FC2ブログ

マンガ: 『ARIA The MASTERPIECE 5』感想

 なんか忘れた頃にやってくる感じの発刊ですね。

ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 5 (BLADE COMICS)
天野こずえ
マッグガーデン (2017-03-10)
売り上げランキング: 91

 この巻には、本シリーズでも個人的に特に印象的だったエピソードが収録されています。
 それは「Navigation48 墓地の島[サン・ミケーレ]」です。

 ある意味ではあまり『ARIA』らしくないとも言えるのですが、これは、灯里が本当に危なかった話ですね。
 ただ、その展開の中で、本シリーズで一つの軸になっている灯里とケット・シーとの関わりというのが色濃く表現されています。この「墓地の島」というエピソードでそれがはっきりと固まったと感じられるくらいに。

 このエピソードが印象的であるのには他にも理由があって。
 それは、絵です。
 黒いドレスの女性に手を引かれ、サン・ミケーレの墓地を走るシーンとか。あの構図の取り方は実に印象的です。傾きの向きや人物の位置など。
 また、その「噂の君」のヴェールがめくれる瞬間の顔の描き方とか。その直後のケット・シーの登場とか。

 まあこのエピソードでは迫真的、と言うと何が「真」なのかということになりますけど迫ってくる感じの絵が強烈でしたが、元々本作では印象的な構図の絵が沢山描かれています。
 例えば、この5巻で言うならば「Navigation42 停電」の終盤の見開きは綺麗だったし、「Navigation46 ゴンドラ」の終盤の擦れ違うシーンはちょっと感動的だったし。

 あの作品世界の雰囲気は、物語の作りや舞台だけでなく、その描き方にも依っているのは間違いないですね。

 ところでこれは全くの余談ですが。
 非常に今更ですけど、ポストアポカリプスという言葉を最近某作絡みで知りました。そんなタイプのアニメ作品『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』の世界の雰囲気がとても好きだったのですが、その「好き」な感じがどこか馴染みのあるものだったようにも感じていました。
 今回唐突に思ったのですが、その時に感じたものの正体って、この『ARIA』の世界の記憶だったのかも知れません。
 勿論、『ARIA』はポストアポカリプスものではありませんが、過去に存在した街の様子を別天地に再現しているわけであるし、そんな中、その街は元はヨーロッパにあるものだったのに日本的なものが沢山混じっているし。
 なんか、色々似ているなぁと、ふと思いました。

マンガ: 『からかい上手の高木さん 5』について

 5菅の冒頭と、本編の最後の部分についてだけ感想。

からかい上手の高木さん 5 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
山本 崇一朗
小学館 (2017-02-10)
売り上げランキング: 8

 いやこの5巻は、最初と最後に爆弾が仕掛けてありましたね。

 最初の爆弾は、巻頭、目次の前にある「想い出」。高木さんが読者をからかってくるという(笑)。
 あの頃から10年以上経って子供もいる高木さん。昔の写真を見てしんみり……でも、最後のカメラ目線は何ですか?

 で、本編最後の「クリティカル」。
 これ驚きました。あの高木さんが、初めて西片君にしてやられたんじゃないですか? そう思って読んでみると、「しょうがないなぁ。」の次の一言、あれはちょっと冷静さを欠いている感じがします。本音が出すぎてしまっているというか。
 いやはや、クリティカルこわいですねぇ。
 まんじゅうこわい的な意味で(笑)。

マンガ: 『そわそわDrawing 3』感想

 このシリーズももう3巻ですね。

そわそわDrawing (3) (4コマKINGSぱれっとコミックス)
火曜
一迅社 (2017-01-21)
売り上げランキング: 710

 ……画像出ないな。尼さんとしては18禁扱い? まあちょっと際どい絵ではあるけど。

 1巻、そして2巻もまた巻末の辺りで結構大きなイベントがあってそれなりの解決を見てきましたが、3巻はさほどではないですね。ただ、芸祭(芸術祭、白美の文化祭)の話が出てて、今回は「引き」がある感じでしょうか。これから何かあるぞ、的な。

