FC2ブログ

せいじ: 上皇さんと京都民

 単なる思いつきというか妄想で、しかもその根拠となるのがまた単なる妄想なんですけどね。
 いや、先日どうやらその方向で決まったらしい今上天皇の譲位について、じゃあ上皇の居所はどこにって話で京都になるらしいって話があったので。多分そうなると思いますが、まあ奈良とかも声かけてるようですね。

 以前から思っていたのですが、明治維新の時の王政復古って、あれは失敗だったのじゃないかと。正確には、それは緊急避難的なものに留めるべきであったのじゃないかなと。
 話が飛ぶようですが、近年の法律等で反対していることとその理由についていくつか。ブログに既に書いたものもありますが。
  • 特定秘密保護法
    → スパイ天国的な日本の状況を鑑みるに基本的には賛成。ただし、保存されいずれ公開されることが前提。しかし、彼等は確実に隠蔽/抹消する。よって賛成できない。
  • 共謀罪
    → テロ対策の建て前通りなら賛成。しかし、実態は要するに彼等の「裁量」の範囲を拡げるためのものなので賛成できない。
  • 性犯罪の厳罰化
    → まあいいんじゃないの?と思わないでもないけど、厳罰化するのであれば犯罪の捜査や報道や裁判を慎重にすべき。しかし現状を鑑みるに彼等にそれが期待できるわけもないので賛成できない。
 この「彼等」ってのは基本的にほぼ同一主体であり、何を改善するにしても「彼等」の共通項、つまり平たく言えば役人、特に霞ヶ関が反対する理由になっています。

 結局、権威と権力が一つになってしまっているのが問題だと思うんですよね。いや、この場合は権威と権限というべきか。権力は国民の代表である議員にあるかも知れませんが、それをどのように使うかは結局のところ行政に委ねられることになるので。
 そして、行政を監視する機構はどこにもありません。少なくとも効力を発揮してはいません。

 王政復古が失敗だったと考えるのは、思うに平安時代くらいにはもう成立し鎌倉幕府辺りで確立したその分離が、退行してしまったと見ているからです。

 ここまでで既に自分の意見が大量に含まれていますが、ここからがまさに妄想です。
 仮に今上天皇が上皇になって京都に移ったとした場合、いやほんと何となくですが、京都の人が色々と口を挟むようになってくれるんじゃないかなぁ、と。
 そして、口を挟んで何か影響がありそうなのも京都くらいしかないかなぁ、と。

 色んな意味で日本の足を引っ張っている(経済とか社会不安とか諸々)部門が、ちょっとは自分勝手できないようになるのは、国家のためになることなんじゃないかなぁ、と。

 昔とは違う形になるでしょうが、これも一つの日本の本来あるべき姿なのではないかな、などと思ったりします。
 多分、西洋の猿真似よりはうまく行くんじゃないかな、などと。

せいじ: 「退位」の意味するところ

 つい最近気付いたんですが、そして私が気付いたということはこの問題に深い関心を持っている人(いずれの意味であれ)はとっくに気付いていたと思うんですが。
 自身が「譲位」と言っているのをわざわざ(一部のメディアを除き)「退位」に置き換えることにどんな意味があるのか、ということです。まあ、「意図」とまでは言いませんが。

 譲位、つまり「譲る」という行為には前提として譲られる側が存在しますよね。それが存在しなければ「譲」れない。対して「退く」のは一人でもかまわない。

 つまり、メディア(多分NHKじゃないかな?)を通したことで、譲られる相手を想定しない言葉に、或いは行為になったわけです。

 うーん、やっぱり「意図」を感じちゃうなぁ。なんせNHK(笑)。

 さて、もっとどうでもいいもっと誰もが使っているネタだと思いますが。
 平成が30年までしかないことになると、今持っている免許の期限が永遠に来ないことに……!?

せいじ: EUってヤバいよねー

 色んな意味で。ただし、書いている人の年齢が年齢なのであまり肯定的な意味は含まれません(笑)。
 まあでも実際のところ、現地で取材したわけでもなければ歴史をお勉強したわけでもなく、新書本やフィルターかかりまくりのマスメディア経由の情報からざっくりとした印象を語るだけですけど。

