FC2ブログ

独り言: 日本は北朝鮮に学ぶべき

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国(笑))に対しては、各メディアや偉い人達が揃って、非理性的であるとしていますが、さて果たしてそうでしょうか。
 日本で言う理性的とか合理的とかそういうのって、本当に理性的だったり合理的だったりする?

 例えば、企業のリストラ。
 そういうのが本当にどれだけあるか知りませんが聞くところによると、各部門で一律で人員削減というのが日本企業の特徴的なやり方だとか。みんなで痛みを分かち合う、みたいな。
 まあ、一律のどこが「リストラ(restructuring)」なのかってのはおいとくとしても、これは非常にまずいやり方だというのは定評があるようじゃないですか。つまり、事業をばさっと切るとかだと現場としては、「どうして俺事業が」となるわけですが、これが一律だと「どうして俺が」になるわけです。前者だと、周囲も含めてだし、人ではなく事業なので二段階の緩衝剤があるのですが、後者だと個人攻撃になります。
 みんなで分かち合うと言ったって、現場まで降りてくれば馘か残るかのデジタルだし。
 しかも、判断を部下に丸投げ、というおまけまで。

 例えば、人的資源の扱い。
 日本には人しか資源がないとか昔よく言われていましたが、どういうわけかそれを、人ならいると解釈する人が多いようで。そのせいかどうか知りませんが、機械を入れるとカネがかかるから人が頑張ればいいじゃないかみたいなことが横行しているようじゃないですか。本末転倒。
 それで人が来ないから外国人実習生を安く扱き使おうとか、人としてどうなの?
 尤も、今はもう本当にカネが出せないのかもね。ケチっている内にポテンシャル障壁を乗り越える力もなくなっちゃったかな。
 まあ、IT嫌いなんかは同情の余地がないわけでもない。結局業務は合理的にならなかったなんて例が沢山あったわけですが、でも元を糺せばそれだって、「現場力」「カイゼン」とか言って色々なことを現場に丸投げして部分最適を推し進めたせいだし。

 立法も行政も司法もメディアも極めて感情的で、むしろ合理性は排除しようとしているみたい。

 ちょっと前に大騒ぎになったWannaCryは、どうやら北朝鮮の関与が疑われると見る人が多いようですね。私も直観的には(つまり大した根拠もなく)そんな風に思っていました。
 それが正しいとすると彼の国は、人を極めて効率的に動かしていることになります。日本とは正反対ですね。
 そもそも、あんな体制の国が何十年にもわたりちゃんと存続しているってのもおかしいじゃないですか。すぐにでも破綻しそうなものをアタマおかしい人がどうやって維持してるん?

 彼等の目的や、目標とする国家像などを真似されては困りますが、学べるところは色々あると思うんですよね。
 その、どう考えても狂ってるとしか思えない相手から何かを抽出できるようになること自体がお勉強と言えるんですが。実は、そういうのが日本では最も必要とされているように思います。
 全肯定か全否定しかないというような非理性的な考え方から脱却するためにはね。

独り言: 独り言 - 2017.6

 なんかこのブログ最近、愚痴っぽいことばっかりになってますね〜。3〜5月の疲れが抜けてないからかも?
 まあ、結果的にはそれで、以前準備をする頃かもとか言った時に触れた件にも近い内容になったりしてますけど。

 ただそれとは別に、やってることはあるけど書けないなぁというのもあるんですよね。
 書けないってのは秘密だとか場にそぐわないとかいうことではなく、単にまだ中途半端だからなんですけど、でも、仕上がったとしてもやっぱりここに書くような話でもないかな?