 3巻ではカラー口絵マンガで服を(あまり)着ていない萌葱が一杯出てきますが、全部宵さんの妄想の中です(笑)。ただ、そこで宵さんがフィーチャーされているのは、妹のまひるが登場するからですかね。
 アイドル志望のまひるもまた、白美の学生ではないのに話に絡んでくることとなります。というわけで人間関係にもそれなりの波紋が生じるのですが、一番影響が大きかったのは陽夏ですね(笑)。

 洋一と萌葱の間には意外と影響がなくて、むしろ丁度いいスパイスという感じでしょうか。そして、遅々としている気もしますが(笑)、進歩も見えます。
 例えば、p16〜17辺り。洋一は萌葱に

「俺は千暁さんをうまく描きたいって それが目標だって
そう…決めたから…!」

などと言えるようにはなっています。それには萌葱も結構感じ入っちゃってますし。
 またp85で洋一は、自身の思う萌葱の魅力について語れてしまっています。

「全体の印象というか…雰囲気が 俺のイメージとぴったり合ったんです
初めて会ったときから…
“描きたい”気持ちになる それがきっと魅力なんだと…」

 多分、萌葱にとってはとても嬉しい言葉の筈。

 というわけで、今回の一番のイベントと言えば……やはりp63辺りからの大事件でしょうか。
 デッサンが終わって萌葱が着替えようとしたら、なんとぱんつが見つからない! 仕舞いには「今日はこのまま帰ります!」などと悲愴な決意をする始末(笑)。
 それにしても、その取り乱しようというか混乱具合いがまたいい。

「…………あれ…?
そもそも今日ちゃんとパンツ穿いてきたっけ…?
まさか朝ここに来たときから…!?」

 しかし何と言ってもほのぼのなのが、洋一が全く疑われないことです。彼の普段の行いというのもあるでしょうし、萌葱の心根というのも、どちらもあるからでしょう。

 ところで、まひるのことについては陽夏が影響を受けてたと言いましたが、ちょっと可哀想なこともありました。p32のシーンですが、折角思い出の場所に洋一を連れ出せたというのに……という。
 ただ、それで洋一のことを再認識できたので結果オーライかも知れませんけどね。

 あと、イラストの話。
 エピソードの間にある(多分)描き下ろしのイラストの萌葱って、本編よりも気持ち頭身が高めで、少し大人っぽく見えますね。p53とかp72とか。
 それから、やっぱり一番服を着ていないのは宵さん絡みですな。カラー口絵の扉、表紙イラストに続くシーン(笑)っぽいのとか、p103のとか。
 というわけで宵さん、「A案」でお願いします(笑)。

マンガ: 『からかい上手の高木さん 1』の第一話について一言

 この作品、実は結構前から気になってはいました。

からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
山本 崇一朗
小学館 (2014-06-12)
売り上げランキング: 2,090

 まあ発表されてすぐとかそこまでではないですが、一応まだ一巻しか出ていなかった頃ですね。ただ、買おうかどうしようかずっと迷っていて。
 今期の某アニメを見て、買ってみようという気になりました。駱駝が針一本で潰れたわけですね(笑)。

 で思ったんですけど。

 一巻冒頭の「消しゴム」。
 あれで西方君がもう一方の消しゴムを選んでいたら、もうそこでこの話は終わっちゃってたんじゃなかろうか(笑)?

マンガ: 『やがて君になる 3』感想

 1巻の感想で書いた状況が、そろそろ現実化しそうな雰囲気です。

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)
仲谷 鳰
KADOKAWA (2016-11-26)
売り上げランキング: 50

 つまり、最後の方に書いた

 侑にとって燈子が特別になった時こそ、燈子にとって侑が特別でなくなってしまうというフラグ?