 イギリスについては何度か書いたので、オランダフランスドイツ辺りのことについての印象を書くと。
 オランダ。なんか極右(?)政党があまり票を取れなかったとかで胸をなで下ろしている人が多いようですが、あそこはどっちかというと比較的勝手なことをやっている国で、あまり極右(?)の必要性がないんでない?という感じじゃないでしょうか。
 対するフランス辺りは逆で、宗教と言っていいくらいの感じのイデオロギーに凝り固まってて、だからこそ極右(?)勢力がのしているという感じ。どうでもいいですけど、フランスの自由と博愛みたいなのって実に排他的で他に対して抑圧的ですよね。
 でもまあそのシューキョー的な強さのために結局極右(?)は勝てないんじゃないかと思うんですが。ドイツなんかもそこは似ていて、加えて過去の経緯やユーロでぼろ儲けってのがあるので、同じようなことになるんでは。

 タイトルに書いたようなEUのヤバさは、仏独みたいな国ががっちりとグローバリズムに凝り固まってること自体だと思います。電磁気力の世界の化学反応に比べて核力の世界の核反応が格段にデカいエネルギーを出したりするように、もしEUがまずいという段階になったら、その時にはもう大変なことが起きるんでは。さっさとバラけちゃえば良かったのに、みたいに。
 でも、元々EUは閉鎖的なものであり、それを思い出してくれればそこまで悪化せずに軟着陸できるんではと思うんですが、はてさて。

 彼等が多文化共生とか言ってたのって所詮は宗教も文字もさほど変らん世界のことだったのだしグローバルでもなんでもないので、そこに気付いてくれればいいんですが、果たして彼等にそれが可能かってのがねぇ。
 特に、フランス・ドイツ辺りがね。

せいじ: 金正男氏の死でふと思ったこと

 亡くなった本人には申し訳ないのですが。
 日本の隣には、ロシアと中国と北朝鮮と韓国があるんだよ……と言うと、日本もちょっとは同情して貰えるんじゃないかなぁ、と。

 いやまあ前から思ってはいたしよく言われていることではありますが、そういう話が通じるようになってきたんじゃないかな、とかね。

せいじ: 建て前と目的の乖離と破綻

 以前からあったことではありますがどうにも安倍政権になって目立つような気がするのが、建て前と目的の乖離、そしてその破綻。

 自由貿易だ!TPPだ! それが望ましいのは当たり前の事だよね?
 ということでそれで中国包囲網を築くつもりが肝心のアメリカが離脱とか。
 東京オリンピック! 誰もが皆喜んでるよね?
 ということで共謀罪とか。まあこれはまだ破綻してないけど、オリンピックではもうやる前から日本は世界に恥を晒しているわけで、本当に誰もが喜んでると言えるのか。
 児童は保護すべき! それは当たり前だよね?
 だからキモい表現は規制ね。……うーん、これは全然破綻してなくてむしろ絶好調かも。どっちかというと破綻してくれないかな〜という感じ。

 そういえば以前「もうTPP参加(して安全保障のために経済を差し出す)路線は決定っぽい」とか書きましたが、結局無理そうですね。アメリカ抜きのTPPが残ったとしてもそういう意味では意味がないし。
 結局何が問題かというと、……何なんでしょう。隠し方が下手なのか、とも思ったんですが、そもそもそういう意味もあることをあまり隠していないし。欲張り過ぎなのかな。これやればこういう効果もある、と合理的に考えた(つもりで足を掬われる)とか。
 共謀罪にしても、題目が立派だからついでに色々対象にしちゃえーという欲深さが胡散臭い。

 そして、そういう文句の付けにくいお題目を唱えてこすいことをするのって何かに似てるなーと思ったら、隣の国の似非被害者強請か。
 長く相手にしている内に似てきちゃったのかも知れないけど、やはり彼の国のようには巧くできないようで(笑)。

せいじ: 爆誕

 そんなこんなでトランプ大統領が本当に誕生したわけですが、たまには我らが日本にとってどうなのか考えてみたいと思いました。
 思いましたが、これまでにも言っているようにやっぱりわからない(笑)。

 この間はトランプについて「単なる無能じゃなく「頭の悪い利口者」みたいな部分が」と書きましたが、こちらから見て重要なポイントは、実情をきちんと知った時点で彼がどう考えるかですね。色々と考えを変えるかどうか。
 ただ、問題はそれだけでなく、というかむしろ問題は日本の側でしょうけど。

 例えば経済問題なら、グローバリゼーション至上主義が蔓延する日本に於ける政治のトップ、グローバリスト・安倍がいつまでもTPPTPPTPPTPPうるさいので、つまり仕切り直しの意思が全く見えないので、ということは今後個別交渉に入ると、TPPより好条件は望めないということに。
 トランプとしても、TPPの枠組みの中だと他の国もあるから面倒くさいでしょうが相手が日本一国なら交渉はやり易いでしょうし。