 実は、ちょっと考えているプログラム(コンピュータのソフト)があって。
 調べないといけないなぁと思いつつネットや本を探しても今一つ細かいことがわからなくて、こりゃRFCを読まないといけないな面倒だなと。そう思ったのがなんと、2010年の秋でした。ちょっと自分でも驚き。しかも、いざ思い立って真面目に読んだら知りたかったことは1時間くらいでわかっちゃった……。その後も色々確認のために読み返したりしていますけど。

 その約7年前のネタをこの春頃にあったことで思い出して、応用できないかと考え始めたのですが、考え始めると中々収束しなくて。ま、気長にやります。

 それはそうと、そういうことをやっていると某超有名アニメに登場していたキャラを思い出し、彼になったような気分になります。
 その人は、結構優秀な技術者だったようです。
 テム・レイって人なんですけどね(笑)。

独り言: 転載)中世の「忘れられる権利」

 裏ブログからの転載記事です。そちらでの公開は2017-05-17。

--
 警察と裁判所とマスメディアは、自らの責による殺人を認識すべし。

 いや、近頃多発して話題になっている「痴漢」の死亡事故(?)の件ですけどね。鍵かっこを付けたのはそう疑われただけだからだし、クエスチョンマークもそれは事故と呼べるのかという疑問を示しています。
 どう考えても冤罪、と個人的には思っている件もありますが、彼等は何故逃げるのか。
 実際にそうであるかともかく一般には、捕まったらその時点でマスメディアに制裁を受け、警察は勾留と自白強要をし、裁判所は疑わしきは罰するという原則によって裁判を行う(ただし警察関係者の場合を除く)と認識されているからです。
 特に痴漢の容疑の場合、その人物を「疑わしき」としたのは通常は単なる素人ですから。

 つまり、彼等の死は、警察と裁判所とマスメディアによるものです。

 さて、前置きが長くなりましたが、各国から指摘を受けているようにこのような中世の日本では、よく議論されているのと違う意味での「忘れられる権利」が必要だと思うのです。
 報道などで犯人扱いされる人物は通常まだ「容疑者」であるわけですが、それが冤罪だったとしてもメディアは別にその人の名誉の回復に努めたりはしません。でも、報道は報道です。……そもそも報道と言えるのかという点は措くとして。

 ならば、Google等の検索エンジンには、中世向けの「忘れられる権利」を認めてもらいたい。
 犯人と報道されてそうでなかった場合には、報道等が出てこないようにしていただきたい。

 事後の追跡が必要になりますけど。
 でも、お手数ですが是非、よろしくお願い致します。

独り言: 青少年保護のための表現規制は漫画が対象、というわけにはいかなくなった日

 この件、表現規制の対象を漫画に限る理屈ってどこかにあるのでしょうかね。

強制わいせつ容疑の男「漫画を真似」 県警、作者に異例の申し入れ (埼玉新聞) - Yahoo!ニュース
(強制わいせつ容疑の男「漫画を真似」 県警、作者に異例の申し入れ)

 「検査」と称して女性の身体を触ったとして、強制わいせつ容疑などで埼玉県警に再逮捕された男が、成人向け漫画同人誌を読んで手口を真似したという趣旨の供述をしていることが13日、捜査関係者への取材で分かった。県警は被害の再発防止に向けて、漫画の作者に模倣した犯罪が起こらないよう配慮してほしいと要請した。県警によると、犯罪に模倣されたとして著作物の作者に申し入れをするのは異例。

 県警は今月、男性に作品を模倣した事件が発生したことを説明。その上で、今後は模倣されないよう配慮してほしいと要請し、「作中の行為をまねすると犯罪になる」といった注意喚起を促すことなども頼んだ。男性は事件にショックを受け、県警の申し入れを了承したという。

 捜査関係者は「表現の自由との兼ね合いもあって難しいところだが、子どもを狙った悪質な事件で、社会に与える影響を考慮して申し入れを行った。今後、ほかの作者の作品が模倣されて犯罪が発生した場合も、同様の申し入れを行うことを検討したい」としている。


 例えば東京都の非実在青少年からの流れでできた条例には、青少年は漫画しか読まない、か小説で読んでもわからないから漫画を規制すればおk、という理屈が一応はありました。あれは、読者(と非実在の登場人物?(笑))を保護するという名目だったので、それが正しいかはともかくとして、漫画に限る根拠は用意していた。
 しかし、今回の場合は、表現の規制を漫画に留める理由が見当たりません。

 というわけで、これで理屈のうえでは、あらゆる情報伝達(摸倣を防ぐ目的なので、創作物に限らない)は、弱者を被害者とする場合の手法の情報を伏せなければなりません。今の風潮だと、青少年、女性、高齢者が被害者であってはならないってとこかな。
 そしてそれだけでなく、問題なのは手法なので、それが弱者に対しても転用できるものであれば規制の対象としなければ、今回の動きとは矛盾します。

 まあ、受け手本人が被害者となる自殺に関する詳しい情報の報道なども対象となると思えばいいこともあるってことですかね?