という部分ですけど、うーん、そこまでは行かないかなこの先も。多分、侑がそれに気付いてしまって悩むことはあるでしょうけど。
 というか正確には、「でなくなってしまう」まで行かないで欲しいという願望ですね予想というよりも。なんだそんなこと気にしてたの?みたいになるといいな、とか。

 今回特に気になったことはいくつかあって、その中から二つ挙げてみます。

 まずは(多分)表紙のイラストにもなっている相合傘〜雨宿り。
 この時侑は、傘がなくて濡れて帰ることを覚悟したところに七海先輩が来てくれたことについて、多分無意識に、「嬉しかった」と言ってしまいました。先輩は「嬉しかった?」と返していますが、直後、

「その嬉しいって」
「どういう意味?」

というモノローグが、二つのコマの二人の顔に跨るように挿入されています。先に動いたのは侑の方で、「変な意味じゃない」と弁明しています。
 ……してしまっています。
 それに対し先輩は、「そうだよね 侑は」と応えています。侑はそれを聞き、「……」の間に一体何を思ったのか。
 この巻では最後に体育祭があるのですが、先輩は侑に、ごほうびをねだっています。侑の方からする、というのがそのごほうびの重要なところなのですが、この雨宿りの時に侑はすでに、自分から求めようとして、そしてそれを実行する前に引いています。つまり、手を重ねようとしたことですけど。

 冒頭に述べた願望にはなんだかんだ言って予想という側面もあって、侑がこのように特別になってしまうことを気にしているのに対し、先輩は侑から動くことを求めているわけで、つまりさほど気にしていない可能性を示しています。
 問題は、その「さほど」ってのがどこまでなのか、なんですよね。表紙と同じように多分帯に書かれていることもそれが重要だからだと思うんですが、侑のこの台詞(モノローグ)が引用されています。

あの時の七海先輩は たぶんこう言ってた。
「私のこと 好きにならないで」


 さて、もう一つの気になったことは、体育祭の日の槙くんとの対話。
 こちらは雨宿りの方ほど謎が深まる!という話ではないんですが、というかむしろ何かが明らかになる系ですね。
 つまり、侑の気持ちが動いている、それがよく見える。そういうところをよく観察している人物の目を通していることで、言葉としても表現されていますし。

だってさっきのは
寂しくない人のする顔じゃないよ


 とまあ、侑の側が見えてくるとその反対側にいる先輩がどんどん謎になってくるのが面白い。という理由でなのかもしれませんが、何となく今回の感想では「先輩」と表記しています。
 そんなこんなで目が離せない今後の展開ですが、取り敢えずこの3巻についてもうちょっとコメントしておくと、侑の寝顔を先輩に送ったお姉さんGJ!とか、「かっこいい」が効いた時の侑がいいなとか、あの先生が……!とか。

マンガ: 『ひだまりスケッチ 9』感想

 いやー相変わらずいいですねこの雰囲気。
 今回は、主に二人の登場人物に焦点を当てて感想を書こうと思います。

ひだまりスケッチ (9) (まんがタイムKRコミックス)
蒼樹 うめ
芳文社 (2016-11-26)
売り上げランキング: 22

 一人目は、ゆの達のクラスメイトの中山さん。
 ……ごめんなさい。これまで、こんな人いたっけ?という感じでした。人物というよりも、こういう役回りのキャラが、ということで。まあ、ゆの達三年生の修学旅行というイベントや水着選びの話があったためにその役どころが目立ったということもあるのかも知れません。
 いや実際、ひだまりってこういうセクシャルなネタが目立つ事ってあんまりないですからね。ああそういえばいたなーくらい。というのは昔からの読者失格か(笑)。

 それにしても、別の作品でもそうでしたが、ほんとうめてんてーっていやらしくもエロくもなくこういうネタを描くのが巧いですよね。
 まあ、中山さんの頭の中をもちょっと具体的に覗いてみたい気がしないでもないですけど(笑)。

 そして中山さんに続いてもう一人は、フェス太こと茉里。
 8巻で颯爽と登場して一気にファンになり、もう一発感想を書いちゃったりしましたっけ。

 最初に感想を書いたときにはまだ読んだエピソードもそう多くなく、今回9巻を読んでだいぶその人物像が見えてきたのですが……。
 結構豪快ですね(笑)。
 宮子も豪快と言えると思うんですが、あちらは野性児っぽい感じがします。茉里はどちらかというと横文字で表現したくなる感じですね。例えば「エキセントリック」とか。