 そして、トランプは色んなものを経済的に考えそうなので、経済面での交渉スキルがないなら他も同様に敗けるということになりそう。
 ちなみにここで言う経済的というのは、カネ次第という意味ではありません。多分その辺りの認識も、日本が弱い理由の一つかな。「メリット」と言うと「何でもカネの話にするな」と言われちゃうようなところ。
 これは国政の外交だけでなく企業も同じですね。

 と色々考えてみるとやっぱり問題は日本の側で、理念が物理法則を超えると思うようなのが沢山いる限り、土俵が、つまりルールが変ったことに気付かずに損をし続けることになるでしょう。
 金銭だけでなくね。

せいじ: ヒラリーとトランプと日本の政治

 いきなり整合性のないタイトルですが、比較的どうでもいい内容だしどうでもいっか(笑)。
 アメリカさんも、今回の大統領選挙で日本人の気持ちがちょっとはわかったかなーなどと。とは言いつつ、そもそもこっちのことなんか気にしているわけもないんですけど。

 何かというと、結局あの二人だと、優秀な敵と無能な味方のどっちがいいかみたいな選択だったと思うんですよね。どっちがより酷くないいかみたいな。で、そんな風だから日本の政治を絡めて話しているのだったり(※個人の感想です)。
 昨日無能な味方とかいう話をしたので、そういえばとこんな話題になった次第。
 ややこしいのは、まあ前者がヒラリーのことなんですが、優秀という部分がまたね、「頭の良いバカ」みたいなとこあるじゃないですかあの人。対するトランプも単なる無能じゃなく「頭の悪い利口者」みたいな部分が。

 前にも言ったように結局トランプがどういう政治をやるかは未だに私にはよくわかりませんが、アメリカ人にとっては総体としては意外といいことになるんじゃないかななどとも思います。
 でもそれは日本にとってもいいとは限らないんですよねー。
 まあ、日本の場合は今政治のトップが色々と逆噴射しているので、トランプ政治がどっちに転んでもそれと関係なく結局損をすることになりそうな気がしますけど。

せいじ: 韓国には大人の対応が必要。ただし…… (2)

 もう何年も前に言ったことを憶えている人などいないと思いますが、というか私も前に書いたことはあまり憶えてないのですが(笑)、ここでいう「大人の対応」というのは勿論、何でも有耶無耶にして誤魔化すとか国家間の約束であってもなーなーで済ませてやられっ放しになってていいという意味ではありません。
 先日大使を一時帰国させた時に挙げた計四項目は最低限でもきっちり遂行する。その約束は反故にしない。必要ならば追加措置も用意する。そういうことです。

 まさかそんなことはないと思いますが、一時帰国も前例ではこのくらいだからー、などという決め方で戻したりしてはいけない。前例と違うことをすることが重要です。

 そして、大人は歴史からちゃんと学ばなければいけない。
 相手はどのような国なのか。いくらでも教材は転がっている筈です。

 そもそも、どうして物事に対してルーズになることが「大人」なんですかね。その決め事がどのような重要性を持つものか、相手はどのような性格の者か、譲れない線を超えられたときにはどうすべきか。そういうところをてきとーにやって許されるのはガキの内だけだと思うんですけど。
 その辺りについては別項でその内書く予定です。一般論ではないですけど。

 ところで、朝日新聞とかは実は韓国が大嫌いなんじゃないでしょうかね。今のあの国の苦境って、実はその何割かはあの新聞のせいなんじゃないかなどとも思ったりするんですが。
 それとも、無能な味方は恐ろしいという実例かも?

せいじ: 安倍晋三はTPPが嫌いだった?

 昨日(2016-11-04)の読売新聞朝刊三面(3ページの意)に「トランプ氏 我流外交」という記事があったんですが、その最後の方にこんなことが書いてありました。

 トランプ氏は自伝の中で自らを「タフな交渉役」だとした上で、「取引で禁物なのは、何が何でもこれを成功させたいというそぶりを見せることだ」と述べている。

 いや実に当たり前というか、少なくともそのこと自体は誰にでもわかっていますよね。ただ大変なのは、それを実際にどうやるかであるわけですけど。

 特にこれが目に止まったのは、最近の日本の国会の「何が何でもTPPを成功させたい」というそぶりが前から気になってたからかも知れません。……ということは、トランプの言っていたことが理解できていないか、少なくとも実行できてはいないということですね。
 もしかするとこの記事は、国会の様子を揶揄しているのかなーなどと思ったりもしたのですが、TPPごり押しはメディアも同じだし。

 むしろ発想を逆転させてこう考えてみました。国会ではむしろTPPやめようという意見が主流で、アメリカにやめさせようとしてるんじゃないでしょうか。
 日本はこんだけ「何が何でも」というそぶりを見せているので、こりゃもっと押せばもっと譲歩を狙える。でもTPPだと他の国もあるからややこしい。ならもうTPPやめて個別交渉にしちゃえばいーじゃん!という流れ。

 つまり、日本としてはTPPではアメリカ様に対する朝貢が足りないと。さすが犬(笑)!