 エロマンガを規制するのなら理解を得やすい、ということでやったんでしょうけど、逆に言うとそれ以外の理由はちょっと見当たらない。
 ただ、実際に今後もあるとすれば、同じ理由(か?)で漫画だけが対象になるでしょう。しかし、漫画に限る理由も、そもそも法的根拠も多分ない。

 ある意味でこれまでと変らないとも言えますが、警察のご意向を忖度しながら描くしかない、ということなんでしょうか。
 恐ろしいことに、警察が直接、それも突然乗り込んでいるようだし。

独り言: もうマスコミはITの報道やめれ

 これまでに三つくらい書いてる「もう新聞はITの記事書くのやめれ」に連なる話ですが、今回のタイトルは単にそれに合わせる形にしたかっただけでこうなったので、実際には「やめれ」という程酷い話ではありません。おいおい……くらいで。
 でも、呆れる気持ち的にはそう変らないかも。

 何かというと、先週末から話題になっている、ランサムウェアWannaCryによるサイバー攻撃に関するNHKの、昨日(2017-05-15)の21時のニュース。
 専門家による話が続いたあと桑子アナが、最後のまとめっぽく言ったんですよね。ウイルス対策ソフトが古かったせい、みたいなこと。

 いやそれ全然まとめじゃないから。それまで出てた人の言ってることと違うから。ウイルス対策ソフトの話なんて出てきてないから(多分。少なくとも主役じゃなかった)。
 まあ、OSのパッチも機能的にはウイルス対策となることがあるわけで、言葉の通常の用法を無視すればパッチをそう呼んでも間違いとは言えないかもしれませんけど、でもそういうことを言ったんじゃないですよねあのヒト。

 NW9の前の男性アナがあまりに酷かったので最早ちょっとやそっとじゃ気にならなくなりましたが、ああいう人達って、自分のコメントで締めくくらないと気が済まないんでしょうか。
 でも、自分の言葉で言い換えて別の意味になったんじゃねぇ……。

独り言: ORとANDと不必要十分

 ここでいうORとかANDは、例えばC言語でいう"|"とか"&"とかの演算子のイメージです。
 などと言うとむしろわからなくなっちゃうかも知れませんけど。

 bitwiseな演算でORとかやると、イメージとしては段々ビットが立っていきますよね。勿論、対象となるデータによるわけですけど。逆にANDだとなくなっていく。
 いいことや便利なことがあるから一緒にすればとってもいい/便利になるという風に思いがちですが、実際にやってみたらそれぞれが足を引っ張りあって結局ダメダメになっちゃうことも多くて、今回はそういうののお話です。

 TPPなんかは、経済の協定のようでありつつ色々混ざってて、しかも、思惑まで含めると安全保障の目的まで紛れ込ませてあったわけです。
 が、手抜きをして一緒にしたりせずそれぞれをちゃんと考えておけばいいものを、相乗りさせれば便利だよね♪というノリでやってたら全部流れちゃいそうなことになって、結局大慌てしてるじゃないですか。

 そもそも自由貿易にしたって、経済の人はそれがいいに決まっていると言いますね。
 まあ、確かに貿易が自由にできるのはいいに決まっている。しかし、いいことに悪いことが付いてこない保証もない。会社は儲かったけどみんな貧乏になった、なんてことは別に珍しくもないし。
 そういう意味では、移民なんかも似たところありますか。

 共謀罪なんかもそんなところがあるように思います。
 せっかくだから、ついでにこういうのも取り締まれちゃえばいんじゃね?便利だよね?という調子でやってるように見えちゃって、ねぇ。

 あとは、マイナンバーカードとかね。
 カードのICによる個人認証は大変便利そうで、実は昔からそういう仕組みが欲しいと思ってはいたんです。でも、多分マイナンバーカードは失敗するでしょう。残念ながら。
 何故か?