 そんな中、とても印象に残ったエピソードがありました。まあたまたまつい先日、ラノベの感想で似たようなネタがあったからというのもありますけど。
 それは、「そんな先生もいません」という、9巻では93ページにある一本。なんか乃莉がスランプで、絵が描けなくて……という話の流れの中で出てきたものですが、途中で登場(帰宅)した茉里が持ち出したのが自分の先生の話。

私の尊敬してた中学の美術の先生が言ってたんですけど
そういうつまずきって大抵上達の転換点なんですってー
「手より先に目が成長したから描けてないように感じてもどかしいけど」
「そこで頑張って手を動かすとぐぐっと上達するぞ」って


 いい話だなーと思ったら、茉里はゆのにこっそり一言。

「ま 今の話全部私の作り話なんですけど」
「えっ!!?」

 をい(笑)。
 でも、アドリブでこれ言える高校一年生って……?
 やっぱり茉里っていいなーとも思いましたし、最下級生でこのキャラって、なんか奔放でませた末の妹みたいな雰囲気で面白いです。
 それに今回は「丸裸」にもなってましたし(笑)。今度、ゆのと宮子を「すっぽんぽん」にしてくれるそうで楽しみです。

 あとはまあこういう作品なので、単行本としてまとまると細々とした色んな話が盛り込まれていて追求するときりがないのですが、ゆのや宮子がオープンキャンパスで美大に行った話では、沙英さんヒロさん夏目さんが出てきて、それでなんかほっとしたというのもあったりしました。

マンガ: 『この美術部には問題がある! 7』感想

 発売日に買ってその日に堪能したんですけど、今週は何か色々忙しくて日が経ってしまいました。

この美術部には問題がある!7 (電撃コミックスNEXT)
いみぎむる
KADOKAWA (2016-09-27)
売り上げランキング: 360

 とかいう割にはどうでもいいことなんかも書いていたりしていてアレですけど(笑)。

 それにしても何とも豪華な巻でした。相合い傘のお礼……いや一応送ってもらったお礼をどうしようか宇佐美さんが悩む話とか、マル秘なDVDの話とか、すば子登場!(笑)とか、水着回(×2)とか。
 また宇佐美さんに注目すると、かおりん提案の「プレゼントはわ・た・し♥」な宇佐美さんとか、ネコみみ宇佐美さんとか、マル秘のDVDを内巻君と見ちゃう宇佐美さんとか、いきなり内巻君に「服 脱いでもらえます?」とか言われちゃう宇佐美さんとか、無意識にやっちゃったせいかもう堂々と間接キスしちゃう宇佐美さんとか。
 随分並びましたが、こういうのが正しい読み方ですよね? ね?

 まあでも相変わらず、想定の範囲内で予想外の展開という謎のストーリーが実に楽しい。例えば。
 以前、例の宝探しで出てきたものがあんなの(笑)だったこともあり、部室の物置で見つかったマル秘のDVDがそういう内容(笑)なのではないか、と思いきや苦心の末見てみたら「門外不出 マル秘 デッサン講座」だったとか。
 ……ということで部長が5秒で飽きたんですけど、このDVDプレイヤーは内巻君が伊万莉さんと一緒にアニメ鑑賞していたものだなとちょっと対抗心を燃やしちゃった宇佐美さんが一緒に見ようと内巻君に声をかけたら、デッサン講座のレッスンIが「裸婦デッサン」だったとか(笑)。
 しかも、ちゃんとオチもあるし。

 あと、この7巻ではののかさんがちょっと重要な役どころですね。本編だけでなくおまけでも。

 というわけで、そんなこんなあってもやっぱりいつものように優しくてあと宇佐美さんが可愛いお話でしたが、どうしてもちょっと気になる点として挙げておきたいことが。
 90ページから91ページの間、あの美術部室では一体どんな光景が繰り広げられていたんでしょうね?