 まあ冗談半分の話はさておいて。
 トランプの意見をTPPの話に絡めましたが、他にも最近気になっていることがあります。
 メディアが北方領土北方領土とうるさいこと。

 何が何でも北方領土って、まあ最初から無理な話ではありますが、もしや、少しでも日本が有利にならないよう配慮しているんでしょうか?

せいじ: 嗚呼、トランプ

 昨日は、トランプが勝つのってそんな不思議じゃないよねとかいうようなことを書きましたが、実は票数はクリントンの方が上らしいとかなんとか? となると、予想は外れてたとも言えるわけですか。
 あと、今朝の新聞見ましたが、思ったほど「バカなアメ公ども」という論調でもなかったですね。
 さて、今日はほんと全くどうでもいい単なる感想を……と言おうと思ったのですが、それって別にいつものことですね。まあ、選挙関連のあれこれについて。

○ どうしてこうなると思ったか
 みんながクリントンが勝つと思っていたのにおかしいというのはおかしいですよね。だってみんなで決めたんだから。いやみんなというのがアメリカ人ならですけど。まあ、どうせトランプはないと思って投票したら勝っちゃったなんて話もあり得なくはないですが。
 それについては、「もし仮にあなたがトランプ支持者だったらそれを公言できますか?」と訊いてみると納得するんじゃないかななどと思ったり。私だったらちょっと躊躇しますよ。

 あとは細かいことですが、クリントンが自滅したというのはあると感じました。
 直前に出てきたメールの話、あれ結構影響したと思います。それが出てきたことじゃなく、なんかわからないけどフェードアウトしちゃったことが。それはつまり、何らかの取引とか圧力が働いたんじゃない?などという疑惑につながりますし。根拠はなくとも、そもそもそれがないのが疑惑というもんだし。
 それから、これは実際には見ていませんが、Web上のそれぞれのオフィシャルサイト。クリントンのは、トランプ反対の意思表示をしてメルマガ登録しないと入れないとか。しかも、トランプが問題の解決策を7つ?くらいに絞っているのに対しクリントンは一杯並べてこれらを解決しますと言ってるだけだとか。
 他にも全体に感じていたことですが、日本の左派みたいなことしてましたよね。「女性カード」とか、寒いというか痛いことしてたし。あれ面白いと思ってたんだろうか。そして、そもそもクリントン自身が宇都宮を抑えて出てきた鳥越みたいだったし。

○ どうしてこうなったと思うか
 トランプが勝ってもおかしくないなと思ったのはそんなあれこれからでしたが、ではどうしてそういう状況になったのか、つまり理由について。

 とかいう話になるとどんどん曖昧さが増えてきますね。何より、アメリカ人の気持ちがわかるわけでもないし。
 ただ、一番大きいと思うのは、
「多数派は黙ってろやヴォケがwww」
とマイノリティやその支持者が調子に乗ってたら、選挙では多数派の人々も同じ一票を持っていたという。
 そりゃ選挙では違ってくるわな。

○ これからどうなると思うか
 ここまでトランプ自身に関する分析なし。だってわかんないから(笑)。

 というわけでクリントンとトランプを並べてみると、勉強のできるバカと勘の鋭い野性児という感じでしょうか。物事のやり方も、彫塑と彫刻みたいになりそうです。つまりトランプは、普通ありえない無茶苦茶な案も排除せずに選択肢として考え、ダメなら削っていくみたいな感じになりそうな。
 選挙までの間、彼は散々前言を翻してきました。そかもそれが受け入れられてきた。どうせトランプだし、みたいに。もしかすると大統領になってもそれは続けるかもしれない。
 例えば、イスラムは排斥! 治安維持のためだ。
 ……と思ってたけどやっぱやめるわ。別にイスラムのせいじゃなかったから。
 みたいな? 目的のためには手段は選ばない、けど目的と関係ないならあっさりと手を引くことも厭わない。そんな感じになりそうな気がします。

 というような言い方からわかるように個人的には、トランプがいいとは言いませんがとにかくクリントンはダメ、という印象。
 トランプがアメリカらしくないみたいに言っているアメリカ人よくテレビに出てきてますけど、あんなもんでしょ元々?
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中