 マイナンバーが書いてあるから。

 マイナンバーが知られたからと言って色んな情報がわかっちゃうわけではない。偉い人はそう説明します。
 確かに仕組みからするとそう言えるようになっているし、あの番号はむしろ名寄せ用に欲しがられていると思われます。
 しかし、(記憶では)番号を公開した人が警察のお世話になっちゃったり、企業でそれを扱う部署は専門の部屋を用意しろとかそれが無理ならパーティションを買えとか、コンピュータのメーカーが番号の記録された機器の保守を拒否したりとか、それは過剰反応だと言いますがそうせざるを得ないとしか読めないガイドラインが出ていたりとか。
 つまりは、そんな恐ろしいモノが書いてある代物をほいほい持ち歩けるわけがない。
 マイナンバーというのは、冒頭の比喩で言えば、1bitだけ立ってて後は全部寝てるデータってわけです。

 なんかマイナンバーカードの話が長くなりましたが、元々はその話をしようと思ったら似てる話が沢山あるなぁと思い始めてできあがったエントリなので(笑)。
 要は、ついでにこれもできると便利だよね?ってのはなるべく考えない方がいいんじゃないかということで、言い換えれば、一つのものに複数の目的を載せるのはよした方が良いということで。
 まあ、裁量の余地を残したがるお役所の人とかには難しいことでしょうけど。

独り言: ルペンは本当にルペンか

 マリーヌ・ル・ペンについては報道も含めて、まあ「・」を使うかどうかはともかくとして大体ルペンと表記してます。
 ただ、大学で習った時の記憶では、仮名表記して「エン」になるように聞こえる音はフランス語にはなかったんですけど。例えば、Parisienは普通「パリジャン」と書きますよね。女性形でParisienneにしても「パリジェンヌ」で。

 だから、Le Penでルペンというのは前々からどうにも違和感があって。
 でも、これは人名だからそういうルールとは外れていることもあるかも知れないし、そもそも大して真面目に勉強しなかった第二外国語のそれも何十年も前の記憶が正しいのかという問題もあるし。

 まあ、真面目に調べればすぐにわかることをこんな風に書いている辺り、あまり関心がないということですかね。
 むしろ、「ばっかも〜ん、そいつが(略)」と言いたかっただけかも(笑)。

独り言: 「抽象」の復権を

 前々から折に触れ言っていたことではありますが、あまりちゃんとは書いてなかったように思うので、一度軽くまとめておきたいと思います。
 きっかけは、とあるIT関連の記事。その中に、「抽象的にしか理解していない」というような表現が出てきたことです。あまり正確に引用できないのはそれがどの記事か忘れてしまったからですが、そんな言葉尻を捉えるだけのことでわざわざ探すのも面倒だし。
 でも、よりによってITの記事でこんな表現が……。

 今回の主題は二つあって、「抽象」という言葉の復権を望みたいということと、抽象的な思考の重要性がもっと認識されたらなーということです。ただ、前者に関しては別にその言葉に執着しているわけでもなく、基本的には後者のためなので、別の言葉で代替できるならそれでもいいです。
 ただ、思いつくのってどこか意味するところが違うんですよね。

 余談ですが、思いついた言葉に例えば「帰納」のような言葉があります。この言葉、演繹の逆って感じに辞書などには書いてありますが、あまり対称的でなく使われることが多いような気がします。
 つまり、演繹に対し帰納は、帰納して演繹するところまで含めている場合が多くないかな?ということです。
 まあ、美しくはないけど実はそれが正しい用法、なんてこともあるのかも知れませんけど。

