格。途中で知り合う翠の理性的で優しい性格。みんなちょっと複雑で、なんか陰がありそう。
 物語も、色々隠されていそうな感じ。
 ですが、放置されたままなんですよねぇ。
 どこかで続きが書かれていたりしませんかね。有料でも読みたいです。見付けたと思ったら同名の別作品だったり……。

tag : 葵日向

歌とか: Kalafina『Red Moon』からお気に入りを三曲

 私の好きな音楽ジャンルはと言えば、まあ要するにアニソンです。

 さて、今年の一月から始まったアニメからは、私好みの曲が沢山出てきて、なんか嬉しかったり。
 特に好きなのが、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』OPテーマ曲の『光の旋律』です。
 これを歌っているのは、女性のグループ、Kalafina。私はこれまでこのグループ知りませんでしたが、プロデュースをしている梶浦由記(Wikipedia)は知っていました。知ったきっかけはやはりアニメで、『NOIR』の音楽です。『canta per me』『salva nos』なんか良かったですね。

 そんなわけで、Kalafinaのアルバム『Red Moon』です。
 『光の旋律』を含む全13曲。いい曲がいくつもありますが、その中で特にお気に入りなのが、『red moon』『光の旋律』『Kyrie』。
 実は私は、あんまり音楽について詳しくありません。なので、的確な表現でどこがいいのか説明できないのが残念です。その上で紹介してみると、こんな感じです。

 『red moon』は、なんだか神秘的なイントロで始まる曲です。このイントロはアルバム『Red Moon』のTV CMでも使われていたので、それで注目していました。サビのところの切ない旋律がなんとも心に染みる感じで、惹かれます。
 『光の旋律』は、エスニックな感じのリズムですね。アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』の世界観にだいぶマッチした感じの詞と曲です。というか、私はこの主題歌で、あのアニメの雰囲気をイメージしていました。『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』は、終ろうとしているとも言われている世界が舞台ですが、そんな中でも楽しく暮している少女達を描いています。まさにどんぴしゃな感じです。
 『Kyrie』はアップテンポな曲ですが、なんか物悲しい感じもする作品です。Kyrieという言葉についてはWikipediaが参考になると思いますが、ミサ曲の構成要素なんですね。『red moon』もそうでしたが、詞・曲の切なさがとても印象的です。
 Kalafinaの人達の歌い方は、なんというかこう、「歌い上げる」という感じ。時には朗々と、時には華麗に、響き渡るように。とても素敵です。

 Kalafinaの前のアルバム『Seventh Heaven』も良かったので、このグループにはこれからも注目していこうかと思います。梶浦由記の楽曲によく合っていると言うべきか、梶浦由記が彼女らによく合った作品を用意しているのか。

Red Moon(初回生産限定盤)(DVD付)Red Moon(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/03/17)
Kalafina

商品詳細を見る
Red MoonRed Moon
(2010/03/17)
Kalafina

商品詳細を見る

tag : Kalafina 梶浦由記

お知らせ: とにかく始めてみました

 私は水響俊二といいます。みずきしゅんじと読みます。

 このブログは、ただ単に、私の好きなものの感想、なんとなく思ったことなどを徒然なるままに書くために作りました。
 ほんとにそれだけです。
 いや、もしかすると、自作の小説とか公開するかも知れませんけど。
 とにかく、テーマを設定したりとか、そういうことは何も考えず、適当にやります。

 よろしくお願いします。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中