マンガ: 『この美術部には問題がある! 〜6』感想

 今期アニメが放送されていて、それ見て大変気に入ったので原作も読んでみました。

この美術部には問題がある! (6) (電撃コミックスNEXT)
いみぎむる
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-24)
売り上げランキング: 1,229

 それでやっと気付いたんですけど、この原作者の人、以前別の作品(『サイトーくんは超能力者らしい』)読んでましたよ私。でも、レビューしたと思ってたらしてなかったですね。

 さて、この大した事件も起こらない地味ーな作品、なんでこんなに心地好いのかなと自分でもなんか不思議です。
 まあ、はっきりと言えることもいくつかあるんですけど。
 例えば、絵柄。アニメの絵柄もいいですが、原作のもっとスリムな(色んな意味で(笑))感じとか、あとどう表現したらいいのかわかりませんが、シンプルで素っ気ない無機質な線とか。
 また例えば、でも描いていることはどこかハートフルであったかいとか。典型的なのが、6巻に収録されている「37作品目 第1回クジ引き大会」のコレットさん。これは長くなるので、後で書くことにしましょう。
 更に例えば、人の関係の連なりとか。6巻でその環が閉じた萌香とかね。
 キリがないのでもう一つだけ挙げるとすると、ストーリーの「オチ」。基本的には一話完結なのでほぼ毎回一つのエピソードが完結しているわけですが、最後にちょっとだけ捻りがあるんですよね。

 作中、宇佐美さんが水瓶座生まれであることが明かされていますが(「20作品目」)、これまでに私の見たところ、こういう設定をする作家さんて星占い(西洋占星術)をちょっと意識していて、その占いで言うところの(本作であれば)水瓶座もしくは風の星座もしくは男性星座的なイメージや感覚を好むところがあると思います。あいや、内巻君はしし座らしいのでそっちかも知れませんけど。で、だからなのか登場人物が、多くの場合男性星座(もしくは女性星座)に偏っている。
 そういう好みは、漫画家なら描く線とかにもそういうことが表れていると思います。上記のような絵柄とか。また他にも、物語の構造とか構図にも出ていますよね。上記のように人の関係が巡り巡って閉じているとか。

 ちょっと話が逸れました。ここで、後回しにしていたくじ引き大会の話をしましょう。
 部活で宇佐美さんがいきなり、くじ引きを提案します。それぞれが絵に関するお題を紙に書いて箱に入れ、引いた人はそれを描かなければいけないというルールです。
 コレットさんは、誰かに似顔絵を描いて欲しくて「わたし」と書いたのですが、最後に残ったその札を自分で引くことになってしまいました。
 ところで、内巻君は宇佐美さんが書いた「落ちこむ人」というのを引いていて……という話です。
 ここで重要なのは、その続きが描かれていない、仄めかしているだけということです。言わぬが花、的な感性でしょうか。

 他にも、「20作品目」で謎の美少女転校生伊万莉さんが内巻君のクラスにやってきて彼との共通の趣味があったりして接近もするのですが、それで宇佐美さんに危機的な状況が発生するわけでもないし。
 物語の、情動の面での振れ幅がある一定範囲を越えないよう、コントロールしていますよね。
 ただ、そうであるからには宇佐美さんに劇的なハッピーエンドが来ることも多分(最終話が来ない内は)ないんでしょうけど(笑)。いやまあ、その最終話ですらそうなる保証もないわけですけど。

 結局、私がこの作品を好きなのは、これまでに挙げたようなことを全部引っくるめた、その「感じ」「雰囲気」なんでしょうね。だから、極めて感覚的な理由です。技巧に関することであっても、そのようにしようとする訳というのがある筈で、その根拠となる感性が近いということなのでしょう。

マンガ: 『あとで姉妹ます。 1』感想

 本屋で見て表紙買い。

あとで姉妹ます。 (1) (百合姫コミックス)
めの
一迅社 (2016-07-16)
売り上げランキング: 4,637

 どうでもいいですけど帯が(笑)。
atodeshimaimasu_1.png
 確かに、共通点はありますね。
 それにしても、昔はなかったとまでは言いませんが最近こういう出版社の垣根を超えた交流って増えてきましたよね。

 さてそれでは本編について。
 ……書き始めたのですが、FC2がいつもの言葉狩りを始めたので、お勧め!するだけで止めておきます。
 いい作品だしエロもないんですけどね。
プロフィール

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中