 話を戻しますが、上記の記事の「抽象的」って、文脈からすると曖昧にしか理解していない≒そもそも理解していないという状態を指していたと思います。しかし、それに「抽」ですからね、なんかおかしい。絵を描けない人がちゃちゃっと描いたものを「略」画と呼ぶのがなんかおかしいのと同じようなものではないでしょうか。
 そして、曖昧よりもちょっと進んだ程度なのが、「具体的」なんじゃないですかね。「具体的にしか理解していない」。
 喩えて言えば、マニュアル通りにはできるけど、それに書いてない事態に直面すると途端に対応できなくなる、みたいな。
 ……なんか今読んでるラノベを思い出しましたが、かなりテーマの本質に関わることだし、レビューでもないのにネタバレはあんまりなのでタイトルは伏せます(笑)。

 で、抽象化できた段階がやっと「理解した」と言えるんだと思うんですよ。それが意味とか本質を掴んだ状態であり、理解でしょう。となるとそもそも、むしろ上記のような用例に「理解」はふさわしくない。

 なんとなく、具体的でないものが世の中軽視されているように思います。
 確かに、具体化できないのは抽象化できてないからじゃないかと思うのでそれはそれで間違いとは言いませんが、だからと言って抽象化、つまり物事の本質に迫ることを無意味とするのはやはりおかしいのでは。
 本末転倒なことが沢山起きているのも、そのせいなんじゃなかろうかとよく思うんですよね。

独り言: 2.5次元って何だ?

 これは前から持っていた疑問についてなのですが……。
 今週の週刊東洋経済(2017 4/1号)を、特集の「熱狂! アニメ経済圏」というタイトルに釣られて買ってみたら、特集のPart IIが「2.5次元って何だ?」となっていました。

 この「2.5次元」。
 新聞などでもたまに見るようになった言葉ですが、個人的にはこれ、昔はフィギュア(2次元キャラの人形の方)のことだと思ってたんですよね。ただ、演劇なんて全くこれっぽっちも興味がないので、そっちの世界でいつからそう呼ばれていたのかわからないし。
 わざわざ調べるのも面倒なので疑問のまま放置しているんですが、今回こうやって取り上げてもやっぱり面倒だから疑問のまま書いているという手抜き(笑)。

 ところでこれは全く関係ないのですが、特集中にコミックス・ウェーブ・フィルム代表の川口典孝氏へのインタビュー記事があります。
 偶然だとは思うんですが、こういうタイミングで日経ビジネスオンラインで同氏に対するインタビュー記事が公開されていますね。
 いやもしや、東洋経済の方に載るらしいということで急遽この時期に公開になったとか(笑)?

独り言: もういい加減誕生日を祝う年でもないしー

 誕生日というのは別に私が生まれた日という意味ではなくてこのブログを始めた日のことで、必然的に年というのも始めてから7年経ったなーという意味です。
 そうかーもう7年も経ったのかーと感慨深いものがないでもないですが、むしろそろそろ晩節を汚す準備をする頃かも知れないかなとも。

 まあ勿論それは言葉の綾で、汚すためには元が清くないといけないわけですが(笑)、ブログの紹介に「好き勝手書いてる」と言いつつもなんとなーく封印していたこともあるので、もう気にせずぶっちゃけちゃうのもいいかな、と。なんか最近、繰言が多くなってきているし。
 また、そういうこと以外にも色々面倒くさいことがあるので。
 つまりアダルトブログなのにエロ話もできないFC2の言葉狩りのことですが、禁止ワードに引っ掛からないように適当に言葉を改変したりして書くのが大人の対応というやつなんでしょうね。でも、こっちはもう気分は老害ですから(笑)。

 そういえばそれ関連で、Torを使わないとアクセスできない水響風.onionなんてのを試験的に始めてもう1年以上経ちました。早いですね。そういうのを早く感じるのも年を取った証拠……と言おうと思ったのですがこれは肉体年齢の話になっちゃいますか。
 ただ、普通に始めるのも面白くないってことでややこしい構成になっていますが。そのせいで匿名性がちょっと危なくなっていますけど、どちらかというとタダでドメインを取るのが目的ですし。

 今、それをまた改変した構成を計画しているので、今度はドメイン取って試験ではなく普通に移行するかもしないかも。

 まあ今後のことはともかく、当面ここはこんなノリで続けていく感じかなぁ、ということで。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中